« ヨーロッパの旅(3:出会い②) | トップページ | ヨーロッパの旅(4:出会い③) »

2009年5月31日 (日)

アメリカからのうれしい報せ

アムステルダムに着いた翌日、パソコンを開いたら昔一緒の職場にいた小林君から

大変うれしいメールが届いていた。

小林君それに彼の家族のことは何度かブログに書いた。在職中にアメリカの大学で

MBAを取得し、アメリカ人女性キャサリンと結婚。3女をもうけ、サンディエゴの近くの

カールスバッドに居を構え日米の企業連携を務めるコンサルタントとして活躍している。

ちょうど1年前夫婦でカールスバッドを訪ね、1週間近くフルアテンドしてもらい、大変

お世話になった。その小林君からのメールだった。

『5年間の努力が実り、昨日、正式に契約が完了した』との大変うれしい報せであった。

日米の企業連携の第1号が見事に実を結んだのである。

アリゾナにある細菌検知専門のベンチャー企業IMDの持つ技術力を、計測と制御が

専門山武が注目し、当ベンチャー企業の経営権を取得し、グローバル展開に乗り

出すことになったのである。小林君はまさに仕掛け人であり、彼がいなければ起こり

得なかった話である。

このニュースは日米で発表され、日本では「山武、ライフサイエンス市場での事業展開

米社の経営権を取得」とのタイトルで、5月8日の日経ネットで報じられている。

自分のことのようにうれしい報せである。

小林君は新しい組織のCFO(財務責任者)に就任したそうである。

1年前カールスバッドを訪ねた折に、ベンチャー企業IMDのあるアリゾナのツーソンに

ぜひ案内したいと小林君から強く勧められたがスケジュールの調整が難しく断った。

またアメリカ西海岸に行く機会があれば、今度こそぜひ彼の会社に連れて行って

もらおう思っている。

小林君の”American Dream”が大きく羽ばたいていくことを遠くから応援していきたい。

« ヨーロッパの旅(3:出会い②) | トップページ | ヨーロッパの旅(4:出会い③) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アメリカからのうれしい報せ:

« ヨーロッパの旅(3:出会い②) | トップページ | ヨーロッパの旅(4:出会い③) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト