« 事業仕分け | トップページ | 映画「沈まぬ太陽」 »

2009年11月14日 (土)

ニューヨークの旅(5)

ニューヨークに行ったら、ここにもぜひ行きたかった。それはメトロポリタン美術館。

この日は小雨模様だったが、途中セントラルパークの紅葉を見たくて、傘をさして、

ホテルから美術館まで歩いた。セントラルパークの南口までは15分くらいだったが、

そこから美術館までは結構あった。

0910_172 0910_178 

世界最大級の美術館のひとつだけあり、そのスケールに圧倒された。

  0910_181   Met_hall_2

メトロポリタンの特色は、そのコレクションの幅がきわめて広いことで、全館を一日で

回るのは難しいほどの規模。そして最大の特色は、これだけの規模の美術館が、

国立でも州立でも市立でもない、純然とした私立の美術館であること。また入館料が

美術館側の「希望額」として表示されていて、チケット売り場で「Two seniors,please」と

言ったら、「Recommended price is $30」と言われ、30ドル払った。30ドル以下でも

問題なく入れる。

ここでもフェルメール作品を見た。牛乳を注ぐ女(左)、少女(右)

0910_182_2 0910_184 

なじみの作品が多くあった。

ゴッホ、モネ、ゴーギャン、ルノワール、ターナー、グレコ・・・

0910_196 0910_197 

0910_195 0910_198 

0910_204 0910_205 

お昼は美術館の中のカフェテリアで食べ、結局5時間半くらいいた。

美術館に行ったらいつものことだが足が疲れ、体力が必要なことを感じる。

帰りは紅葉を楽しみながら、セントラルパークを横切り、地下鉄に乗って帰ってきた。

0910_206 0910_207 

ニューヨークに出発前ネットで調べていたら、ハドソン川を上ってロックフェラー邸で

見る紅葉が最高で、波止場からツアーが出ていると書いてあったので、ぜひ行こうと

思っていた。

ホテルのコンシェルジュに調べてもらったら、ロックフェラー邸は1日に15名しか

受け入れず、11月末までは予約がいっぱいとのことで諦めざるを得なかった。

ただ、セントラルパークで紅葉が十分に楽しめたので満足した。

« 事業仕分け | トップページ | 映画「沈まぬ太陽」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨークの旅(5):

« 事業仕分け | トップページ | 映画「沈まぬ太陽」 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト