« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

映画「アイガー北壁」

作品紹介で『ナチス政権下、若き登山家が挑んだ前人未到の絶壁―アルプス登攀

史上最大の事件と呼ばれた衝撃の実話』を読み、それに数日前gooのポイントが

95だったので、これはぜひ観たいと思った映画。

ただ、いつも行く横須賀HUMAXではかかっていなく、ネットで探し、横浜桜木町まで

出かけて観てきた。

映画館の場所をネットで確認すると、桜木町の駅から1分。しかもランドマーク側。

そんなところに映画館が?? と思いながら桜木町駅を降りたらびっくり!

TOCみなとみらいという名前の大きな商業ビルが、ランドマークのすぐ手前に出来て

いた。聞いてみると10日前にオープンしたばかりとのこと。ビルの6階と8階がシネコン

なっていた。

映画は、1930年代“ヨーロッパ最後の難所”として伝説となっていたスイスの名峰

アイガーの北壁を舞台に、国家の大きな期待を背負って初登攀を目指す若き登山家

たちの壮絶な挑戦を描いた観ごたえある作品だった。

出来たばかりの館のため音響効果もすばらしく、横浜まで観に行った甲斐があった。

観終わって、映画の筋とは直接関係がないが、40年以上前大学時代に起きた悲しい

出来事を思い出した。

高校の仲間が中央アルプスで遭難し、絶壁でザイルに宙吊りになり、救助隊が救出に

手を尽くしたが、最終的に遠方から射撃しザイルを切った出来事で、新聞でも大きく

報じられた。

以下、ネットから引用した作品紹介。

   ~~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

ベルリン・オリンピック開幕直前の1936年・夏。ナチス政府は国家の優位性を世界に

誇示するためアルプスの名峰アイガー北壁のドイツ人初登頂を強く望み、成功者には

オリンピック金メダルの授与を約束していた。

山岳猟兵のトニーとアンディは難攻不落の山を次々と踏破し、優秀な登山家として

知られ始めていた。2人は世間の盛り上がりに戸惑いながらも“殺人の壁”と恐れられ

ていたアイガー北壁への挑戦を決意する。

ふもとには、初登頂を目指す各国からの登山家や世紀の瞬間を見届けようという報道

関係者や見物客が集まってきていた。その中にはトニーのかつての恋人で新聞記者を

しているルイーゼの姿もあった。天候を待つこと数日。ある晩、トニーとアンディは北壁

への登攀を開始する。彼らのすぐ後をオーストリア隊が追い4人は快調に高度を上げて

いくが、メンバーの負傷や急な悪天候に見舞われ、彼らは想像を絶する状況へと追い

込まれていく…。

2010年3月27日 (土)

娘たちの来訪(1)

姉孫の幼稚園が春休みに入り、娘が子供ふたりを連れて沖縄から来ている。

木曜日はちょうど妹孫の2歳の誕生日。

仕事のパパ抜きで前日我が家で祝い、誕生日当日パパ主催でなじみの店で祝った。

回りは盛り上がったが、妹孫はまだ誕生日祝いが何なのかわかっていない。

5歳の姉孫はママに使い方を教わり、パソコンでリカちゃんをプリントしてメッセージを

書いて妹に渡していた。

Rimg0617 Rimg0614

娘とカミサンがケーキ屋で

お祝いメッセージを書いてもらった Rimg0595

ケーキを買ってきた。

ローソクに火をつけて、みんなで

ハッピーバースデイを歌い、

「おめでとう」。それに対し妹孫の返事

「どういたしまして」にみんなで大笑い。

誕生日当日、娘一家が9月まで住んでいた

横浜天王町の娘夫婦なじみの店、和食処”とがし”でパパ主催でやった。

”とがし”は我々も娘夫婦と何度も行ったことがあり、マスターと奥さんとは馴染みの仲。

久しぶりに行った娘夫婦にマスターは腕を振るって用意してくれていた。

さしみ盛り合わせ、アマダイ、あわび、天然ブリ・・・

Rimg0597 Rimg0598

Rimg0599 Rimg0600

ここでも妹孫はプレゼントやカードを

もらったが、催しの趣旨がRimg0608

わかっていなかった(笑)

ふたりとも元気に育ってくれていて

何よりである。

食事をしたあと、パパが久しぶりに

横須賀の我が家に来て泊まった。

2010年3月25日 (木)

幼なじみからのメール

小中学校の幼なじみで、山口に住むKくんからケータイに、「八十八箇所結願」との

メールが届いた。

   No.1霊仙寺からNo.88大窪寺までの遍路(40日間)完歩出来ました。
   バンザイ!

   南無大師遍照金剛
   南無大師遍照金剛
   南無大師遍照金剛

『同行二人(どうぎょうににん)のたすきをかけて、独りで白装束で四国八十八箇所を

歩いているよ。宿所に着いたら毎晩酒をしっかり飲んで、翌朝また歩き始める毎日だ』

と道中、2度電話があり、メールも何度かあった。

Kくんに返信メールを送った。

  やったねぇ!!

  スゴイ!! 

  百名山踏破につづく快挙!!

  同じ66歳のこちらはタル~イ毎日。

  こんな仲間がいることを今日のブログに書かせてもらうよ。

米国、医療保険改革法案成立

昨日の夕刊のニュースで、オバマ大統領が医療保険改革法案に署名し、同法が

成立したことを報じていた。

大統領は、『ほぼ1世紀にわたる試練と1年以上にわたる議論の末、医療保険制度

改革が今日、米国の法律となる。すべて人々が医療保険で基礎的な保障を得る

という原則を今、確かなものにした』

個人の自由を尊重し、政府の役割拡大を嫌う伝統から、日本や西欧のような国民

皆保険制度が育たなかった米国で、医療のあり方を変える歴史的転換点となる

出来事と言える。

変革を掲げるオバマ政権にとって初の本格的な実績となった。

2年前、マイケル・ムーア監督作品で、アメリカの医療保険制度にメスを入れた

ドキュメンタリー映画、「シッコ(SiCKO)」を観に行ったことをブログに書いた。

先進国で唯一、国民健康保険制度のないアメリカでは5千万人、6人にひとりが

無保険者。医療費を払えないため、毎年1万8千人の人たちが治療を受けられず

命を落としている。

マイケル・ムーア独特のオーバーであからさまに社会の病巣をえぐり出す手法では

あったものの、暗澹たる気持ちになってしまうほど多くの事例が映画の中で取り上げ

られた。

法案は、219対212の僅差で下院で可決された。

「シッコ」を観ていたため、何とか法案が成立するように、それにオバマ政権に弾みが

つくようにと願っていたので、ホッとした。

2010年3月23日 (火)

オープン祝い

パソコン教室が予定通り本日オープンした。

初日の今日は普通の授業はやらず、申し込んでいただいた方向けの入会体験会に

あてると聞いていたので、日中行けば邪魔になるのではと思い、夕方寄ってみた。

行ってびっくり。表には商店会からいただいた花輪が飾ってあり、感激!

教室の中には、ビルのオーナーとキュリオの本部から届いたお祝いのお花と植栽が

飾ってあった。

Pic1 Pic2

教室の一角に、自作の小物やアクセサリーを展示販売するレンタルスペースを

設けている。3ヶ月間無料で出展者を募ったためか、レンタルボックスの出だしも

順調である。

帰宅途中、駅の近くでしばらくチラシ配りをして帰った。

認知度が上がっていくものかどうか興味しんしんである。

2010年3月22日 (月)

いよいよオープン、新設パソコン教室

3月3日のブログに書いた移転したパソコン教室がいよいよ明日オープンする。

全国で120店舗を運営するフランチャイズパソコン教室キュリオステーション

横須賀中央店のオーナーになって6年目。

6年目のリニューアルオープンと銘打ち、思い切ったキャンペーンを行うことにした。

3月初めからさまざまなメディアを使い告知をはじめた。一般紙2紙へのチラシの

折り込み、地元のミニコミ紙3紙への記事掲載、沿線のふたつの駅にB1ポスターの

貼り出し、それにポスティングと駅頭での手渡しなど。全体で2万枚のチラシを配布。

日々の教室運営、さい配は本部から派遣された店長に任されている。

1月から店長を担当しているHくんは5代目の店長。経験豊富で任せて安心。

Hくんが作った今回のミニコミ紙の記事は6年間の中でベスト。

教室の広さはこれまでの2/3になるが、新築ビルの1階で駅からの距離がこれまでの

半分くらいになり、家賃が同額であることはうれしい。

それより何より店頭装飾、看板がスゴイ目立つ。

横断歩道を渡った目の前にあるので、見てもらえるということではロケーション抜群。

上の写真は店舗。下の写真は駅のプラットフォームに出した広告。

Kyurio_2

Poster_3     

今日教室に行っていた1時間足らずの間に、前の道を通った方がふたり問い合わせ

のため店に入ってこられた。これまでの教室の場所では考えられないこと。

明日の体験入学の申し込みは出だし好調。

商店会に加入したので、明日のオープンには花輪を出してくださるそうだ。

まだ残っているチラシの配布をキャンペーン申し込み期限の3月末までに手分けして

続けることにした。

店長のHくんと、とにかく反響を楽しみに待とうと話している。

2010年3月18日 (木)

全国亭主関白協会

資料を整理していたら、だいぶ前の朝日新聞の切り抜き記事が出てきた。

結びに書いてある「非勝(ひかつ)三原則」、まさにその通り!だが「非勝三原則」は

簡単ではない。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

福岡市の全国亭主関白協会(全亭協)が設立10周年を迎える。

ここでいう「関白」は、家庭内の天皇である妻を補佐する地位をさす。「いかにうまく

妻の尻に敷かれるか」を日々研究している。

作家でタウン誌プロデューサーの天野周一会長(56)は「風呂、めし、寝る」の3語に

象徴される典型的な旧来型の亭主関白だった。99年に友人、知人4人が立て続けに

妻に三行半をたたきつけられた。その話を何げなく妻にすると「次はあなたの番よ」と

矢が飛んできた。

それを機に、旧来型に決別した。しゃれ半分で始めた全亭協の会員は当初11人。

団塊世代が定年を迎え、熟年離婚が社会問題化したのを契機に急増した。いまや

40、50代を中心に17カ国の約7千人にまで膨らんだ。昨年暮れには「世界亭主関白

サミット」が東京で開かれた。

全亭協が提唱する夫婦円満の極意のひとつは「愛の三原則」。

ありがとうをためらわずに言おう。ごめんなさいを恐れずに言おう。愛してるを照れずに

言おう。

「実行すれば、晩酌の発泡酒が普通のビールに変わるなど次々に奇跡が起きる」と

天野会長は笑顔で語る。

もうひとつの極意が「非勝三原則」。夫婦げんかの際に「勝たない、勝てない、勝ちたく

ない」。

妻は絶対に謝らず、反論すれば、昔のことを蒸し返される。亭主が負けるのが鉄則

だそうだ。

封建的な体質で知られた九州男児にしてこれである。世の旧亭主関白も観念する

潮時なのだろうか。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

全国亭主関白協会のサイトにアクセスし、関白検定の段位認定試験を受けた(笑)

初段を認定された。

曰く、『段位をもらえるというのはかなり素質がある方です。何のっ?て尻に立派に

敷かれる素質です(笑)』

2010年3月14日 (日)

NPO定例会

町田市を中心に活動するシニアITアドバイザー(SITA:サイタ)のグループ、

NPO法人アクティブSITAの定例会に参加した。

アクティブSITAの会員は徐々に増えてきており、2名の新入メンバーが加わり39名に

なった。当日は、25名くらいが参加した。   

活動報告の中、長い間続けている市民向けパソコン相談室がもう1ヶ所増えること、

それに障がい者向けにパソコン指導をすることになったことが紹介された。

それに今年初めて「確定申告の電子申請(e-tax)」指導講座を、多くの会員が講師と

なり実施し、61名の方々が受講したとのうれしい報告があった。

毎回の定番報告になっているワーキンググループの活動紹介(地域協働、講座、

HP作成、技術サポートなど)、それに同好会の活動紹介(パソコン絵画、映像と音を

楽しむ、ゴルフ、ハイキング)が行われた。

アクティブSITAのメンバーは意識、見識の高い人たちが多く、会の結束が強く、まとまり

もよく、なかでも驚きは、毎月の定例会で勉強会と称し、メンバーのひとりが講師を務め

スピーチをやっていることである。

今回はTさんが、「生涯元気でみんなで地域づくり~高齢者のQOLと社会参加~」との

テーマで50分くらい話された。

Tさんはたまたま元いた会社が同じで、会社にいたときから知っている仲。

ボクより4歳上で、リタイアしたあと5年間都立大学に通い、博士号(都市科学博士)を

取ったことを初めて知った。

全国あちこちの自治体、国民保険団体、健保組合、健康推進団体などでセミナーを

行っているとのこと。

テーマは、「介護予防科学」、「健康・長生きの因果関係」、「生活習慣病の回避」

多摩地区でたくさんのシニアに協力してもらい、さまざまな聞き取り調査を行った。

特に、心身ともに健康で長寿な人の意識調査、生活態度調査の結果が興味あった。

「役割を持ち(社会・家庭)自己実現していく姿勢を持ち続けること」がキィとのこと。

その一環で「コミュニティの醸成」に積極的に関わっていくことを勧めているとのこと。

最後に、必要なこととして以下が挙げられた。

「仲間」、「人の世話」、「読み・書く」、「笑いと感動」、「趣味を楽しむことと旅行」

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

    □ 先日のクイズ

        次の英語の意味は?  

          ” Can not open the sky” 

          ヒント:亡くなったダイエーの中内功 元社長の言。

                   答えは、「そら、あきまへん」

2010年3月10日 (水)

映画「ハート・ロッカー」

米アカデミー賞の授賞式が日本時間で一昨日8日午後行われ、「ハート・ロッカー」が

作品賞を受賞した。

「ハート・ロッカー」の国内上映開始は6日だった。作品賞にノミネートされていることは

事前に報道されていたので、受賞発表前にどうしても観たかったが、都合がつかず

受賞後となった。

今回のアカデミー賞は話題が盛りだくさんだった。

先ず、作品賞にノミネートされ受賞が有望視されていたのは、ジェームズ・キャメロン

監督の「アバター」とキャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」。ふたりは元夫婦で

元夫婦対決として話題になった。

結局、キャスリン・ビグロー監督が女性として初めて作品賞を受賞した。

「ハート・ロッカー」は、イラクに駐留するアメリカ軍の中でも最大の危険を伴う爆発物

処理班の兵士を描いた作品。

自身がモデルだと主張する米兵に裁判を起こされ話題となっている。裁判を起こした

曹長は、”ハート・ロッカー(The Hurt Locker)”という造語も自分が考えた言葉だと

主張している。

ハート・ロッカーを観て、さすがアカデミー作品賞を受賞した映画であると思った。

戦争がもたらす狂気と中毒性(映画の冒頭で”戦争は麻薬である”と)を息詰まる

ような緊迫感で描いた作品。

2時間15分、最初から最後まで緊張と興奮の連続であった。

報道でよく見聞きする『自爆テロでXX人死亡』の過程が目の前に描き出され、

これまでは深く意識することなく見聞きしていたニュースを、今後は間違いなく

より身近なものとしてとらえられることになるだろう。

戦場、戦争はまさに”狂気”である。なぜ人間はいつの時代もこのような狂気に

走るのだろうと思うと同時に、このような”狂気”を経験した人たちが社会へ復帰する

ことは極めて困難であるとも思った。

きっと長く心に残る映画になることだろう。

2010年3月 7日 (日)

笑える話(品のないジョーク)

□ 村の診療所は、毎日おじいちゃん、おばあちゃんでいっぱい。

   そんな診療所でのひとこま。

   あるおじいちゃんが具合が悪いということでやってきた。

   先生が『それでは舌をみせてください』と言ったところ、何を思ったのか、

   そのおじいちゃん、下を脱いでしまった。

   やさしい先生は、『なるほど、結構元気そうじゃないですか。

   それでは、次にベロをみせてくださいね』

□ 3人の老人が公園で座ってお喋りをしていた。

   『イヤー、歳をとるってのはひどいもんだ。毎日7時に目が覚めて小便に

   行くんだが、 10分立っていてもチョロットしか出てこないんだ』

   もう一人が言った。

   『まだ良いやね。わしなんぞ毎日7時に目が覚めて大きいのに行くんだが、

   1時間座ってて、出るのは屁ばかりだ』

   3番目の老人が言った。

   『それがどうした? どうってことないじゃないか。 俺なんざ、毎日7時に

  小便も大便もちゃんとするんだ』

  最初のふたりは口をそろえて言った。

   『それじゃあ、どこも悪いとこないじゃないか』

   『問題は、8時まで、わしの目が覚めねえってことだ』

□ アメリカ在住の大学時代の仲間から。

  これは、実際に見たあるゴルフ場のトイレのアサガオの上にあった張り紙。

  "One step forward, please. Yours is not so long as you think."

  外人だって千差万別。。。

□ 名誉挽回のために、品のないジョークでなく、品のいい”クイズ”をひとつ。

  次の英語の意味は?  

    ” Can not open the sky” 

  ヒント:亡くなったダイエーの中内功 元社長の言。

  答えは、次回以降のブログで。

2010年3月 3日 (水)

パソコン教室リニューワルオープン

フランチャイズ・パソコンスクール「キュリオステーション」を横須賀で始めて6年になる。

現在借りている場所は、もともと去年の9月までの契約であったが、オーナーにムリを

言い、半年延ばしてもらった。

3月末には退去しなければならないので、去年の後半から物件を探しはじめた。

これはと思うところが2ヶ所あったが、交渉がうまくいかず契約には至らず。

年末近くになって、広さは今の2/3になるが、新築ビルの1階で、駅からの距離が

いまの半分くらいになり、家賃が同額の物件が見つかった。

ビルのオーナーが飲食店などには貸したくないようで、パソコン教室ということで歓迎

してくれ、交渉もスムースに進められた。

1月はじめから教室の店長も代わり、6年目にしてまさに心機一転という感じ。

リニューアルオープンと銘打ち、オープン日は今月の23日に決まった。

店長が中心となり、閉店・移転・開店のスケジュールが作られた。

現店舗の電気・水道止め、新店舗での申し込み、電話の移設、引越し準備、

生徒さんへの告知、新しい生徒さんの募集・・・

B4サイズのチラシを1万5千枚作成。うち1万枚は2度に分けて新聞に折り込み、

5千枚はポスティングと駅前配布する。

そのほか、最寄の2駅でB1サイズポスターを10日間貼り出し、それにミニコミ紙

2紙に広告掲載の予定。

ボクの分担は家の近くでのポスティング。とりあえず1000枚。プラス駅前での配布。

月・火・水3日間、久しぶりにポスティングをした。

3日間で約800枚。先ずは3ヶ所のマンションを中心に、周りの戸建住宅に。

集合住宅は郵便受けが集中しているので、戸建住宅に比べれば、はるかに楽。

それでも3日間で5時間以上かかった。定年退職者でないとできない。

ラジオを聴きながら、心地よい運動になり、ポスティングは嫌いじゃない。

チラシのウリは、リニューアルオープン キャンペーン。通常3,150円/月を3ヶ月

限定で、3月31日までに入会の方には、980円/月に。

今回のチラシは魅力的だと思いはするものの、これまでの経験からポスティングの

ヒット率は極めて低い。

1000枚まいても、問い合わせが数件あれば良しとするくらいの確率。

このようなキャンペーンチラシは毎日のようにどの家のポストにも入り、そもそも見て

もらえないチラシはたくさんあるはず。

今回のさまざまな手段による告知が、さあ、どこまで功を奏するか。

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト