« 沖縄にて(2) | トップページ | 沖縄にて(4) »

2009年9月29日 (火)

沖縄にて(3)

娘宅の引越し荷物は日々片付いてきた。

横浜から送った荷物の個数は254個。  Rimg0404 

横須賀に帰るときには20数個になった。

片付け作業は、当然のことながら娘が

中心にやり、ボクの役目はふたりの孫を

風呂に入れること、ゴミの整理とゴミ出し、

それと片付け作業の邪魔にならないよう、

孫たちと遊んでいることだった。

駐車場の一角に大家さんの奥さんのやっているアロマセラピー教室があった。

孫たちはここで飼われている犬のゴンと仲良しになった。

大家さん夫婦には、見どころ、食べどころほか、地元の人たちが知るお勧めポイント、

お店をいろいろ教わった。

連休で幼稚園が休みだった日、娘がRimg0416 

子供たちが遊べるところへ行きたいと言い

家から車で10分少々のところにある

おきなわワールドに出かけた。

おきなわワールドのウリは玉泉洞という

鍾乳洞。

ハイビスカス(左)とブーゲンビリア(右)が

園内あちこちに咲いていた。

Rimg0418 Rimg0417 

おきなわワールドは玉泉洞のほか、沖縄の

歴史・文化・自然を盛り込んだテーマパーク。  Rimg0419 

ミサキは『これやりたい!』と言い、

紅型(びんがた)と呼ばれる、沖縄を

代表する伝統的な染色技法塗りに

挑戦した。

ぬり絵のおかげで線の中に色を

ぬっていくことは出来るようになった。

熱帯植物園もあり、さまざまな珍しい植物を楽しめた(左 アボカド、右 パパイヤ)

Rimg0434_2 Rimg0435

最後に玉泉洞を見に行った。

鍾乳洞を見るのは40年くらい前に秋芳洞を見て以来。

玉泉洞は全長4,500メートル。そのすばらしさに、ただただ感動!

1ミリ成長するのに3年かかるそうで、石灰岩からにじみ出てくる水滴が造りあげた

見事な作品。

上から落ちてきたしずくが下に落ち石筍となり、石筍が大変な年月をかけ上に伸びて

いき、下に落ちないで上部に残った水滴でできたものと合わさり、最終的に石柱に

なったものが鍾乳石。

写真を撮ったが、ボクのカメラとテクニックではとてもムリ。

リアルな写真こちらをどうぞ。

Rimg0431 Rimg0422 

結局、おきなわワールドには昼前から夕方まで6時間以上いた。

« 沖縄にて(2) | トップページ | 沖縄にて(4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄にて(3):

« 沖縄にて(2) | トップページ | 沖縄にて(4) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト