« 地デジ移行 | トップページ | 娘宅へ »

2009年4月28日 (火)

裁判傍聴

昨日朝熱海を出て、知り合いの交通事故の民事裁判を傍聴するため、東京地裁に

行った。

原告は、一昨年の6月、当時17歳の息子さんを亡くされたご両親。

息子さんが運転していたバイクにワゴン車がぶつかり、息子さんは亡くなった。

検察は加害者を不起訴処分とした。

ご両親は民事裁判で事故の真相を明らかにしようと頑張られている。

この事故処理には極めて不自然な点がある。

それは警察が作成した実況見分調書につけられた事故現場の見取図が2枚ある

ことである。1枚目は事故直後、2枚目は事故から3ヶ月後に作成されている。

そのため、事故を担当した警察官を証人として裁判所に召喚し、2枚の見取図が作成

されたいきさつを質そうという方向で審理は進みつつある。

違った見取図が2枚作成されることは極めて異例で、まったく納得できない。

ご両親を応援しながら、事故の真相が明らかにされていく過程を見届けたく、これからも

傍聴を続けていこうと思っている。

ボク以外に3人の人たちが傍聴に来ていた。たまたまそのうちのひとりの方とは面識が

あった。相談したいことがあると言われ、裁判が終わったあとお昼をご一緒した。

彼女は3年半前、お母さんを飲酒・ひき逃げの加害者に殺された。

事故から1ヶ月後加害者は捕まり、2年間刑務所に服役した。

その酷い加害者を相手に、弁護士はついているもののひとりで民事裁判を闘っている。

困っていること、悩んでいることが話の中でいろいろ出てきた。

平穏に暮らしていた人が、何故こんな酷い人間に苦しめられなければならないのか、

その不条理さに激しい怒りを覚えながら話を聞いた2時間だった。

« 地デジ移行 | トップページ | 娘宅へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裁判傍聴:

« 地デジ移行 | トップページ | 娘宅へ »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト