« 犯罪被害者週間全国大会2011 | トップページ | アメリカ旅行 »

2011年10月 1日 (土)

「おひさま」が終わった

NHKの朝の連続テレビ小説は超長寿番組。

現役時代は縁のなかった時間帯の番組のため、もちろん観たことはなかった。

04年、定年直後、会社からどうしてもと頼まれ、JICA(国際協力機構)の仕事で

2ヶ月間行ったカンボジャのホテルで観たのが、連続テレビ小説との付き合いの

はじまりだった。「わかば」という作品であった。

どの作品も半年間、月~土曜日の朝放映される15分番組。

定年して7年間で放映されたのは14作。うち面白くなくてほとんど観なかったものが

2作ある。ということは、これまで12作観たことになる。

今朝で終わった「おひさま」はこれまで観た12作の中で、ボクの評価はベスト。

「おひさま」の前の「てっぱん」、その前の「ゲゲゲの女房」も楽しめたが、

「おひさま」はそれ以上だった。

週に1回新聞に掲載されるビデオリサーチの視聴率のポイントも高かった。

後半はずっと20%を超えていた。

連続テレビ小説の大半は家族愛、家族のつながり、家族の大切さが中心に描かれる。

「おひさま」の家族の描き方は秀逸だった。

戦時中、終戦後の家族の様子、家族模様をかなりの時間を割いて描き、描写の仕方、

目線に好感が持てた。

連続テレビ小説は、どの作品も演じる人たちがとにかく上手い。

「おひさま」のヒロインの井上真央もとても好演だった。初めて知った役者だったが、

いやみがなく、素に近い雰囲気で演じている女優ではないかと思った。

ドラマの舞台となった安曇野にはぜひ行ってみたい。

来週月曜日からは次作、「カーネーション」がはじまる。

6ヶ月間楽しめる作品であって欲しい。

« 犯罪被害者週間全国大会2011 | トップページ | アメリカ旅行 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「おひさま」が終わった:

« 犯罪被害者週間全国大会2011 | トップページ | アメリカ旅行 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト