« ジャカランダ | トップページ | 緑のカーテンのその後 »

2010年7月 4日 (日)

あれから15年

23歳だった息子が亡くなって、明日でちょうど15年になる。

大学を出て就職し、間もなくのことだった。

土曜日、同期入社の仲間6人が今年も我が家に集まってくれた。

たった2ヶ月少々の短い付き合いであったが、毎年命日の前にみんなで寄ってくれる。

我々夫婦はとてもうれしく、毎年みんなを迎え、話を聞くのを楽しみにしている。

みんなアラフォー世代。公私ともども責任がある年齢で、会社でも最も使われる年代。

みんな忙しく、最近は全員で揃う機会もなくなっているようで、我が家での集まりは

さながら同期会。

5時ちょうど、大船からTチャン到着。

以前は料理、飲み物すべて用意していたが、だいぶ前からデザートまで含め、

みんなで手分けし持参、カミサンの負担が減った。

今年はボクが一品作った。作ったというほどのものではないが、先日テレビで観た

「食べるらーゆ」。みじん切りにしたタマネギ、ニンニクにサクラエビとサキイカをまぜ

豆板醤、トウガラシとサラダオイルを加えたもの。ボクは「食べるらーゆ」(下右)は

初耳だったが、3人が知っていて、味も好評だった。

Cimg6251_2 Cimg6250 

今年は娘の友だちのMちゃんにも幹事役のHくんが声をかけ、Mちゃんも9時すぎ

参加。女性が2人になり、大いに盛り上がった。

常連のYくんは会社で指名され、費用を出してもらい、中小企業診断士試験の

勉強中で、通っている専門の学校からの帰り、11時ころ寄ってくれた。

週末はずっと学校に通っているそうで、8月に一次試験を受けるとのこと。

一次試験は8科目、ボクもかつて挑戦しようとしたことがあって、難関の国家試験で

あることはよく知っている。

Yくんは息子に合格を祈願。全員で『ゼッタイ受かれよ!』

娘が『マンゴ送ったのでみんなで食べて』と、沖縄から美味しいマンゴを送ってくれた。

みんなが来る直前の5時ころ届き、『うまい!さすが沖縄』と言いながら、みんなで

甘いマンゴを楽しんだ。

以前に比べ当然のことながら、会社、仕事、職場の人の話題のウエイトが高くなった。

そのほか、プライベート、ビーチバレー・フットサルなどスポーツ、恋愛話、趣味・・・

以前は話題の中心だった息子の話は、もう出ることはほとんどなくなった。

さんざん盛り上がりお開きになったのは12時すぎ。以前は2時ころまで騒いでいたが

当然のことながら、みんなわきまえる歳になってきた。

9月には、息子の高校3年の仲間たちが、今年も寄ってくれることになっている。

こちらもそれぞれの子たちの1年間を知ることができ、毎年楽しみにしている。

15年経っても息子を偲んで寄ってくれる仲間たちがいて、うれしい限りである。

« ジャカランダ | トップページ | 緑のカーテンのその後 »

コメント

こんばんわ。
私の叔父は今から30数年前、自らの命を絶ちました。
30数年たった今でも、親しくして下さった同級生や、当時の婚約者が1年に1度ですが、
お墓参りに立ち寄って下さいます。
皆さん還暦を過ぎ、お孫さんがいる年齢にも関わらず、
毎年欠かさず叔父の墓前に手を合わせてくれる、本当にありがたい事です。
叔父の亡くなった年齢を超えた今、自分が死んだら墓前に手を合わせてくれる人が、
何人いるだろうと改めて考える今日この頃です。
きっと息子さんは、ご両親だけでなくお友達にとっても、
かけがえのない親友だったのでしょうね。
息子さんの話題を口にする事はなくなっても、お友達に息子さんを重ね見て、
それを温かく見守っていらっしゃるご両親、とても素敵です。
今年も皆さんがお集まりになるのでしょうか。
息子達の成長が気になり、いつまでも子離れできませんね。
偶然目に留まった記事に、まとまりのないコメントで済みません。
息子さんのご冥福をお祈り致します。

コメントありがとうございます。

>毎年欠かさず叔父の墓前に手を合わせてくれる、
>本当にありがたい事です。

30数年たった今でも同級生や婚約者だった方がお墓参りに、、
すばらしいことですね。

実は我が家では亡くなった息子の墓を家の近くに求めました。
それを機に、郷里の倉敷にいる息子を横須賀に連れてくる
ことにしました。
息子が亡くなって今年で16年。6月に倉敷で十七回忌法要を
行い、8月に息子の仲間たちに集まってもらい開眼納骨法要を
執り行うことにしました。

墓が近くにできれば、歩いて墓参りに行けますし、いずれは
我々もそちらへということになります。
ということで、今年は我が家の節目の年になりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あれから15年:

« ジャカランダ | トップページ | 緑のカーテンのその後 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト