« 裁判傍聴 | トップページ | 久しぶりに会社へ »

2010年8月29日 (日)

裁判傍聴の前に

裁判所に行く前に、久しぶりにお会いした人とお昼をご一緒した。

在職中立ち上げたシニアITアドバイザー(SITA:サイタ)のことは何度もブログに書いた。

またSITA有資格者が、全国で多くのグループをつくり活動されていることもブログで

紹介した。グループのひとつに埼玉県を中心に活動しているNPO法人彩SITAがある。

彩SITAを立ち上げた栗原昌子さんとは10年近いお付き合い。ただ、この数年お会い

していなく、裁判所に行く前、栗原さんのパソコン教室にお邪魔した。

教室の入り口には、SITAをはじめた10年前に作ったポスターを貼っていただいていて

感激した。

  Sita1    Sita3_2 

ビルの一部屋だった事務所と教室は二部屋になり、ゆったりと余裕ができていた。

生徒さんの数も相当増えていて、先生も5人になったとのこと。

壁には写真コンテストで入賞した写真が貼られていた。順位は生徒さんの投票で

決めたそうである。写真以外にネットトレーディング講座やお絵かきコンテスト、

マージャンクラブなど多彩な教室活動が行なわれている。

Sita2 Sita4

お昼を食べながら、積もる話で盛り上がった。

教室を立ち上げたときからの彼女の想いは、引きこもりの若者支援。

彩SITAの代表、教室の運営、それに引きこもりの若者支援の三つをやっていく

ことは難しいとの結論で、彩SITAの代表はこれまで副代表をやっていた方に譲った

とのこと。

引きこもりの若者支援は6月からはじめたそうで、熱っぽく語る栗原さんの想いを

聞いた。

具体的には、「FUUの塾「fuu.doc」をダウンロード という活動を立ち上げたとのこと。

月1回、教室を開放してまったくのボランティアで、引きこもりの若者を支援する

講座をはじめた。

カリキュラムは、午前中セミナーをやり、午後は資格を取るためのパソコンの勉強。

セミナーの講師をやって欲しいと頼まれ、OKした。

閉塞感いっぱいの社会、流れに乗れない多くの若者、栗原さんの志と活動に対し、

できる範囲で応援していきたい。

« 裁判傍聴 | トップページ | 久しぶりに会社へ »

コメント

先日は何年振りでしょう、お目にかかれて嬉しかったです。
コマーシャルしてくださってありがとうございます。
FUUの塾は、東京新聞で仕事をしている友人が取り上げて記事にしてくれるそうです。
「地道に継続」「何事も10年」若い頃には信じられないような言葉を書いています。

ブログ、ずっとずっと過去のものも読ませていただいて、社会的な発言やお考えに触れて退職後の6年間を想像しています。
また是非、お寄りください。

コメントありがとうございます。
積年の想いであった「FUUの塾」、
夢がしっかり形になりますように。。

そうですか、お忙しい中、ブログを読んで
いただいたのですか。
ありがとうございます。

また寄せていただきます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判傍聴の前に:

« 裁判傍聴 | トップページ | 久しぶりに会社へ »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト