« 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5) »

2011年8月29日 (月)

沖縄の娘宅へ(4)

まったり過ごした沖縄の10日間だったが、意外なこともあった。

カミサンのネット仲間に、福山雅治ファンのTさんがいる。カミサンも福山雅治ファン。

Tさんは福山雅治のファンクラブのメンバーで、8月の終わりに沖縄で福山雅治の

ライブがあると、カミサンはTさんから聞いていた。

思いがけず、8月後半、急きょ我々が沖縄に来ることになり、この話はふたりの間で

俄然盛り上がった。

ライブ会場である西原ビーチは娘宅から車で30分弱。

カミサンが『こんな機会はないので、どうしても行きたい』と言い出し、『であれば、

チケットが残っているかどうか会場に行って聞いてみよう』と、出かけたのが火曜日。

ライブは27日(土)と28日(日)の2日間。

会場で聞くと、『前売り券は完売、当日は17時開演だが、12時ころ来れば当日券が

買えるかも』との返事。

ということで、土曜日、12時半ころ再度会場へ行った。

会場に着いたら即カミサンはチケットを買いに走った。

ボクはまったく興味がなく、車の中で持ってきたおにぎり食べながら、待つこと20分。

カミサンがニコニコしながら、『買えた!』と言い戻ってきた。

そのあと運良く駐車場がひとつ空いていて、そこに停めて食事を終わらせ、

しばらく車の中に。

横須賀に帰る前日だったので、 ボクはいろいろ片付けがあり、一度家に帰った方が

いいと思い、ライブが終わったあと

迎えに来るときの待ち合わせ場所をCimg7612

決めて、ひとりで家に帰ることにした。

ライブ会場の近くにはきれいな

ビーチがあり、帰る前、海で30分

くらい泳いだ。 

カミサンは海辺の近くで5時まで

待っていたようだ。

ボクは翌日横須賀に帰るとき持って帰る野菜ほか買うために公設市場へ。

そのあと帰って畑の最後の草取り。

7時半すぎ会場に戻り、『着いた。約束の場所で待ってる』とケータイにメール。

終演に近い時間で、大いに盛り上がっていたようで、メールには返事なし。

最後に花火が上がり、フィナーレ。

30分以上車の中で待ってたら、カミサンはご機嫌で戻ってきた。

『楽しかったぁ。終わって飲んだビールが美味しかったぁ』

『アンコールで4曲も歌ってくれた』

『席の近くの人たちと仲良くなった。若い子ばかり。みんな遠くから来てた。

九州や四国から。明日ももう1回来ると言ってた。みんなどこへ泊まって

るんだろうねぇ』

『初めてで、たぶん最後の経験になるだろう。最高だった!』

カミサンは、まあ、マイペースでユニーク。

もともと福山ファンとは言え、臆することなく、若い人たちと一緒に盛り上がり

楽しめるおばさんは大したものだ。

2日間の入場者数は3万2千人とのこと。

海辺の野外に設営した会場に、日本全国からこれだけの人を呼ぶことができる

福山雅治、ってスゴイ!

« 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5) »

コメント

話題の人『T』でございますhappy01
まさか、タックさんのブログに登場するとは思いませんでした。
私が奥様にいろいろと入れ知恵したおかげで、タックさん散々なめにあいましたね。
でも、奥様が本当に楽しまれたようで、喜んでいただけて、私も嬉しいです。
rvcarアッシー君お疲れ様でした。タックさんは本当にお優しいですね。
私もタックさんのような男性と、heart04巡り会いたいです。
お孫さん達はお留守のようでしたが、お二人とも夏休みを満喫され何よりでした。

コメントの書き込みがあるのではと思っていたら、
やっぱりdelicious

そう、大変だった。
娘の家と会場を3往復、おかげで暗くなっての
行き来も、道を間違えることがなかった(笑)

「もうこんな機会はない」のひと言で、アッシーに
なることを決めました。

沖縄の福山コンサートに2日間参戦した福岡のものです!たまたま検索してこのブログにたどり着いたのですが、もしや私がかき氷を食べている時におとなりにいた方の旦那様では?と思い、コメントしました。娘さんがいない間、留守宅にいて明日帰京すると言われてたし、話が合いすぎてhappy01福山コンサートは初めてとの話でしたが。間違っていたらすみません。優しそうな方でした。何はともあれ、奥様はコンサートを楽しめたようで良かったですねnote私も周りにいたコアなファンの方に囲まれ、大いに楽しみました…福山の顔は好みじゃないですが(ファンの方には申し訳ないwobbly)しゃべりとコンサートの雰囲気がいいんで、チョコtwoコンサートに行ってます。また機会があればブログ拝見いたしますup

わんたんさん

>もしや私がかき氷を食べている時におとなりにいた方の旦那様では?

ズボシですpass
女房にウラを取りましたeareye

こう証言してますwobbly
「センターの丸いテーブルで彼女はいちごのかき氷を私はジャンボモナカをたべた。
福岡から来ていた人だった。二日間連続で来ると言っていた女性」

そういえば、終わって停めて待ってた車に戻ってきたとき「福岡からきてた女性」の
話はしてました。

それにしても信じられないsign03
リアルとバーチャルがこれほど見事にぴったり合うとはkey

あの日は娘宅から会場まで3往復のアッシーくんでした。
女房があんなエキサイトし喜んだことはなかったので
結末は「まぁ、よかったか」

あの日のこと、女房も自分のブログに書いてます。
もしご興味があれば、↓
http://hisa.way-nifty.com/greentea/2011/09/post-1fed.html

びっくりーーー!!信じられない偶然ですね。
本当本人もびっくりしたことでしょうね。。。
沖縄は狭いので私も一度初めてお会いする人から
「もしかして沖縄スイーツブログの方ですよね」と聞かれたことがありました。
どこでつながるかわからないものですねぇ。

いやー、こんなことってあるんだー、の一言。

タックさん
おーっsign01やはりそうでしたかぁhappy02sweat01アッシー君お疲れ様でした。また、ご確認ありがとうございましたupブログの前後読んで、絶対あの方の旦那様だsign04shineと読みながらウケてたんです。知らない方へコメントするのは相手に失礼かなと躊躇しつつ…カキコして良かったです。しかし、キーワード検索「福山沖縄コンサート」でまさかの「繋がる繋がる〜note」。日本って狭いというよりインターネット恐るべしeyeという感じでしたsearchのりっち♪さんもそういうご経験があるのですねflairちょっとびっくりしますよね!あ、かき氷はいちご味でミルクかけでしたbleahあの日は誘導が悪かったのかブロックに入るまでに2時間以上かかり、熱射病になりかかりでかき氷を食べて生き返ってたところでした。あれからホテルに戻るまでにかき氷2個を食べた位暑さにやられてました。ちなみに奥様にお会いした時ジャンボモナカはお腹の中に入ってたようですhappy01もっとお話したかったのですが席をとる為に会場に戻られたので、あの後楽しまれたかなと気になってましたがブログ読んで安心しましたtyphoon教えていただいた奥様のブログへ早めにコメントしますのでよろしくお伝えくださいclover

わんたんさん
「インターネット恐るべしeye」、まさにまさにsign03
のりっちは、我々が留守番に行った沖縄の娘です。
女房も娘も、とにかく家族みんなで
「へー、そんなことあるんだ」状態ですtyphoon

でしたよね、あの日は暑かった~、めちゃめちゃsunsun
かき氷3個食べたんですか、そして次の日も参戦。
いやいやお疲れさまでしたshine

因みに、のりっちもブログやってます。
もしご興味があれば↓
http://oksweets.exblog.jp/


タックさん
のりっちnoteさんは沖縄スイーツブログといわれてたので娘さんかなと思ってました。3連休にじっくり読んでコメントしよーと思いつつ、今日となりました。ブログのぞいてみますね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/52594360

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の娘宅へ(4):

« 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5) »