« 確定申告 | トップページ | 突然の帰省(2) »

2010年2月26日 (金)

突然の帰省(1)

突然の訃報が届き、親戚の通夜と葬儀に出席するため、郷里の倉敷に急遽帰った。

20歳前半の男の子ふたりを遺し、逝ってしまったお母さんとの悲しい別れであった。

30年以上前から知っている仲で、とても心の優しい穏やかな女性だった。

葬儀がすべて終わったあと、2泊して90歳のオフクロ孝行をしてきた。

泊まったホテルは、夫婦で帰ったときの定宿のビジネスイン倉敷

倉敷駅から歩いて15分、美味しい朝食がついて、170台収容できる広い駐車場、

自転車無料貸出し、それにアットホームな雰囲気のお勧めのビジネスホテル。

葬儀の翌日、弟家族が2世帯住宅を建て同居してくれているオフクロを訪ねた。

帰省したら毎度のパターンで、岡山に住む妹に声をかけ、今回もオフクロも一緒に

妹に車であちこち連れて行ってもらった。

先ず、吉備路の道の駅へ。地元で採れた野菜や果物が安い。

弁当を買って、『きれいな梅を見に行こう』との妹の発案で、種松山の梅林へ。

ちょうど満開で快晴の青い空に映え、最高だった。

Rimg0534_2 

枝垂れ白梅は、残念ながら時期が少々早かった。

Rimg0539 

梅園の帰り、道の駅で買った花を持って、墓参りに行った。

夜は弟夫婦と一緒に、倉敷の寿(ヒサ)という店で食事。

店のオリジナル料理、「とろけるとうふ」と「もちだんご」が出てきた。

Rimg0546 

Rimg0547 Rimg0548

写真を撮るのを忘れた瀬戸内近海の刺身以外にも色々いただいた。

Rimg0549 Rimg0550  

Rimg0551 Rimg0552

« 確定申告 | トップページ | 突然の帰省(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然の帰省(1):

« 確定申告 | トップページ | 突然の帰省(2) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト