« 西海岸列車旅(5) | トップページ | 西海岸列車旅(7) »

2011年10月22日 (土)

西海岸列車旅(6)

真夜中に入ったポートランドの宿は

ホステル&ゲストハウスだった。 Cimg8081

ネットで予約したときユースホステル

とは書いてなかったが、朝食を

食べにダイニングに行くと、

宿泊客の多くは若く、しかも

圧倒的に女性が多かった。

ボクが泊まったのは2階の

ゲストハウス。

朝食を終え、チェックアウトし、バッグを預け、地図をもらい、町の見所を聞いた。

外に出ると紅葉がはじまっていた。路上に栗の実がたくさん落ちていた。

Cimg8063 Cimg8062 

ホテルで、市内はトローリーもバスも無料だから利用してはと言われたので、

地図を見て、トロリーの通っている道まで歩いて行った。

若者が3人トローリーを待っていた。 立ち話をしていると、『ポートランドに来たん

だったら、Powell's Bookへ行くべきだ。

蔵書の数が世界一の本屋だよ』と教えられた。Cimg8066 

Powell's Bookはホテルでも勧められた。

若者たちが『ここで降りて、あそこの角に

ある店だから』教えてくれた。

店内は本のジャンル毎に、赤い部屋、

青い部屋のように部屋が色で

区分けされていた。

ブックオフのような感じで中古本の買い取りコーナーもあった。また、日本書籍も

相当数が並んでいたが、みんな古書のようで読んだ人が持ち込んだのだろう。

『所蔵している本の数はどれくらい?』と聞いたら、100万冊くらいかと言っていた。

Cimg8067 Cimg8068 

ポートランドの町は碁盤の目になっていて、大きくもなく、分かりやすい町だった。

ウオーターフロント方向に行くトローリーに乗り、地図を見て、このあたりがどうかな

と思うところで降り、海に向かって

ぶらぶら歩いた。Cimg8077 

結果的には大変興味のある場所の

近くで降りていた。

”Japanese American Historical Plaza”

移民してきた日系の人たちが造った

記念の場所だった。

第2次世界大戦前、このあたりには

多くの日系人が住んでいて”NIHON-MACHI”と呼ばれていたと書かれていた。

第2次世界大戦では、日系人は米軍兵士として参戦させられ、大変苦労した

ことが英語で書かれていた。このことはテレビのドラマでも観たことがある。

入り口には、苦労した日系の人たちの様子が描かれたモニュメントが建てられて

いた。

        Cimg8076_2    Cimg8074 

文字が刻まれた石碑が10個くらいあった。

日系人兵士のアメリカへの貢献が多大であったこと、その貢献は大いに評価される

べきであるとの趣旨のレーガン元大統領のメッセージが刻まれた石碑もあった。

Cimg8072 Cimg8069 

日系移民の方が書かれたものであろう、左の石碑が一番ジーンときた。

(クリックすると拡大)。日本語で書かれたものもあった。

Cimg8073 Cimg8071 

たまたま見つけた場所であったが、しばらく離れられなくて、じっくり見た。

地図を見るとチャイナタウンが近くにある。

お腹がすいたのでチャイナタウンCimg8079

まで歩いた。立ってた人に

『お勧めの店はないか』と聞くと、

あの店がいいと教えてくれた

店に入った。

酢豚とエビしゅうまいを食べたが

味はイマイチだった。

そろそろ夕方発のシアトル行きの電車の時刻が気になりはじめてきたので、

歩いてホテルに戻った。

バッグを受け取ったあと、歩いてアムトラックのポートランド駅まで。

Cimg8082 Cimg8083 

電車は始発駅だったこともあり、16時20分ぴったりに出発した。

« 西海岸列車旅(5) | トップページ | 西海岸列車旅(7) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西海岸列車旅(6):

« 西海岸列車旅(5) | トップページ | 西海岸列車旅(7) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト