« 結婚記念日 | トップページ | 近所の人たちとのふれ合い »

2011年6月10日 (金)

市議会傍聴

ちょうど今の時期、地方議会はどこも6月定例議会をやっていて、どこの議会でも

議員の一般質問が行われている。

一昨日朝、応援している横須賀市議のIさんから、『今日議会で質問します』との

メールをもらい、午後、Iさんの質問時間に合わせ傍聴に行った。

ときどき議会傍聴するが、一昨日は傍聴者の数がいつもより多かった。

地方議会の質疑・答弁の良し悪しは、偏に質問する議員の技量に左右される。

迫力のない緩く甘い質問に対しては、答弁する首長、役所の担当の対応にも

迫力がなく、やり取りを聞いていて退屈する。

一昨日のIさんの質疑・答弁は大変盛り上がり、傍聴者を満足させるものであった。

以前は採り入れられていなかった一問一答の質疑・答弁が何といっても良い。

一問一答形式の場合、壇上で全質問をしたあと、自席に戻るのでなく、市長の前に

用意された席に座り、まさに市長と対でやり取りする。

ボクは初めて一問一答形式の質疑・答弁を傍聴した。

国会で言えば党首討論のようなスタイルで緊迫感があり、対決感が出て、差しでの

やり取りは、とても新鮮だった。

ただ、まだ地方議会の質疑は一問一答ではなく、一括質疑が中心である。

一括質疑形式では、質問する議員は壇上で質問したあと自席に戻り、首長が答弁し

答弁に対し、再度壇上で追加質問をするスタイルで、どうしても緊迫感に欠ける。

ただ、すべての議員に一問一答スタイルを望んでも、首長に遠慮し鋭く突っ込まない

議員もいるだろうし、ディベート能力を備えている議員も多くなく、また勉強不足の

議員が地方議員の中には多いようで、一律に一問一答にすることは難しいのであろう。

任期中に一度も質問をしない議員が少なくないことも、地方議会のありようとともに、

最近話題になっている。

Iさんの行った質問は以下の3点。

 1. 市民病院問題

 2. 震災、津波対策について

 3. 原発について 脱原発か市長に問う

Iさんは鋭く突っ込んだ質問を繰り返し、いくつかの点で市長の言質を取り付けた。

横須賀市は人口42万人の中核市である。

市長はもちろんのこと、市役所職員に、もっともっと中核市であるとの意識を持たせ

彼らが気概を持って仕事をやることが何よりも重要であると強く思った。

« 結婚記念日 | トップページ | 近所の人たちとのふれ合い »

コメント

こんにちわ。市議会(私のところは町ですが)なんて、傍聴したことありませんね。
たまにラジオで国会中継は聞いてますが。
今優先して、皆で協力してやらなければいけないことが山積みなのに、
足の引っ張り合いばかり。子供の喧嘩よりタチが悪い大人ばかりです。
国であろうと地方であろうと、
そこで暮らす人達の為に最善を尽くさなければならないのに、
なんだか聞いていて呆れてしまうし、腹が立つし、悲しい気分になります。
中には頑張ってくれている議員さんもいるのになぁ。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/51896427

この記事へのトラックバック一覧です: 市議会傍聴:

« 結婚記念日 | トップページ | 近所の人たちとのふれ合い »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト