« ヨーロッパの旅(22:ベルギーの地方の街④) | トップページ | 通院つづき »

2009年8月19日 (水)

お盆休み

お盆の前、娘から『パパが出張で子供たちが退屈しているので、熱海に行かない』

と連絡があった。即、『OK、行こう』と返事。

夜出た方が車がすいているだろういうことで、横浜に寄って3人をピックアップし、

そのまま熱海へ。孫たちは車の中でぐっすり。

翌朝、早く目を覚まし起こされた。   Rimg0264_2 

1歳4ヶ月の妹孫のユナが姉孫ミサキと

同じことをしたがる。お店屋さんごっこ、

お絵描き、シマジロウのビデオ・・・

おねえちゃんと一緒ではダメで、自分の

ものがないと納得しない。

いつものことながら、ミサキがみんなの顔と

お手紙を書いてくれた。

Rimg0262_2

Rimg0199

ミサキは楽しみにしていたプールに泳ぎに行った。

娘から聞いていた通り、ミサキは背面キックが10m以上泳げるようになっていた。

妹孫のユナは大胆。初めてのプールだったがまったく怖がらない。

顔に水がかかっても泣かないし、ミサキとは大違い。

Rimg0208 Rimg0220 

翌日は小田原に出かけた。

子供たちが遊べる遊園地が小田原城址公園にあり、連れていくことにした。

その前にお昼は、以前NPOの仲間の旅行で箱根に行ったとき、みんなで寄って 

気に入った小田原の早川漁港のそばの食堂「谷」へ行った。

漁師やタクシーの運転手がなじみの店。こういう人たちが馴染みの店に外れはない。

金目の煮付けに刺身がついて950円。ご飯も味噌汁も美味しい。デザートにコーヒー

までつく。

Tani_2 Rimg0233 

Rimg0224 Rimg0229 

食堂には奥さんの孫たちが夏休みで遊びにきていた。

ベーゴマ回しやお絵かきなどで遊んでもらい、ふたりは大喜び。別れるとき、ミサキも

ユナも何度も何度も『バイバイ、バイバイ』と言っていた。よほど楽しかったのだろう。

Rimg0241 Rimg0236 

2時間くらい食堂「谷」で食べて遊んだあと、車で10分くらいのところにある小田原

城址公園へ行った。

ここは以前来たことがあり、様子がわかっていて、すぐ子供遊園地へ。

乗り物券を買って早速乗り物へ。ユナが気に入ったのは電動のふね。

いつも乗っている公園にある動かない乗り物と違うため、大よろこび。

Rimg0257 Rimg0258 

ミサキが『じぃじと一緒に乗りたい』と言い、つきあう。

   Rimg0246_2     Rimg0253

このあとゴーカートに乗り、全乗り物制覇。

ここは市が援助しているのか、乗り物料金が30円、80円と安くていい。

Rimg0254 Rimg0243

帰り、城址公園の名物の象のウメコを見た。62歳、インド象としては国内最高齢。

『今度来るまで元気でね』と言いながら、ここでも『バイバイ』

ふたりは一日楽しみ、帰りの車の中でぐっすり。

« ヨーロッパの旅(22:ベルギーの地方の街④) | トップページ | 通院つづき »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お盆休み:

« ヨーロッパの旅(22:ベルギーの地方の街④) | トップページ | 通院つづき »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト