« 孫たちの夏休み(1) | トップページ | 孫たちの夏休み(2) »

2010年8月14日 (土)

映画「ソルト」

評を見てストリーが面白そうで、それに定年後観た映画でベスト3に入る作品だった

「チェンジリング」の主演女優アンジェリーナ・ジョリーに惹かれ観に行った映画。

(Gooのポイント 77)

スパイアクション映画でハードボイルドタッチであったが、内容の仕込みにいくぶん

物足りなさを感じた。もう一工夫すれば、もっと好作品になるのではと思う映画だった。

ただ、冷戦時代のソ連で、優秀な子どもたちを集めて徹底したスパイ教育を施し、

訓練に耐えた者だけをアメリカに潜伏させ、一斉に戦争をしかける「Xデー」を何十年も

待ち続けさせるという実在の“KAプログラム”が下敷きになっており、ストーリーに

リアリティは十分に感じた。

以下、ネット掲載の作品の冒頭紹介。

   アメリカCIA本部。優秀な分析官イブリン・ソルトは、突然現われたロシアからの

   亡命者・オルロフを尋問する。特殊スパイ養成機関の元教官だという彼は、

   アメリカに長年潜伏してきたロシアのスパイが、訪米中のロシア大統領を暗殺

   すると予告する。

   そして、そのスパイの名は「イブリン・ソルト」だと告げる。一転して二重スパイ

   容疑をかけられたソルトは、身の潔白を訴えるが聞いてもらえず、最愛の夫の

   身を案じてCIA本部から逃走。

   だが自宅に夫の姿はなく、何者かに連れ去られた形跡が残っていた…。

« 孫たちの夏休み(1) | トップページ | 孫たちの夏休み(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ソルト」:

« 孫たちの夏休み(1) | トップページ | 孫たちの夏休み(2) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト