« 大激震(その3) | トップページ | 大激震(その5) »

2011年3月14日 (月)

大激震(その4)

『福島原発は、主に首都圏に供給する電力の供給元であり、東北地域の人たちの

ものではない』と知り合いからのメールに書いてあり、避難を余儀なくされている

原発から20キロ圏内の方々がお気の毒だ、という気持ちが一層つのった。

事態が落ち着いたら、ささやかなお返しの気持ちで、ぜひ現地に行き、ボランティア

活動に参加したい。新聞に『ボランティア活動は、単独では行かないように。よぶんな

混乱を引き起こすことにつながりかねないので。行くときは、必ず地元行政かNPOの

サイトをチェックすること』と書いてあった。

かつてオーストラリアで一緒に仕事をした仲間から、先ほど安否を気遣う電話があった。

ほかにふたりのオーストラリアの仲間から、『大丈夫か?』とのメールが届いた。

世界中で、『日本が大変なことになっている』とのニュースが連日飛び交っている。

『また緊急避難情報が出た!』、とテレビを観ていたカミサンが2階からあわてて

降りてきた。我が家では、急に激しい揺れがあったときは、外に飛び出すのではなく、

風呂が一番いいと話している。

退職者家庭だから我が家はいろんな意味で恵まれている。子どもさんを保育園に

預けて仕事しているお母さん、高齢者の介護をしているお宅、人工呼吸器など

医療機器が手放せない方のいるご家庭・・・ 本当に大変なことである。

あと2時間で、被災地は寒くて怖い4日目の真っ暗な夜を、また迎える。

地震以来、毎晩寝るときに思う。

一日3回温かいゴハンが食べられ、暖かなふとんでやすむことができ、被災者の

方々に申し訳ないと。。。

« 大激震(その3) | トップページ | 大激震(その5) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大激震(その4):

« 大激震(その3) | トップページ | 大激震(その5) »

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト