« モバイル シニアネットシンポジウム | トップページ | 大激震(その2) »

2011年3月12日 (土)

我が家の地震状況

昨日の大激震の被害はいかがだったでしょうか?

我が家は道を10メートルくらい隔てて、裏が海。

昨日16時前、市の広報車が回ってきて、『三浦半島に大津波警報発令』と

アナウンスがあった。

家から出てきた近所の人たちみんなで、『えー、どうなるの!』

地震直後、停電になり、情報源は携帯ラジオだけ。

ラジオの被災情報で、『九十九里海岸で10メートルの津波が予想される』と聞き、

これはただ事ではないという気持ちがますますつのる。

カミサンが非常持ち出しの荷物をつくり、貴重品を持って、4時過ぎ近所の家族と

一緒に車で近くの高台へ避難。

持ってきたパンやバナナを食べながら、『真っ暗になったらトイレに行けなくなるので

今のうちに』と。結局、車の中で、被災状況を放映するテレビを観ながら、3時間

くらいいて、停電で真っ暗な中、信号の消えた道を家まで帰った。

夜は真っ暗の中、ローソクを灯し、幸い水は出てガスも使えたので、カップラーメンと

パンを食べて、気になりながらも、即逃げ出せる態勢で、地震のラジオを聴きながら

やすんだ。

地震直後は使えなかったケータイのメールが使えるようになり、状況を伝え、

受信したメールに返事ができ、これは助かった。

ただ、回線が輻輳しており、送受信には当然時間がかかった。

夜中、何度も目が覚めたものの、心配した事態にはならず、無事、朝を迎えられた。

青森、岩手、宮城、福島、茨城・・・ 突然の大激震で被災された方々、ホントに

お気の毒です。

あちこちから、『大丈夫?』のメールや電話をいただき、お礼の返事をした。

朝早く、ブログにも何度も書いたことがあるアメリカのサンディエゴの近くに住む

小林くんから電話をいただいた。

小林くんは20年くらいアメリカに住んでおり、市民権も持っていて、アメリカ人の

奥さんとの間に3人の女の子がいる。

一番下の娘さんのハンナは中学2年生。学校で友だちから『パールハーバーの

バチが当たったんだ』と言われたと、学校から帰ってきて泣きながら話したそうである。

小林くんは『何もわからないで、こういうことを言うんですよ』と話していたが、ボクは

ショックだった。

間もなく地震発生から丸一日が経つ。

深刻になりつつある福島原発の状況、引き続き起きるかもしれない津波、激しい余震、

あと4時間経てば、また真っ暗な夜になる。

被災された方々がますます心配である。

« モバイル シニアネットシンポジウム | トップページ | 大激震(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136796/51099509

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の地震状況:

« モバイル シニアネットシンポジウム | トップページ | 大激震(その2) »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト