« 西海岸列車旅(6) | トップページ | 旅を終えて »

2011年10月24日 (月)

西海岸列車旅(7)

列車旅最後の駅シアトルに着いたのは、夜の8時。

予定ではポートランドからは4時間25分だったが、道中毎回遅れていたアムトラックが

何と25分も早く8時に着いた。1時間半遅れたり、30分近く早く着いたり、日本人

からすると、『どうなってるの!』という感じ。

シアトルはカルフォルニアのオーシャンサイド駅からはじまった西海岸列車旅の終点

だった。カルフォルニア州→オレゴン州→ワシントン州、途中衝突事故があり、ほぼ

50時間の列車旅だった。

シアトルの駅で降りたときは、『あー、これで終わった!』と感慨深かった。

Cimg8091 Cimg8090

駅前でタクシーを拾った。早口でしゃべりまくるこのタクシーの運転手には、ぼられた。

大きな旅行カバンを持った日本人ぽいので、ある意味しかたないような気がした。

カーナビにホテルを入れてカーナビに従って走ったと思われるし、あとから地図を

見て、時間的にもそんなものだろうと思った。ただ、メーターは倒さない、というか

メーターがあるのかないのかわからなかった。10分くらいで着いて20ドルというので

高すぎるとしばらくやりあったが、『この距離だとこの値段』と言い張り、あきらめた。

翌日ホテルのフロントで話したら、『アムトラックの駅からだと10ドルくらいかなぁ』

と言っていた。

ホテルはヒルトンの系列のCimg8112

ホテルチェインのハンプトン・イン。

今回泊まったホテルは7ヶ所。

うち4ヶ所がハンプトン・イン。

家族連れ、ビジネス客に広く

利用されているホテルのようだった。

シアトルのハンプトン・インには2泊した。

部屋に入ってすぐ小林くんに無事着いたことを伝えるために電話した。

ケータイがないのでポートランドの宿でテレフォンカードを買った。2ドルで1時間

近く話せるらしい。これをもっと早く調達すべきだった。

疲れがたまっていて、翌日は朝ゆっくり寝た。

ダイニングで朝食をすませたあと、フロントで地図をもらい見所と交通機関を聞いた。

ホテルから歩いて15分くらいのCimg8094

ところにスペースニードルという

街のシンボルタワーがあった。

スペースニードルにしても

東京スカイツリーにしても、最近の

街のランドマークとなる塔は

タワーとは呼ばない傾向にあるようだ。

スペースニードルの下から出ていたモノレールに乗り、ダウンタウンまで行った。

90秒でダウンタウンまで行けるというのがモノレールのウリだと教えてくれた。

モノレールを降りたビルにしゃれた店がいろいろあり、ここでお土産を買った。

シアトルはさまざまな有名企業の発祥地。

スターバックス、アマゾン、ビルゲーツもマイクロソフトを興したのはシアトル。

またシアトルはボーイングの本拠地でもある。

ダウンタウンをブラブラ歩いた。

ダウンタウンはどこも同じ。フォーエバー21、ティファニー、H&M、バーンズ&

ノーブル・・・ どれも東京にある。最近ダウンタウンには興味がなくなった。

Cimg8099 Cimg8097

Cimg8101 Cimg8098

それに引き換え興味をそそられた

のは右のDog JaponCimg8106_2

日本人の男性と思われる人が

ひとりで小さな車の横に張った

テントで店を出していた。

Dogだからホットドッグの店と

すぐわかった。

しばらく立って見ていたが

お客はひっきりなし。

書かれたメニューを見ると、”Matsuri”、”Kabuki”、”Samurai”など。

帰ってネットで検索してみると、Dog Japonの評判はとてもよい。まだシアトルの

この店だけのようであるが、これから広がっていくのではとの予感がした。

Dog Japonから海の方に向かってCimg8108

歩いた。

あった、あった、行きたかった

Pike Place Marketが。

このマーケットは店の種類と数、

売っているもの、どれも期待した

通りだった。

魚屋、花屋、肉屋、野菜、果物Cimg8110

雑貨・・・ 奥に延々と続く。

人がひしめきあっていた。

入り口にあった花屋で見た花束、

たった5ドルできれいな花がこんなに

いっぱいと、写真を撮ったら、この

写真でデジカメのバッテリーが

なくなり、ショック。バッテリーがなくなってきていることはわかっていたので、

今日一日何とかもてばと思い、朝ホテルを出た。

特に入り口の魚屋Pike Place Fish Marketは大変な人だかり。見ているだけで

面白く、しばらくながめていた。写真がないので、英語のサイトを。

モノレールの駅への帰り道、

1971年に開業したスターバックスPhoto

第1号店の前を通った。

こちらも写真がないので、他の

サイトから無断借用。すみません。

この日は10時にホテルを出て、

ホテルに戻ったのは2時。

翌朝、タクシーで空港まで行き、

13時過ぎのユナイティッド航空でシアトルを発ち、17日の16時成田に着いた。

これで、2週間の米国旅行は終わった。

« 西海岸列車旅(6) | トップページ | 旅を終えて »

コメント

花房さん

波瀾万丈の旅でしたでしょうか? ご休息くださいね?

バケットリストはそもそも日常生活からかけ離れた体験談ですので、是非とも総集編を書いていただけると幸いです。

感じた事、期待通りだった事、ガッカリした事、不思議に思った事、納得出来ない事、旅の前後で変わった事を書いていただけると幸いです。

きっと皆様 楽しみにしていると思いますが、如何でしょうか?

Kobayashiさん

ホントにお世話になりました。
あらためてお礼を申し上げます。

「旅を終えて」という感じのものを書いて終わりに
しようと思っていました。
貴君のアドバイスにあるようなことは、道中それなりに
書いてきましたので、あらためて体系だったものを
書くつもりはありません。

貴重な経験をしたことを書いて締めにします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西海岸列車旅(7):

« 西海岸列車旅(6) | トップページ | 旅を終えて »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト