« 「ユダヤ人 ユダヤ教 イスラエル」 | トップページ | いのちのミュージアム »

2012年7月22日 (日)

オセアニア同窓会

現役時代、20数年間、海外に関連した仕事に就いていた。

その中で最も長い間携わっていたのは、3年間の駐在を含め

オーストラリア。

富士通オーストラリア設立間もない1974年、当時31歳で駐在した。

あれからもう38年になる。

富士通そのものが、海外でのコンピュータービジネスの経験がほとんど

なかった黎明期であった。

富士通オーストラリアの従業員も当時70名くらいだったろう。

シドニー、メルボルン、ブリスベーンに事務所があり、エラーメッセージが

日本語で出てくる小型コンピューターの販売をはじめた時期だった。

それからさまざまな紆余曲折を経て、会社は現在に至っている。

先日、かつての職場の仲間から『Oceania reunion(同窓会)をやるので

参加しない?』とお誘いのメールをもらい、即『参加する』と返事した。

木曜日18時半、渋谷のドイツレストランに集合。

オーストラリアから出張で来ていたふたり、クレッグとマークもジョイン。

集まったのは、富士通で海外事業を担当している現役の3人、3人の

かつての上司2人、それにもうひとりは異色、海外担当だったが退職し、

今は都議になっているOくん、それにボクの9人。

とても楽しく、うれしいことをいっぱい聞いた会合だった。

最もうれしかったことは、富士通オーストラリアがすばらしい会社に

なっていること。オーストラリアではIBM、HPに次ぐ第3位のIT企業となり、

売り上げ12億ドル(約1000億円)、従業員は5千人、拠点は40ヶ所。

今や押しも押されぬIT大企業に成長。まさに隔世の感。

クレッグもマークも偉くなっている。クレッグは富士通オーストラリアの

役員、マークはノートンほかセキュリティソフトで著名なシマンティックの

アジア・パシフィックの副社長。

現役3人の後輩たちも統括部長や部長になり、ひとりは世界一の

スピードを誇るスーパーコンピューター京(ケイ)を海外の大学、政府

機関に売っている。

都議のO君も足立区で民主党議員として活躍している。

富士通オーストラリアが大企業になったこととともに、後輩が偉くなり

会社を支えていることに頼もしさをおぼえ、大変うれしかった。

クレッグは一時期東京に駐在したことがあり、家族ぐるみで付き合って

いた。

家を出る前にカミサンから『奥さんのロビンにお土産買ってきたので、

クレッグに渡して』と頼まれた。ふたりの子たちも姉のブリアナが16歳、

弟のジョーダンが12歳になったとのこと。

マーク家族も我が家に来たことがあり、みんなで近くの海岸で

バーベキューをした写真が残っている。奥さんは日本人。

現在家族でシンガポールに住んでいる。マークは日本語ペラペラ。

男の子がふたりいて、上の子は英語、日本語、スペイン語ができ、

下の子は中国語、英語、日本語ができ、家の中で話す言葉はチャンポン

だとマークが笑いながら話していた。

Skunsyouimg_33481 

定年退職し8年。

いまだにこうして声をかけてもらえ、うれしい。

定年後いろんな会合に誘われ参加したが、今回が最も楽しい会合だった。

« 「ユダヤ人 ユダヤ教 イスラエル」 | トップページ | いのちのミュージアム »

コメント

花房様
大変ご無沙汰をしております。上野 新滋です。もうお忘れかもしれませんが、今、富士通ユニバーシティで産学連携教育を担当してます。この記事を読ませてもらい、わたしが、入社3年目ぐらいのころ、FALのベンチマークテストを、花房さんの下、伊藤武文さんと一緒にやってことを、とても、懐かしく思い出しました。

では、お元気で。

コメントありがとうございます。
20年以上お会いしてないことでしょう。

ABSのベンチマークテストでしたね。
81~82年ころでしたでしょうか。
懐かしいですね。

はじめまして、突然のコメント失礼します。
ネット検索でたまたま拝見させて頂きました猿山と申します。
富士通(1999年入社)で働いており、現在研修の一環で富士通オーストラリアに
赴任中です。データセンタービジネスに関わっています。

ブログを読ませて頂き、FAL設立当初に勤務されていたということで、
現在の規模からは当初の状況は想像もつきませんが、先輩方の積み重ねで
現在までの企業成長につながっていると思うと、ただすごいと感じて
思わずコメントしてしまいました。

コメントありがとうございます。

ボクはもうリタイアして9年になりますから
現役の人たちから声をかけてもらわないと
昔の富士通オーストラリア(FAL)の仲間と会うことは
ありません。

会社の事業規模、業容を聞くとまさに隔世の感。
オーストラリアが先頭に立ち世界の他の国の事業を
牽引していると聞いて、大変うれしく思いました。

2年前、娘と孫たち、それに女房も一緒にオーストラリアに
センチメンタルジャーニーをしてきました。そのときの様子です↓
http://tak05.cocolog-nifty.com/banzai/2011/07/post-e00f.html

どうぞますます立派な会社にしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「ユダヤ人 ユダヤ教 イスラエル」 | トップページ | いのちのミュージアム »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト