« アド街ック天国 | トップページ | 元会社の仲間との飲み会 »

2010年7月31日 (土)

取調べ可視化法実現を求める市民の会

「取調べ可視化法実現を求める横須賀市民の会」の発足集会の案内をもらった。

テーマそのものには大いに興味が

あるが、会合では鈴木宗男衆議院Kashika 

議員が講演することになっていて、

少々違和感を感じながら昨夜の

会合に参加した。

鈴木議員の話すべてをストレートに

受け取るつもりはないが、常日頃

思っていたマスメディアの情報操作

により、国民がマインドコントロールされているのは間違いないと思うに至った。

8年前の小泉政権時の鈴木議員追放劇は外務官僚と検察官僚の共同謀議だった

ようだ。

鈴木議員は436日の拘留中胃がんを発病し、釈放後手術は間に合ったが、危うく

権力によって生命まで奪われるところだったそうだ。鈴木議員の前に逮捕された

元外務省職員佐藤優氏は500日以上拘留され、検察官から「やっていなくても

無罪にはならない、これは国策捜査だから」と言われたとのこと。

検察側の誤算はこの2人が屈することなく国策による不当逮捕、起訴を著作、講演で

白日のもとに明らかにしたことであった。

講演の締めくくりは、『自らの経験を通して、国家権力には到底勝てない、ということを

身をもって体験した。冤罪事件は殺人強盗から痴漢冤罪まで刑事事件ではたくさん

起きている。密室での取調べは検察が好き勝手にできる。人のいい人ほど誘導強要

の取調べに耐えられないのがこれまでの冤罪事件である(足利事件の菅谷さんが

よい例)。冤罪を作らせず、裁判員制度の現状にあわせるためにも、必要なのが

取り調べの際の可視化(録画・録音)法である。自分の経験から、可視化は本人は

もちろんのこと、証人・参考人の取調べの可視化が極めて重要である。加えて、

リーク情報に基づくマスメディアによる情報操作は断じて規制すべきである。

民主党はこれまで衆議院、参議院で2度可視化法案を提出し、昨年のマニフェスト

にも取り上げていたが、政権を取ってからは音なしの状態。ぜひとも民主党に

頑張ってほしい』

たまたま今朝の新聞で、『昭和42年に茨城県で起きた「布川事件」で強盗殺人罪で

無期懲役が確定・服役後、仮釈放されたふたりの男性の再審公判が昨日行われ、

無罪判決が言い渡される見通しとなった』と報じられていた。

またまた度重なる検察の許されない失態である。

検察の捜査対応の卑劣さについては、自ら悔しい経験をしたことがある。

昨夜の会合終了後、「取調べ可視化法実現を求める横須賀市民の会」会員に

申し込んだ。

« アド街ック天国 | トップページ | 元会社の仲間との飲み会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取調べ可視化法実現を求める市民の会:

« アド街ック天国 | トップページ | 元会社の仲間との飲み会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト