« 夏色の海 | トップページ | 犯罪被害者団体ネットワーク »

2011年8月 8日 (月)

お悔やみ

2週間くらい前テニスコートに仲間のSさんの訃報が掲示されているのを見てびっくり。

昨日自宅にお悔やみに行ってきた。

Sさんの奥さんも古くからのテニス仲間。

Sさんは、亡くなった7月14日の2日前もテニスに行っていたとのことで、長い間ガンを

患ってはいたものの、亡くなったのは突然だったとのこと。

Sさんはボクより4歳若い。もちろん、まだまだこれからご夫婦でいっぱい楽しめたはず。

大腸にガンが見つかったのは10年近く前で、最後は膵臓に転移したとのこと。

膵臓ガンは発見が極めて難しいガンで、見つかったときには手の施しようがない

ケースが珍しくない。Sさんは死期が近いことは悟っていたようで、奥さんが『これ見て

くれる』と言いながら、最期を覚悟した短い手記、それに延命処置を望まないと記した

ペーパーを見せてくださった。

Sさんはテニスが上手く、多くの回数対戦したが、勝った記憶はほとんどない。

いつも巧妙にやられていた。

コートでの会話の中で、Sさんはほとんど病気のことを話すことはなく、最近は子供さん

たちの様子、それにお墓のことを話していたのを思い出す。

ご夫婦仲は大変良かった。まさにおしどり夫婦だった。

それだけに遺された奥さんが心配だったが、『子どもたちも近くにいるし、介護の仕事を

一生懸命やって、仲間に助けてもらいながら頑張るよ』と聞き、ちょっとホッとした。

葬儀はご本人の希望で家族葬で執り行ったとのこと。

最近家族葬はまったく珍しくなくなった。

カミサンと『我々もゼッタイ家族葬にしよう』と話している。

結局、1時間半近くお邪魔していた。

« 夏色の海 | トップページ | 犯罪被害者団体ネットワーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/52424481

この記事へのトラックバック一覧です: お悔やみ:

« 夏色の海 | トップページ | 犯罪被害者団体ネットワーク »