« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

「梅ちゃん先生」が終わった

現役時代はまったく縁のなかった時間帯、朝8時から15分間、日曜日を除く毎日

NHKが朝の連続テレビ小説をやっている。

定年退職したあとずっと観ている。どの作品も半年連続ドラマ。

定年し8年だから、15作くらい観たことになる。

中にはちょっと観て面白くなく、観るのをやめたものも数作ある。

今朝終わった「梅ちゃん先生」は楽しめた。

このところ楽しめる作品が続いている。

15作の中、ボクの選んだベストスリーは、①カーネーション、②ゲゲゲの女房

③梅ちゃん先生。

梅ちゃん先生は、ビデオリサーチの視聴率調べでずっと21%前後をキープしていた。

5人にひとり以上が観ていたのだから、すごい。

「梅ちゃん先生」の舞台は東京蒲田。

物語は終戦直後の戦災の跡地から立ち上がり、地元の人たちのお役に立ちたい

との思いで町医者になる梅子と梅子を取り巻く人たちの人間模様。

朝の連続テレビ小説はどれもテーマは家族の絆。

3人の子供たちが育ち、成人し、結婚し、家庭を持ち、子供ができ、親は引退し・・・

どの家族にもある話が、悲喜こもごも、波乱含め展開されるので、視聴者は共感を

覚えながら観る。

昨日の展開では、これであと1日で話がすべて収斂するだろうかと思いながら観たが、

最終回の今日、サプライズはあったものの、連続テレビ小説の定番である、最後は

家族みんな揃って、観る側をほのぼのとした気分にさせて終わった。

来週からは新番組、「純と愛」。

半年間楽しませてくれる作品であって欲しい。

2012年9月23日 (日)

息子の高校時代の仲間来訪

毎年夏、息子の仲間が2組我が家に寄ってくれる。

7月には同期入社の仲間4人が来てくれた

昨日の土曜日は高校3年生の仲間5人が集まってくれた。

23歳だった息子が亡くなって17年。

17年経っても、みんなが集まってくれるのは、我々夫婦にとっては最高の喜び。

みんな、まさにアラフォの歳になった。

当初7人来てくれる予定だったが、愛知から来てくれることになっていた女の子

(子と呼ぶ歳ではなくなったが)のKちゃんは家業が多忙のためダメ。

男の子のAくんは風邪でダウン。

4人が2時に集合、Kくんは子供さんの小学校の運動会で遅れて参加。

女の子3人と男の子2人、それに新顔はMちゃんが連れてきた3歳のWくん。

ひと昔前は、夕方6時ころ集合で夜中12時ころお開きがパターンだったが、

去年近くのお寺に息子の墓を建てたこと、それにみんな家庭があるため、今回は

2時スタートで決まったようだ。

ちょうどお彼岸の中日で、先ずみんなで墓参りしてくれた。

Mくんは震災2か月後からずっと現地でボランティア活動を続けている陸前高田から

わざわざ来てくれた。

去年の7月、Mくんに無理を言い、たった4日間だったがボクも陸前高田でささやかな

お手伝いをした。

かつて料理はすべてカミサンが用意していたが、数年前から持ち寄りになった。

Cimg9159

そのほか、いろいろ手土産があり、飲んで食べて、ワイワイ盛り上がりぱなしだった。

今年は最近になく息子の話題がいろいろ出た。

とにかく我が家には息子の仲間がいつも集まっていた。覚えているのはあるとき

会社から帰ってきて息子の部屋をのぞいたら、仲間がいて『今日は帰ってこないよ』

とか、勝手に台所でご飯を炊いて食べていたことも何度もあった。

そのため、今でも我々夫婦は多くの息子の仲間の名前も顔も覚えている。

大晦日にたくさんの仲間が集まり、泊って元旦の朝、初日の出を見に行ったことも

話題になった。

高校の卒業アルバムを出したら、盛り上がり、1時間くらい次から次へと話題が

尽きなかった。

来年はこのグループに新しいメンバーとして誰を入れるかも議論百出。

愛知から来る予定だったKちゃんから、義理のお父さんが丹精込めて作られた

コシヒカリ新米5キロと長なすがたくさん送られてきて、おにぎりにしてみんなで

いただいた。『さすがコシヒカリ新米、うまい~』

最後デザートは、このところ毎年定番になったTちゃんお手製のマドレーヌ、クッキー、

プリンをいただいた。

Cimg9155

昔とは違う。7時には、『来年もよろしく~』でお開きになった。

2012年9月21日 (金)

横須賀ハコモノ研究会(2)

6月5日のブログで、昨年市議選に当選した新進気鋭の若いK議員が横須賀

ハコモノ研究会という組織を立ち上げ、第1回の発足会に参加したことを書いた。

会の目指すところは『人口が減少し、利用者が減って税収も減る中、ハコモノは

こんなに必要なのか?施設のリストラは全国の多くの市町で課題になりはじめて

いる。横須賀市はハコモノだらけなのに、取り組みが遅れている。ぜひ皆さんと

一緒にハコモノの必要性について掘り下げて考えていきたい』

今回が2回目の会合。参加者は約30名。

K議員の主張は『横須賀市には、施設更新に必要とされる経費や維持管理費を

明らかにする”施設白書”が存在しない。現状が把握できなければ、対策も取れない。

当研究会で皆さんの意見を聞き、議会にあげ、施設白書づくりにつなげていきたい』

冒頭、先行している自治体のひとつ、さいたま市の「公共施設のマネジメント計画」

資料が配布された。

ポイントは、①いまある施設を有効活用し、新しい施設は原則としてつくらない

②いまある施設を建て替える場合は複数の施設をまとめ、複合化する

③いまある施設の量(床面積)を今後40年間で15%減らす

施設の中で多くを占めるのは学校。

目安として、施設全体の中で学校が半分以上であれば良しとするとのこと。

横須賀市は半分以下。

ということは、他の施設(ホール、貸し館・部屋、コミュニティセンターなど)

多すぎることになる。

市内の中学校の余裕教室活用実態調査の結果が資料として配られた。

K議員の問題提起はここまでで、このあと対象施設で4グループに分かれ、

ワークショップを行い、グループ毎に議論した結果を、①現在の課題、②2025年の

課題、③必要な対策の3つのテーマで発表した。

余分な会議室や教室は、より住民の求めに合った形(障害者支援センター、

学童保育、授産施設、高齢者施設など)に転用するため、建て替え時に、施設を

複合化していくことがポイントであることがよくわかった。

2回の会合への参加を通し、平素考えもしなかった「地域の施設の活用」を考える

きっかけになった。

2012年9月16日 (日)

秋暑つづく

暑さが治まる様子はまったくない。

日記を長い間書いている。

いま使っているのは5年連記日記。

毎晩書くとき、過去3年間の記録を読んでいる。

だいたいこの時期、毎年暑さが残っていて、『暑さおさまる様子なし』と書いている。

とは言え、この歳になっても四季の中、終わるのが一番寂しいのは夏。

はじまるのが一番うれしいのは、もちろん春。

いよいよ冬かと思う秋が終わるのも寂しい。

冬になってしまうと、あと3か月我慢すればいいと覚悟ができる。

秋暑の中、先日我が家の裏の海ですばらしい入道雲を見つけ、家に帰り

カメラを持って海岸に戻り、パシッと。まだ夏だぁ~。

Cimg9147

ついでに近くのお宅のブーゲンビリアも。

毎年この時期、赤紫色のすばらしい花を楽しませてくれる。

Cimg9152

下の写真は、しばらく前に撮ったもの。

カミサンが種から育てたゴーヤが6つ実をつけた。

種は6~7つ植えたとのこと。

あの小さな小さな種がこんなになるとは。自然の摂理に感嘆。

Cimg9137

2012年9月13日 (木)

映画「最強のふたり」

上映開始前の紹介記事をみて、観に行きたいと思っていた映画。

宣伝のキャッチコピーがすごい。

『フランス国民の3人にひとりが観た。ヨーロッパ各国で次々映画史を塗り替える

記録を更新。ハリウッドがリメイク権を獲得。驚異の大ヒット感動ストーリー』

PRに惹かれ観に行き、失望した映画は数多くある。そのため、常々PRは要注意と

考えていたが、ここまでキャッチコピーのすごい作品は観ないと思い、上映館を探した。

横須賀ではやっていない。神奈川県でも上映館はたった6館。

これだけPRをしている作品が何故と思いながら、横浜みなとみらいまで観に行った。

素直に納得でき、気持ちよい感動に浸れる作品であった。

実話の映画化だそうで、舞台はパリ。

貧民街育ちの黒人青年ドリスは、大富豪のフィリップの求人に応募する。

フィリップはパラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子に座ったまま。

フルタイムの介護者を必要としている。

ドリスは失業手当に必要な証明書が欲しくて、求人に応募しただけで、働く気は

なかったが、なぜか採用される。超エリートの富豪できちんとしたフィリップと、

勝手気ままで行儀の悪いドリスの対照がユーモラスに描かれている。

『最後の締めは?』と思いながら観ていた。

フランス映画らしい、こじゃれた顛末になっていた。

作品評論はこちら

2012年9月 9日 (日)

ブログ7年目の記念日

ブログをはじめたのは、05年9月9日、今日で7年目となる。

はじめたのは定年退職し、1年3ヶ月後。

初めて書いたブログはこちら

あらためて読み直してみると、当り前のことながら、7年の間にいろいろ変化があった。

当時、我が家にはまだ老犬がいて、娘家族は横浜に住み、孫のミサキが生まれて1年。

老犬チェリーは亡くなり、娘家族は3年前から沖縄へ、孫たちは8歳と4歳に。

変わらないのは、お互いにわがままを言いあいながら過ごしている我々夫婦。

スタートしたとき、ブログのタイトルは、”定年バンザイ\(^o^)/”。

去年の大震災で、とてもブログを書く気持ちになれなくて止めた。

止めたあと、読んでくださっていた方々から「再開しては」とのメールを多数いただき

迷いに迷った末、3ヶ月後に再開した。

ただ、ブログのタイトルはノーテンキな名前から、毎日の暮らしぶりにあった

「無為に過ごす」に替えた。

いつまで続くかと思ってはじめたブログが、いつの間にか7年たった。

管理画面でみてみると、書いた記事の数は1,372件。

アクセスしていただいた件数は、174,000超。

定年退職者が日々を徒然に綴っているブログを、多くの皆さまに読んでいただいて

いることは、何よりうれしいとともに、続けていく上で大きな励みになっている。

気まぐれに不規則なペースで書いているブログではあるが、日々の生活の一部と

なっている。

孫たちの成長記録、さまざまな仲間との交流記録、カミサンとの旅行記、NPOほか

団体活動、日々のニュースに思うこと、映画鑑賞・・・

我が家は、カミサンもブロガー。

それぞれがそれぞれのテーマで日々を綴って、三人三様、お金のかからない趣味を

愉しんでいる。

もうしばらくは続けることでしょう。よかったら、どうぞお付き合いください。

2012年9月 4日 (火)

会社時代の新しいメンバーとの飲み会

定年退職し、8年が過ぎた。

辞める前に決めたことがあった。

ほぼ40年間の長い会社勤めが終わったのだから、① もうこれ以上仕事はしない

② 退職後は会社の仲間との交流は求めず、新しい仲間との交流にシフトする。

最後に勤めた職場のOB会への参加も、何度か誘われたが断った。

退職後、会社内外から何度か仕事のオファーもあったが断った。

ただ、かつての仲間のグループ数組から誘われる飲み会には参加し、楽しんでいる。

そんな中、新しいグループからぜひ出てくるようにとの誘いがあり、土曜日、新宿で

集まり、旧交を温め、大いに楽しんだ。

8年経っても声をかけてもらえることはうれしい。

会を発起したのは、当時ソフトウエア事業部と呼ばれた大型コンピューターのソフト

ウエア開発を担当し、オーストラリア事業に関わっていたふたりの先輩のSさんとYさん。

アレンジしてくれたのは、かつて同じ職場にいたTくん。

当日1時に10人が集まった。

会うのは、ふたりを除き、全員退職以来はじめて。ほとんどが数十年ぶり。

多くがまだ現役、あるいは定年後も仕事をしている。完全リタイアは3人。

当時のオーストラリアでの仕事、思い出話、仲間・・・、話題は尽きない。

話し出すと、こういう場の定番であるが、いろんな話題がどんどん飛び出してくる。

『さあ、この集まりを今後どうしていこうか』との話になり、以下が決まった。

 ・ この会はこれからも半年に1回程度やろう。

 ・ 会に名前をつけよう。いろいろ案が出た中で、当時シドニー事務所のあった

   場所に因んで「Chatswood会」と決まった。

 ・ メンバーを増やすことを主眼としない。また上下関係を気遣って声掛けはしない。

 ・ 次回開催は2013年2月。

最後にみんなで集合写真を撮って散会。

3時間以上ワイワイ楽しい時間を過ごした。

2012年9月 1日 (土)

ベイスターズ VS タイガース

今年初めて、横浜スタジアムへベイスターズ戦をカミサンと観に行った。

今年もまたベイスターズは最下位に低迷。勝率は今年も3割台で終わりそう。

オーナー企業がDeNAに代わったが実態は変わらず。

いいかげん愛想が尽きているが、相変わらず夫婦ともベイスターズファン。

最下位争いをしている阪神戦だから、勝てるのではと思い出かけた。

Cimg9140

ファンはありがたい、負けても負けても球場に足を運んでくれる人はそんなに減ってない。

一塁側のベイスターズ応援席は内野はまずまずの入り、外野席はいっぱい。

Cimg9143

観戦に来るたびにベイスターズは負け、しかも前半に大差がつき、イヤになり

途中で帰ったことも何度かあった。

この日は先発三浦が好投し、ベイスターズが2回に1点を取り先行、落ち着いた

ゲーム展開になりそうな予感。

そのような前半だったが、ふたりともお腹がすき、3回裏が終わったところで

席に新聞を置いて、近くの中華街に食事に行った。

弁当を買って入ればよかったと後悔。

食事をした店で同じテーブルについたご夫婦に『スタジアムで観戦していたが

お腹がすいたので出てきた』と話したら、スマフォで試合経過を見てくれて、

『4回裏にベイスターズが1点追加してますよ』と教えてくださった。

食事をすませ球場に戻ったら、6回裏、いぜん2対0でベイスターズがリード。

試合はその後7回、8回にタイガースが1点づつ入れ、追いつかれた。

8回裏ラミネスがツーランホームランを打ち、いつもの悪いイメージを払拭してくれ、

結局4対2で勝利。

Cimg9146

先発、三浦の好投、ラミネスの一撃、最後は守護神 山口が3人でピシャリと押さえて、

何年か振りにベイスターズが勝ったゲームを観て、気持ちよく球場を後にした。

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト