« 裁判傍聴 | トップページ | 自民党断末魔 »

2009年7月12日 (日)

ヨーロッパの旅(17:美術館・博物館巡り③)

パリではオルセー美術館に行った。

オルセー美術館とルーブル美術館は近い。だけど夫婦どちらからもルーブルに行こう

という声は出なかった。

オルセーに行って正解だったのではと思う。

外から見ただけだが、ルーブルはオルセーの数倍以上ありそうだった。オルセーでも

広くてヘトヘトになったのに、ルーブルに行ってたらきっと広さに圧倒されたことだろう。

オルセー美術館の建物はもともと1900年のパリ万国博覧会の開催に合わせて

建設されたオルセー駅の鉄道駅舎兼ホテルだったそうだ。美術館の中央ホール

(写真右)は、駅の地下ホームの吹き抜け構造をそのまま活用しているとのこと。

Cimg1567 Cimg1591

入ったところ近くに寄付した会社やCimg1569

組織の名前が掲載されていた。 

日本の会社の名前がやたら多かった。

キャノン、大日本印刷、JR東・西、

大林組、アサヒビール・・・

むかし学校の美術の時間で習った

なじみのある有名作品がそこらじゅうに

さりげなく展示されていた。しかも手を伸ばせば触れる位置に。

全体的に印象派の作品が多かった。

ミレー、マネ、モネ、ルノワール、ゴーギャン、ゴッホ、コロー、アングル・・・

Cimg1595 Cimg1597

   Cimg1587      Cimg1589

Cimg1584_2 Cimg1586_2

途中歩き疲れてイスに座って、15分くらいぐっすり寝てしまった。

大きな美術館を楽しむには、体力と忍耐が必要だとあらためて感じた。

« 裁判傍聴 | トップページ | 自民党断末魔 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヨーロッパの旅(17:美術館・博物館巡り③):

« 裁判傍聴 | トップページ | 自民党断末魔 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト