« 刑事裁判傍聴(2) | トップページ | 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »

2009年3月 6日 (金)

西松建設違法政治献金

このところ連日のトップニュースは、西松建設の小沢への違法献金事件。

ニュースを聞いて先ず思ったのは、所属政党は変わろうとも、ロッキード事件の田中

角栄、佐川急便事件の金丸信、リクルート事件の竹下登の流れをくむ小沢一郎は、

やっぱり依然として、政治と金の問題にまみれていたのだということである。

小沢は強気の発言をしているが、国策捜査をにおわす発言をした以上、検察は自らの

威信と意地をかけて徹底捜査することは間違いない。

今後、西松サイドの逮捕者がどんどん吐くことになるだろうから、早晩小沢は代表辞任

に追い込まれることになるであろう。

小沢、それに現民主党執行部が総退陣すれば自民党は一層脅威を感じるはずである。

ポスト小沢は岡田克也元代表が有力と新聞は報じている。小沢や手垢のついた感じの

現執行部よりずっと清新さがあり、信頼できそうである。

今のままだと自民党は小沢に留まって欲しいと思っていることだろうし民主党は麻生に

留まって欲しいと思っているはずだ。何ともお粗末な限りである。

小沢の秘書の逮捕を受けて、自民党の二階や森などが金を返しはじめた。

特に、二階はこれまでいろいろな贈収賄事件で名前が取りざたされてきた。

皆、口をそろえて『ふたつの政治団体が西松とかかわりがあることは知らなかった』と

言っている。明らかにウソだ。献金を受けた人間が献金元がどこの誰だか知らなかった

なんてあり得ない。連中は、誰がどれだけ出したかしか興味がないはずである。

検察にはこのウソを是非とも暴いてもらい、違法な献金であったことを認識していた

ことを明らかにし、小沢だけでなく、関係した者全員を巻き込んだ”西松疑獄”に発展

させてもらいたい。

天下国家を思い、憂いている政治家なんてまったくいない。皆自分の選挙と金のこと

しか考えていない。最悪、最低の情けない政治家たちにこの国を託しているのかと

思うと、まったく情けなくなる。

それにつけても思い出すのは『篤姫』で有名になった薩摩藩の28代藩主、島津斉彬の

ことである。

斉彬が生涯を通し貫いた信念は、『思い邪(よこしま)無し』

斉彬は『国中の者が豊かに暮らすことができれば、人は自然にまとまる』の考えのもと

産業を興し、社会基盤を整備しながら日本を強く豊かにしていくことに奮励、尽力する

ことに生涯を捧げた。

このような立派な人は、もう永遠にこの国には出てこないのであろうか。

« 刑事裁判傍聴(2) | トップページ | 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西松建設違法政治献金:

« 刑事裁判傍聴(2) | トップページ | 映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト