« 野村證券新春セミナー | トップページ | またまた沖縄へ(2) »

2010年1月31日 (日)

またまた沖縄へ(1)

12月に続き、22日より沖縄の娘宅に来ている。

12月に来たとき、娘は忙しさにかまけて行ってなかった病院に検診に行き、診断結果、

入院、手術が必要ということとなり、25日に入院、26日に手術をした。

ダンナが海外含め出張続きのため、ふたりの孫の面倒をみて欲しいと頼まれ、再び

来ることになった。

手術は無事終わり、心配していた懸念は払拭され、『思い切って手術してホントに

よかった~』と、全員安堵した。

退院する日は明日、2月1日に決まった。

我々が沖縄に来た翌々日ダンナは出張に出かけ、その翌日娘は入院した。

それ以降、我々夫婦で孫たちの面倒をすべてみなければならなく、とにかく大変

だった。

予想通り最も大変だったのは、入院した当日の夜。

孫たちは『ママ、ママ』と言い、姉孫のミサキ(5歳3ヶ月)は1時間以上ふとんの中で

シクシク泣いて寝付かなく、困った。

3日目になりやっと落ち着いてきたものの、毎晩、『楽しいお話をして。寝るまで手を

つないでて』 生まれてこの方なかったママの不在は、小さなふたりには大変ショック

出来事であった。

入院4日目に初めて病院に連れて行った。ママに会ったらふたりとも大歓喜。

1歳10ヶ月になった妹孫のユナは、この1ヶ月でおしゃべりと感情表現が一層進んで

いた。

ボクの一番重要な仕事はミサキの幼稚園の送り迎え。幼稚園までは車で5分少々。

はじまりが朝8時と早い。朝食のほか出るまでにさせる準備が色々あり、6時40分に

起こし、幼稚園に着くのは毎日8時ぎりぎり。

何度も会っているN先生は優しい先生で、毎日娘の状況を聞いてくれ、我々夫婦へも

何度も激励の声をかけてくださった。

幼稚園はこれまで12時で終わるクラスであったが、入院の前後は「お預かり」という

夕方4時までのクラスに娘がかえていて、時間的にはずっと楽だった。

毎日朝から夜までやることがいっぱいあり、カミサンと手分けしてやっている。

3度の食事、買い物、掃除、幼稚園の送迎、夕方のお風呂、着替え、おむつ交換、

水曜日のお弁当つくり、洗濯と干して取り込んで仕分け、ユナのお昼寝、歯磨き、

寝る前の読み聞かせ・・・

育児、家事の大変さが身にしみてわかった。

日を追うごとに孫たちは落ち着き、数日前はニューヨークに出張中のパパとスカイプで

顔を見ながらパソコン電話ができ、『パパ、パパ』とふたりとも大興奮。

Rimg0324_4

Rimg0321_3   

« 野村證券新春セミナー | トップページ | またまた沖縄へ(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またまた沖縄へ(1):

« 野村證券新春セミナー | トップページ | またまた沖縄へ(2) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト