« 画像貼り付け問題解決 | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5:久高島) »

2010年6月 2日 (水)

ツートップの辞任

大半の国民が、『当然だ』との印象で今朝のニュースを聞いたことだろう。

鳩山と小沢ふたりが辞めたのを知り、先ず思ったことは、小沢が次の総理に対しても

影響力を残し、院政を敷かないかという懸念であった。

ただ、もう一歩踏み込んで考えてみると、小沢の次の狙いは政界再編であろう。

政権交代が現実のものとなりはしたものの、交代した政権はあきれるほどのていたらく

で、小沢は結局金の話を公の場で国民に説明することなく、好きなようにやりたい放題

やり(直近では参議院選挙のため郵政改革法案を強引に通し)、挙句辞めたとしても

影響力を行使し続けることは間違いない。

この先は民主党に未練を感じることなく民主党とは決別し、政界再編の混沌の中心に

自分を据えるであろうと推測する。

となると、また小沢が違った形で登場してくる。

第2回目の検察審査会では、起訴相当が議決されることは間違いない。その先は

失点続きの検察が何としても起訴することである。

起訴されればその身は法廷の場に持ち込まれる。

民主主義国家である。私利私欲で動いていく政治はもういいかげんにして欲しい!

鳩山の方は、この9ヶ月間、鳩山にとっては何だったのかとの思いである。

55年体制がひっくり返ったのだから、随所に不具合が出ることはやむ得ない。

だが、鳩山は一国を率いるリーダーの資質・素養はとても持ち合わせていない

人間であった。

本人は否定するであろうが、結局は安倍、福田同様、投げ出し・逃げ出しで終わった。

今夜はホッとして、きっとすっきりした気持ちで過ごしていることだろう。

沖縄の人たちは言うに及ばず、国民は堪ったもんじゃない。

今日までの道程と最後の締め方は、本人はだいぶ前から決めていたのでは

ないかと思う。

マスメディアにも言いたい。昨夜は『周りから辞任を求める声が上がっても、総理は

続投していくだろう』と何度も報じていた。論拠のない心証を推察する報道は慎む

べきである。結果、国民をミスリードする。

今夜、鳩山は『次の総選挙には出馬しない』と言ったようである。自分の”美学”を

示したいのであろうが、無責任なこのような”美学”に国民は苛立ちを覚える。

9ヶ月間やってきたことには、もうこの先政治責任は負わないということを裏返しに

言ったに過ぎない。

このようなツートップを背負わされた国民は哀れである。

5月12日のブログ横粂勝仁さん、ガンバレ!」で横須賀選出の新人の横粂議員

が「首相・幹事長の辞任を求める考えを表明した」とのニュースを紹介した。

再生民主党には、今度こそ、このような議員が活躍できる場をぜひとも作って欲しい。

               

« 画像貼り付け問題解決 | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5:久高島) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツートップの辞任:

« 画像貼り付け問題解決 | トップページ | 沖縄の娘宅へ(5:久高島) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト