« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月19日 (月)

しばらくブログ休みます

明日から旅行に行くため、またしばらくブログを休みます。

行き先はニューヨーク。ボクはニューヨークへは出張で3度行ったことがあるが、

カミサンは初めて。

会員になっているヒルトンの去年のポイントが残っていて、今年いっぱいに使わないと

なくなってしまうので、以前から一度行こうと話していたニューヨークに行くことにした。

それにマイレージがたまっていて、ひとり分はタダで行ける。もうひとり分は、早取りの

JAL悟空チケットを2ヶ月くらい前に往復6万4千円で取った。

お金のかからない旅行になりそうで、うれしい。

時期は、ハドソン川の紅葉を見たくて10月後半に決めた。

マンハッタンにはカミサンの姪一家が長い間住んでいる。

結婚式に出て以来、久しぶりに会えるのが楽しみ。

先日、カミサンが電話したら、『寒くなってきたので防寒具を忘れないように。こちらで

前もって取っておいて欲しいチケットがあれば遠慮なく』

実はパスポートが11月で切れるのがわかっていたのだが、ギリギリになりやっと

更新の申請をして、先週木曜日に受け取った。

10年パスポート。さて10年後にもう一度10年パスポートを取る元気があるかどうか。

アメリカ入国のために必要となったESTA(電子渡航認証システム)もネットで申請した。

これでやっと”Ready to GO”態勢になった。

帰ったら、またゆっくりブログ書きます。

2009年10月18日 (日)

ケリーの帰国

アメリカから米軍横須賀基地に赴任してきた女性のケリーが隣に住みはじめたことは

7年4月のブログに書いた。

ケリーはシングルマザーで、来たときは24歳、6ヶ月の赤ちゃんのグレイシーと一緒に

住みはじめた。

あれから2年半、任期を終え、アメリカに帰国することになった。グレイシーも3歳に

なった。

いろんなことが思い出される。

『蜘蛛が出た!』と我が家に飛び込んできて何度もケリーの家に入り退治したこと。

住みはじめて3ヶ月くらいたったころ、仕事で招待されたのでどうしても行かなければ

ダメなのでと言われ、夜5時間くらいグレイシーを預かったこと。

大好きだった町内会の盆踊り大会に毎年親子で行ってたこと。

ゴミの分別方法がなかなか理解

できなかったこと・・・     Rimg0622 

今朝、グレイシーへのささやかな

プレゼントとお別れカードを渡した。

11月3日に日本を出発し、先ずは

米国海軍の本拠地のサンディエゴへ

戻り、1月に休暇を取って実家に帰る

予定だと話していた。

見知らぬ地に来て、子育てしながら働き、いろいろ大変だったろうが、いつも陽気な

ケリーだった。

ケリーだけでなく、半年くらい前から斜め前の家にやはり米軍横須賀基地に勤める

男性が住みはじめた。名前はラクさん。40歳くらいで独身。お医者さんで海軍の船に

勤務する船医。ベトナム出身で10歳半ば、ボートピープルとしてアメリカに渡った

経験の持ち主。千人くらいの軍人が乗ったブルーリッジという船の船医で、今も家に

いない。英語の専門用語がわからないが成人病が専門のようで、食事に対する注意、

それに、とにかく歩けと夫婦でアドバイスを受けた。

若いころはきっと苦労したことであろうが、とても穏やかな優しい人である。

まったく別件。今日驚きの発見があった。

1年くらい前にシイタケの菌を埋め込んだ原木を買ってきた。

すぐ出てくるのかと思っていたシイタケはまったくその気配なし。

半年くらい経ってやっとひとつ出てきた。そのあとまた気配なし。

シイタケつくりに詳しいテニスの仲間にいろいろ聞いた。『放っておけばそのうち出て

くるよ。日陰に置いて、散水してやること』と言われた。

ときどき思い出したように散水をしている。今日久しぶりに置いている木陰から散水を

するために出して見ると、びっくり!何と6つも出ていた。

カミサンが焼いて、今夜の食卓に並んだ。

Rimg0001 Rimg0004 

2009年10月17日 (土)

セミナー「見えないお客様をどう見つけるか」

フランチャイズ・パソコン教室キュリオステーションでは、月1回首都圏中心に教室の

店長を集めて会議をやっている。

以前何度も書いたことがある”シニアITアドバイザー(SITA:サイタ)の有資格者で

三鷹のパソコン教室で校長として活躍されている山根明さんにお願いして、キュリオ

ステーションの店長向けに3回シリーズでセミナーをやっていただくことになった。

山根さんとは8年近くのお付き合い。山根さんは今年74歳。とてもそのお歳には

見えない、若さと情熱、馬力の持ち主。

水曜日に第1回のセミナーが行われた。アレンジをした手前、ボクも出席した。

参加した店長は36名。20~30歳台が中心。

演題は「見えないお客様をどう見つけるか」

山根さんのお話は、「いま青春真っ盛り」からはじまり、マイクロソフトの推進する

アクティブシニア推進計画」のアドバイザリボード・メンバーに任命されたこと、

集客のむづかしさ、企画の大切さ、資格を取得する努力が必須であること・・・

中でも、受講者が自分たちと比較し驚いたのは、山根さん自らが中心になってやって

いるシニア向け講座「ゆうゆうサロン」の受講者が5年間で延べ1万人を超えたこと。

受講者が最も興味を持ったのは「見えないお客様をどう集めるか」。山根さんは実践

されてきたことを若い受講者に熱っぽく語られた。

シニアの特徴、学習特性から説いて、シニアに教える上での勘所を実体験に基づき

話された。インストラクターの心構えとマナーもしっかり説明された。

最後に、ぜひ読むことを勧めたいということで、3冊の本の紹介があった。

ここまで予定の1時間ぴったり。

そのあと、活発に質疑応答が行われた。質疑応答のあと、山根さんから事前に

出されていたふたつの質問に、当日その場で指名された4人が答えた。

 *「孫子の兵法」をヒントに、あなたのお店の現状と問題点および今後の対策を

 *シニアにパソコンを教えるときにあなたはどんなことに留意していますか。

    あなたが大切だと思うことを3点あげて簡単に説明してください。

すばらしいセミナーであった。

後日、キュリオステーションの社長から、お礼のメールが届いた。

『参加者から上がってきた感想文の中で、自分より40歳、50歳も年配の山根様が

現役で、しかも自分たちより努力し、さまざまな知恵を出し、そして考えておられる

ことに、まだまだ甘さを痛感したとのコメントが多くありました。明日から彼らの意識

そして行動が変わってくれるのではと期待しております』

大変有意義なセミナーであったとの評価で、仲立ちしたボクとしては大変うれしい。

山根さんは既に2回目、3回目のセミナーの内容について検討を始めて下さっている。

あと2回のセミナーも若い店長たちに大いに刺激を与えることになるものと確信する。

2009年10月15日 (木)

大学の寮の仲間飲み会

一昨日、大学の寮の仲間の飲み会があった。

会の名前は「惜春会」。年4回、有楽町帝劇下の大学のサロンでやっている。

教養課程を一緒に寮で過ごした仲間たちだから、お互い初めて会ったのは1962年。

何と50年近く前、まさに青春真っ只中の時代だった。それ以来の付き合いである。

ボクは万年幹事。と言っても、やっているのは、メーリングリストの管理、開催告知

メールを流すこと、それに会合の報告を送ることぐらい。

一昨日は遠来の参加者がふたり。

ひとりはシカゴから参加のTくん、もうひとりは大阪から参加のMくん、全員で11名。

今回もまた、にぎやかにいろんな話が飛び交った。

先ず、シカゴから参加のTくん。

成田に夕方5時前に着いて、そのまま大学のクラブに直行するとのメールが数日前に

届いた。

到着、みんなで拍手で歓迎。

そのあと全員びっくりする話が出た。

何と飛行機に乗る前日、シカゴマラソンに出たそうだ。

ほぼ毎年走っているのは知っていたのだが、出発の前日にフルマラソンとは。

見事、4時間14分で完走。65~69歳のクラスのうち24位だったとか。

次の話題は、Uさんから来年の旅行の話。

去年、同期のOくんの尽力で実現した信州旅行の第2弾。

今回は1年先輩が企画するとの話で、事前にメールのあったアンケートの結果報告が

あり、圧倒的に希望が多かった黒部峡谷方面に決まった。

1泊2日「立山黒部アルペンルート」案の説明があった。

あわせて日程も来年の5月12日(水)~13日(木)に決定。

大阪から参加したMくんから『関西以西のメンバーが集まって惜春会が近日中に

開催される予定』との話があり、『それじゃ、ぜひ関西の人たちにもこの旅行プランを

紹介してよ』ということになった。

旅行の話に次いで、一昨日のメインテーマは持ち回りでやっているスピーチ。

テーマは自由。スピーカーは次のスピーカーを指名する権利がある。

前回ボクがやり、今回は前回指名したNさん。

テーマは『戦争の真実とは』

大学の機関誌に掲載されていたNさんの論文『広田弘毅とさきの大戦について思う』

を見つけ、Nさんを指名した。

日本人論を織り交ぜながら、植民地政策、自虐史観など広範囲な話題が話され、

議論百出。

次回のスピーカーとテーマも決まった。Mさんの『寛政の改革と民主党』。

また、来年4回の東京惜春会の日程も決まった。

昨夜も、6時から9時まで、大いに盛り上がった。

2009年10月13日 (火)

映画「さまよう刃」

評判の日本映画2本を観た。

「さまよう刃」と「火天の城」。日本映画を観るのは久しぶり。

「火天の城」は安土城築城の宮大工をモデルにした物語。NHK大河ドラマ「天地人」と

同じ時代で興味があり、観たいと思っていた作品。

観たあとの印象は期待したほどではなかった。築城そのものはもちろん大変なことで

あったが、築城を映画向けに物語仕立てすることはなかなか容易ではないとの印象を

持った。

「さまよう刃」は期待通りであった。

「さまよう刃」のGooのポイントは84点。80点以上の作品には大体外れはない。

以下、Gooサイトからあらすじを引用。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

残虐な犯罪を続ける少年犯。彼らは“少年法”に保護されている。最愛の娘が、

少年達によって、凌辱され殺された。ある日、謎の密告電話により、失意のどん底に

落ちていた父親は、犯人を知ることになる。

「我が国の法律では未成年者に極刑は望めない!」、復讐が何も解決しない虚しい

行為だと分かっていながら、父親は自ら犯人を追う…。そして、父親を追う2人の刑事。

被害者の絶望は、永遠に消えない。そして、少年達は犯した罪と同等の刑を受ける

ことはない。「法律を守る」という建前の正義を優先する警察組織に、不条理さを感じる

刑事たち。それぞれが苦悩しながら、事件は衝撃の結末に向けて、加速していく…。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~

犯罪被害者支援にかかわる活動に参加していることは何度もブログに書いた。

8月23日に開催された国際被害者学シンポジウム」に参加したことも紹介した。

活動を通して、到底許せない殺人事件、その加害者にまつわる話はこれまで色々

聞いてきた。

極悪事件を犯した未成年者が、現行少年法の庇護のもとで守られることは、事件が

起きるたびに報道で知り、激しい怒りを覚える。

「さまよう刃」は見ごたえのある作品であった。

2009年10月12日 (月)

庭木の手入れ

カミサンから『やってよ、やってよ』と何度も言われ、そのたびに『涼しくなってから』と

言い続けてきた庭木の手入れ、十分に涼しくなり、言い訳ができなくなり、ついに重い

腰を上げ、2日続けて、午後2時間くらいづつかけてやった。

先ず、半年以上言われ続けてきた、

前庭の隅の一角にあるハランから。   Rimg0614 

はびこって大変な数になっていた。

やっていたら『ガンバってますねぇ』と

言いながら、隣のSさんが顔を見せ、

『ハランは根が張ってて、根を取るのは

大変。すし屋や弁当屋さんにあげれば

きっと喜ぶだろうにねぇ』

結局、300本くらい切って、さっぱりはRimg0617 

したものの、目隠しがなくなった。

Sさんから『裏の下水管も掃除した方が

いいよ』とアドバイスされた。そういえば

下水管なんて掃除したことがない。

ミカンの実が大きくなってきた。

夏、実が小さいとき、姉孫と一緒に実を

数えたら9個しか見つけられなかったが、11個ついていた。

肥料をまったくやってないので、甘みは期待できそうにない。肥料をやれば、もっと

実もつくだろうに。

今日午後は、中庭の手入れをした。小さい庭にいろいろ植えているが、手入れは

剪定するくらいで、あまりできていない。

31年前にこの家に越してきたころは、何もなかったこの中庭に色々手を加えようと

毎週末の庭つくりが楽しみだった。つくばいを買ってきて、地下にホースを這わせ、

中庭にある蛇口から水を引いて、つくばいに流れ込むようにしたが、今はつくばいの

水受けには落ち葉がたまっていた。

左の写真のザクロは結婚20周年記念に植えたもの。

右の写真のヤツデはカミサンから、全部切ってと言われ切ったら、さっぱりした。

ザクロも思い切って刈り込んだ。

Rimg0618 Rimg0620 

2日間で大きなゴミ袋3個、小さな袋10個近く、それに切った木や葉の束10束以上。

『時間をかけ、作業は大変だったけど、結果は大して変わりない』とカミサンに言ったら

平素ボクよりずっと庭の手入れをするカミサンも、『そうなの』と合意。

時間があるんだから、もう少々頻繁にやらなければと反省。

2009年10月 9日 (金)

政治家vs官僚

政権が民主党に代わり、1ヶ月ちょっと経った。

政治に関係する新聞のニュース、テレビ報道を見聞きするのが楽しみになってきた。

同時に、自民党の動向にはまったく興味がなくなった。

森や安倍の顔は見るだけでムシズが走る。

鳩山政権は、「ウミを出すこと」、「予算のムダを洗い直すこと」の2点に当面の行動を

しぼっているようだ。前政権の数々の負の遺産の尻ぬぐいは、強い意思と行動力

なくしてはできないということを、まさに見せつけられながら、改革は進んでる。

この数日間だけでも、①前政権の編成した今年度補正予算事業の執行停止、

②政府・与党一元化、③官僚の新しい人事評価制度、④外部人脈のフル活用、

それに昨日のネットニュースでは、官僚からの内部告発、いわゆるチクリを受け付ける

「目安箱」の設置・・・

官僚に対し、辟易感、嫌悪感を持っていたボクとしては、まさに溜飲の下がる思い。

総選挙前、菅さんが”政権交代先進国”であるイギリスに行き、前英副首相に官僚

操縦術の教えを請うた。

前副首相曰く、『官僚主導の答弁書を彼らにつくらせないこと。それをされたら政治的

決断はできない』。鳩山政権はこの教えを忠実に実行しているようである。

民主党基準で、”いい官僚”と”悪い官僚”を分け、政策変更に力を貸してくれる官僚は

抜擢し、そうでない抵抗勢力は干す、とのメリハリのきいた対応を取っていくことだろう。

菅さんは前英副首相からは別のアドバイスももらった。

『政権交代後はアレもコレもやりたいものだが、それを我慢しなければならない。もし

やったとしても、せいぜい各省ひとつにとどめること』

新聞にこう書いてあった。

『日本では長い間、「官」が「公」をほぼ独占してきた。「官」以外の市民社会の担い手は

「私」とみなされ、「公」への参画の機会を十分に与えられなかった。これからは「民」と

一緒に「公」を広げ、参画型民主主義を育て深める政治指導力こそが、望むところ

ある』

これからも毎日楽しみに、政治の動きを注視していきたい。

2009年10月 7日 (水)

横須賀さかな祭り

日曜日、我が家から歩いて20分の

横須賀魚市場で「さかな祭り」があり、Rimg0577 

初めて行ってみた。

今年は8回目とのこと。

初めて知ったが、横須賀は沿岸漁業の

水揚げ量、県下第2位だそうだ。

お祭りのキャッチフレーズは

「”魚ばなれ”に歯止めをかけよう!」

7時オープンでお昼の12時まで。7時半ころ行ったが、既に多くの人が来ていた。

さすが魚市場、なびいているのは大漁旗。

8回目のためか、来客者が喜ぶような催しがいろいろ用意されていた。

魚のさばき方教室、こちらも大人気で行列ができていた。

Rimg0611 Rimg0600

子供向けにもいろいろ趣向がこらされていた。

Rimg0583 Rimg0603 

こちらにもたくさんの人だかり。全国の魚を集め、11時からセリをやるとのことだった。

去年はあみ袋いっぱいのアワビが3千円で競り落とされたそうだ。

Rimg0595 Rimg0597 

大いに興味を引いたのは有人潜水調査船

「しんかい6500」の展示。Rimg0602 

「しんかい6500」は横須賀をベースに

活動していることを初めて知った。

2名のパイロットと1名の研究者が乗り込み

6500mまで潜り、1回の潜水時間は

約9時間とのこと。

パイロット自らが説明してくれ、興味深い

話がいろいろ聞けた。海の活用の必要性が強調され、その通りだと思った。

カミサンに文句を言われるかなぁと思いつつ、いろいろ買い、楽しいイベントだった。

2009年10月 5日 (月)

沖縄にて(6:最終回)

部屋がかなり片付いてきた。

孫たちの面倒をみている間、   Rimg0533 

娘は片付けに専念でき、助けになった。

姉孫ミサキが妹孫ユナに絵本の読み

聞かせをはじめた。

ひらかな、カタカナがかなりの

スピードで読めるよになってきた。

横須賀に帰る前日、初めて水着を

持って海に出かけた。Rimg0537 

行ったのは家から北東の知念。

車で20分少々、知念岬のコバルト色の

海はすばらしいかった。

あざまサンサンビーチというところまで

行き、ユナは初めて海に入った。

ミサキと違い、ほとんど怖がらない。

ハブクラゲが出るため、遊泳できる場所はロープで囲まれたところだけ。

広い浜には人はまばら。

Rimg0541 Rimg0549 

Rimg0556 Rimg0562 

知念からの帰り道、大家さんお勧めの沖縄料理の店に寄った。

馬天という漁港の近くの浜珍丁という、まさに沖縄料理屋だった。

Rimg0564 Rimg0566 

上の右のメニュー(クリックすれば拡大)にイラブー汁という料理がある。

これはウミヘビ料理で、大家さん夫婦は季節の変わり目、体に変調を感じたときに

食べに行くそうだ。

我々が食べたのはチミンダーバター焼き(左)と海ぶどう・マグロ丼(右)、そのほか

ゴーヤチャンプルなど。馬天の海でとれた海ブドウは絶品だった。

Rimg0570 Rimg0572 

翌日夜パパが出張から帰ってくることになっていて、任務を終えた我々は翌日午前の

フライトで横須賀に帰ってきた。

沖縄は仕事での2回の出張含め、今回たしか8回目だった。

旅行者であったこれまでと違い、今回は生活者の目線で沖縄を楽しんだ。

2009年10月 3日 (土)

横粂議員より届いたメール

先般の衆議院総選挙で、地元神奈川11区より立候補した民主党の横粂勝仁さんの

勝手連に参加し活動したこと、そして見事に当選したことは何度かブログで書いた。

当選後、横粂さんのテレビインタビューは何度か観た。

当選直後、横粂さんにお祝いのメールを送った。

多忙を極めていた状況が一段落したのであろう、返事をいただいた。

勝手連での活動を書いたブログも読んでくださったようである。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~    ~~~~~~

花房孝典 様
   
  こんばんは。横粂です。

  返信が大変遅くなってしまい、誠に申し訳ございません。
   
  頂いたご支援のお陰で、比例復活という形ではございますが、国政の場で活動できる

 ようになりました。

  ブログも拝読致しました。

  また是非お話させて頂きたく存じます。
   
  全力で頑張ってまいりますので、今後とも何卒宜しくお願い致します。
   
  横粂勝仁
   
  横須賀市上町2-1 川村ビル1階

  TEL:046-828-4010  FAX:046-821-5430

  よこくめ勝仁事務所

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~    ~~~~~~

これに対し、以下の返信を送った。

 横粂さん

 こんばんは、花房です。

 超ご多忙の中、ご返事ありがとうございました。

 ブログにも目を通していただいたとのこと、ありがとうございます。

 横粂さんに初めてお会いしたのは、あの暑かった8月8日の三春町の

 事務所開きの日でした。

 あの日初めて横須賀に来られたお母さんがとってもいい感じでした。

 初当選した数多くの民主党議員のトップになるとの気概で、どうぞ頑張ってください。

 末永く応援させていただきます。

 また機会がありましたら、上町の事務所に寄せていただきます。

   ~~~~~~   ~~~~~~   ~~~~~~    ~~~~~~

国政の場での活躍を心より祈念するとともに、横須賀を第2の故郷と考え、地元で

しっかり活動を続けていただきたい。

東京落選に思う

16年の夏のオリンピックの開催地決定の結果は今朝知った。

リオの決定は予想通り。シカゴが最初のステップで落ちたのは予想外だったが、

オバマ人気に乗じて、誘致アプローチをしてきた姿勢に対するお灸だったのだろうか。

昨夜2時まで起きていて、結果を知りたいとはさらさら思わなかった。

先ず、選ばれるとは思わなかったこと。それに北京開催直後であり、アジアで開催が

続くともとても思えなかった。45年ぶりと自分たちは思っていても、2度目であること。

それに、そもそも今の世の中の状況の中、加えて世界に冠たる大借金をかかえる

この国が大変な税金を使うオリンピックなどやる余裕はとてもない。

それよりなにより、最大の拒否理由は、知事の石原慎太郎が推進役であること。

4都市の中で、国民のオリンピック招致への熱意は一番低かったと聞く。報道では

招致に賛成は52%だったそうだ。

多くの人たちが上記のような理由から招致に諸手を挙げて賛成しなかったのであろう。

加えて、慎太郎がやっているからと、ボク同様に忌避反応を示した人も少なくなかった

のではなかろうか。

石原都知事は、オリンピック招致にうつつをぬかすのではなく、ほかにやらなければ

ならないことが山積しているはずである。

先ず、新銀行東京。昨年受けた400億円の追加出資の後はどうなっているのか。

最近マスメディアが新銀行東京の動向について話題にしなくなったことも大いに不満。

東京外環道は新政権がトーンダウンに乗り出してきた。そのほか周りから反対の多い

築地市場の移転問題・・・ 

石原都知事は自らは別格だとの認識であろうが、あなたはもちろん都民のために働く

一公僕である。

彼は言う。『オリンピックが誘致できれば、若者に希望を与えることができる』

とんでもない! 完全失業者は去年の8月に比べ、89万人増えたと昨日報道された。

国民全体が上昇意識に燃えていた、前回昭和39年にオリンピックが開催された時期

とは社会環境、国民意識、国民の世界観・・・まったく変わってきている。

読売新聞ネットニュースで、

『招致費用のうち、公費が100億円も投入されている。08年夏季五輪招致で、

北京に敗れた大阪市が使った公費約48億円の倍。負けた以上、金の使い道を

都民にきちんと説明しないと、示しがつかない、と東京の落選後、ある民主党都議は

語っている』 まったく、その通り!

石原都知事というのは、常識離れした金銭感覚を持った人間だと以前から思っていた。

慎太郎さん、『オリンピック誘致を自らの退き際に”花”を添えるとの思惑は見事、

というか予想した通り、外れましたね。この先は、退任するまでの残された貴重な時間

一公僕として山積する難題に、”逃げ出さないで”真摯に取り組み、結果を出し、それを

退き際の花としてください』

2009年10月 2日 (金)

沖縄にて(5)

連休で幼稚園が休みだった日、またまた子供(孫)サービス。

ちょっと遠出して(といっても40分くらい)沖縄市にある「沖縄こどもの国」へ。

沖縄市は以前はコザ市と呼ばれていて、米軍の駐留によって生まれた町で、沖縄の

市町村の中では最も米軍と深いかかわりをもっていた。今でも街中には英語表記が

珍しくない。

こどもの国に行く前に、娘が「子連れで楽しむ沖縄」という本で見つけた海沿いの街、

北谷(ちゃたん)にあるイタリアンレストランへ行った。Zenという店で、ここは当たりの

店だった。海のそばにあり、スープからデザートまでついて、1,000円。味もよく量も

たっぷり。子連れでも気兼ねなく楽しめる店だった。

Rimg0484 Rimg0485_2  

北谷から「沖縄こどもの国」までは

15分くらい。                  Rimg0488 

72年、沖縄は27年間の米軍統治を経て

日本に復帰。沖縄県の本土復帰記念

事業の一環でつくられた施設。

動物園、乗り物、遊具、公園などがあり

大変広い。

妹孫のユナは動物園はほとんど未体験。

初めて見る動物たちに興味しんしん。

Rimg0492 Rimg0496 

Rimg0498 Rimg0504 

中でもふたりが一番喜んだのは、動物ふれあい広場。

100円のエサを3回買わされた。姉孫のミサキは以前は怖かったエサやりだが

大丈夫になっていた。1歳半のユナはこわごわ。

Rimg0514 Rimg0518 

最後は乗り物広場でゴーカート。ミサキは得意げに運転。ユナは神妙に乗せて

もらっていた。石で造られた動物にもふたりとも何度も乗っていた。

Rimg0525 Rimg0530

2009年10月 1日 (木)

沖縄にて(4)

6時過ぎに目が覚め、アパートの裏を

1時間くらい散歩した。  Rimg0474

ざわわ、ざわわと風になびく

サトウキビ畑がとてもさわやか。

沖縄では魔よけのために多くの家に

ふたつのものが置いてある。

ひとつはシーサー、もうひとつは石敢當。

「石敢當(いしがんとう)」は人々の

平和な生活を乱しにやってくる魔物は、なぜか曲がるのが下手で、T字路や

三叉路に突き当たり、袋小路の奥などにおかれている「石敢當」の石板に激突し、

砕け散ってしまうといういわれからだそうだ。

右の写真のシーサーは屋根の上と門の両側に置かれていて、三つとも同じ方向を

向いている。向いている方向に意味があるのだろう。

Rimg0476 Rimg0478

この日は大家さんから教わったお勧めの場所に行った。

垣花樋川」(かきのはなひーじゃー)という、きれいな海を臨む高台にある湧き水の

水場。地元の人たちが家族連れで来て、のんびり楽しむ場所で、一般の観光客には 

あまり馴染みのない場所。環境庁が選んだ「日本名水百選」のひとつ。

車を置いて樋川まで降りていく道は急で、100m以上ある急坂を、妹孫を抱いての

登り降りは大変だった。

湧水は山の上の奥から出てきていて、下の池に落ちている。

Rimg0445_2   

Rimg0460 Rimg0462

Rimg0464 Rimg0463

子供たちには格好の遊び場。孫たちはなかなか池から上がってこなかった。

Rimg0456 Rimg0459

海の眺めがすばらしい。家族が木の下でお弁当をひろげてくつろいでいるのが

とってもよかった。我々も用意したお弁当を美味しく食べた。

聞こえてくるセミの鳴き声は聞いたことのない鳴き声だった。セミの種類も違うのか。

Rimg0461 Rimg0448

この日の夜は大家さんに教わった

魚屋に行って魚を買い、夕食にした。Rimg0468

夕方だったため、魚屋さんが

刺身をおまけしてくれた。

この日もゆったり健康的に

過ごした一日だった。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト