« 沖縄の娘宅へ(1) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) »

2011年8月25日 (木)

沖縄の娘宅へ(2)

着いた翌日、カミサンが『お昼は奥武島(おおじま)に行ってテンプラ食べない』と言い、

娘宅から車で10分少々の奥武島に出かけた。

Cimg7596

陸続きになった島への橋を渡り、島に入ってすぐのところに、いかにも沖縄の店

という雰囲気の人気のてんぷら屋がある。沖縄のてんぷらは揚げ物という感じ。

この店はガイドブックに紹介されているようで、いつも客が絶えない。

車の多くは”わ”ナンバーのレンタカー。

Cimg7592 Cimg7587 

野菜や魚、もずくのてんぷら、それに

おにぎりを買い、海沿いの漁師さんのCimg7594 

休憩所を貸してもらい食べた。

そばで小さいイカを干していて

美味しそうだったので、これも買い

夜あぶって食べた。

この日の夕方、集落のスピーカーで

翌日、市の文化センター(シュガー

ホール)でフリーマーケット(フリマ)があるとの告知があった。

ここでは主なる知らせは、すべてこの町内スピーカーで流される。

『明日の給食はお休みです。お弁当を持たせてください』との放送には笑えた。

翌日フリマを見に行ったが、残念ながらちょうど終わったところだった。

娘もフリマにはよく出店しているようで、最近姉孫が『いらっしゃい、いらっしゃい』

が言えるようになり、フリマでお金を覚えたと話していた。

シュガーホールには図書館があり、孫たちが本を借りるのに何度か連れてきた

ことがある。ホールの正面に見える、知念岬につながる山並みが好きだ。

Cimg7599 Cimg7601

« 沖縄の娘宅へ(1) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/52567165

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の娘宅へ(2):

« 沖縄の娘宅へ(1) | トップページ | 沖縄の娘宅へ(3:沖縄戦) »