« 沖縄の娘宅へ(4) | トップページ | 沖縄から横須賀へ »

2011年8月31日 (水)

沖縄の娘宅へ(5)

家族不在の娘宅には、孫たちの作が飾ってあった。

3歳半の妹孫が幼稚園で描いた絵。

これまでの絵と違い、顔のイメージがとらえられるようになっていた。

Cimg7617

食卓テーブルには、お店屋さんごっこが大好きな、1年生の姉孫のお店のセールの

値段表がぶら下がっていた。イヤリングやハートの100円はわかるが、200円の

ぶたさん、よほど好きなブタさんなんだろう。!マークが3つついた10円のあかちゃん

きっと特価なんだろう。

お店屋さんごっこにつき合わされ、以前は『これいくら?』と聞くと、全部10円だった

ことを思うと、モノの相場がそれなりにわかってきたようだ。

Cimg7621 

滞在中最後の作業、畑の草取りはやっと帰る前日に終わった。

足掛け1週間。かかった時間、おそらく6~7時間。毎日夕方やっていたので

アパートの1階の子どもたちと仲良しになった。沖縄は子沢山。4~5人の子持ちは

珍しくない。このお宅もたしか4人。夕方お母さんが保育園からだろう、連れて帰って

きたら、小さな車から次から次に降りてきて、どの子も『こんにちは!』と大きな声で

挨拶してくれた。

畑の仕上がりは、

Cimg7654 

1週間前はこんな感じ。

Cimg7605 

たった20㎡の草抜きをひーひー言いながらやって、荒れた未開の原野を開拓、

開墾した人たちのご苦労はいかばかりであったろうか、と思わざるを得なかった。

草取りの終わった翌日横須賀に帰ってきた。

娘の家の鍵、車の鍵の引渡しは予め話していた方法ですべて完了。

ひとつだけ、うっかりしていたことがあった。それは借りていた車を那覇空港まで

乗って行き、駐車場に車を預けるときになり、駐車券の引渡し方法を話して

いなかったことに気づいた。娘一家は翌日沖縄に帰ってくる予定。

すぐ娘のダンナに電話し相談。結局、ダンナが羽田まで駐車券を取りに来てくれる

ことで落着。

滞在中はずっと好天でラッキーだった。

真夏の沖縄、宿・レンタカー、タダでリゾート気分を楽しんだ10日間だった。

« 沖縄の娘宅へ(4) | トップページ | 沖縄から横須賀へ »

コメント

こんにちわ。
お孫さん達の成長を垣間見た休暇だったんですね。
rvcarアッシー君だけでなく、畑の開拓までほんとお疲れ様でした。
海で泳いだり、畑仕事したり、
スケジュールびっちりの充実したsun夏休みが伝わってきました。
でも、hotel宿、rvcar足タダでの10日間のリゾート、羨ましい。
ご自宅にお帰りになって、どっとお疲れが出ているのではないでしょうか?
ゆっくりお休み下さいませconfident

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/52611760

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の娘宅へ(5):

« 沖縄の娘宅へ(4) | トップページ | 沖縄から横須賀へ »