« 西海岸列車旅(7) | トップページ | 大学の寮の仲間の飲み会 »

2011年10月26日 (水)

旅を終えて

2週間のアリゾナ周遊と西海岸列車旅を終え、帰宅し1週間が過ぎた。

いろいろあったものの、ずっと長く記憶に残る旅になったことは間違いない。

途中風邪を引き、咳が止まらなかったが、寝込むこともなく、予定した旅程を無事

こなすことができたことは、とても幸せであった。

天気にも恵まれ、暖かで、特にカルフォルニアの青い空はすばらしかった。

出かける前、平素のボクの行動をよく知っているカミサンから『置き忘れしないように』

『落し物しないように』、『物をなくさないように』、『特にパスポート、チケットに気を

つけて』と、くどいくらい言われていた。

ひとり旅であったことから、緊張感を切らさないようにし、珍しく何も忘れたり、なくしたり

することはなかった。

乗っていた列車が正面衝突をしたことにはじまり、 サリナスでのバス停探し、

アリゾナでのレンタカーのパンク、泥道にはまりこんで動けなくなったこと・・・

いろいろピンチはあったが、その場その場でさまざまな人に助けていただき、

結果オーライだった。

多くの出会いもあった。旅の楽しみのひとつは人との出会い。その意味では

大いに満足した。

ただ、68歳のひとり旅としては、少々タフだったことは自分でも認める。

同時に、タフさに負けない心と体が、まだまだ備わっていることを認識できた。

ただ、このようなスタイルの旅は、もうこれを最後にしたい。

長い間、毎回長いブログにお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

« 西海岸列車旅(7) | トップページ | 大学の寮の仲間の飲み会 »

コメント

おかえりなさい、八王子のkeikoです。
無事帰国できてよかったですね。
異国旅行は非日常なのでエネルギーつかったことでしょう。
行ったことないアメリカの話楽しませてもらいました。

長いブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。

はい、無事帰国できてよかったという心境です。
シアトルの空港で成田に帰るフライトに乗ったときは
ホントにホッとしました。
早割チケットなので変更がきかないため、乗り遅れたら
パーになると思い、ホテルでモーニングコールを頼み
出発の3時間前に空港に行きました(笑)

次回は時間を掛けて奥様とフルムーンで楽しんでくださいね?

定年し7年、あちこちに旅行しましたが毎回女房と一緒でした。

今回は「わたしは行きたくない。あなたひとりで行ってきて」
と言われ、ひとり旅となった次第です。
ただ、ひとり旅もそんなに悪くないという印象です。
途中、不安や淋しさはありましたが。

はい、今度は時間をかけて女房、それに娘と孫たち一緒に
ゆっくりと、と思ってます。

長旅お疲れ様でした。「西海岸列車旅」を楽しく拝見させていただきました。今のところアムトラックでの旅行は夢のまた夢ですが、しばし、ブログを拝見させていただき旅行気分を満喫させてもらいます。

ブログを読んでいただき、コメント書き込み
ありがとうございます。
アムトラックでサンディエゴからシアトルまでなんて
定年退職者しかできない旅です。
アメリカ人だってそんな馬鹿げた旅はしないでしょう(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅を終えて:

« 西海岸列車旅(7) | トップページ | 大学の寮の仲間の飲み会 »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト