« SITAの思い出(3) | トップページ | SITAの思い出(4) »

2009年2月11日 (水)

熱海にて(1)

先週金曜日から熱海に来ている。

カミサンを誘ったが、体調を理由に断られたのでひとりで来た。

食料、食材を買い込んでレシピの書いてある新聞もいくつか持って、しばらく籠城できる

態勢で(笑)、自衛してきた。持ってきた中、特にアンコウ鍋とステーキは美味かった。

横須賀と熱海で、ケータイでメールのやりとりをする以外は連絡することもなく、お互い

気ままに過ごしている。お互いの様子は相手のブログを見ればわかる。

持ってきた本を読み、ブログを書き、新聞数紙にじっくり目を通し、ほぼ毎日近くを歩き、

夕方はマンション内のジムで汗を流し、という毎日である。

そういう中、今朝観たNHKの2時間番組”双方向解説 そこが知りたい!”は、大変

面白かった。政治・経済・福祉・労働・海外の各分野を担当する男女の解説員・記者が

意見を述べ合う番組だった。

雇用、政治、経済、企業経営、セーフティネット、海外事情・・・、鋭い視点から意見や

思いがどんどん出て、なるほどそういう考え方もあるんだと思う点も多々あり、聞き

飽きた評論家がコメントする番組に比べ新鮮さを感じた。

こちらに来てすぐ聞いたのは、 Rimg0592 

20日くらい前に起きたマンションの

すぐそばでの火事の話。

放火・殺人未遂で61歳の女が逮捕

された事件であった。アパートなど3棟

250㎡が焼けた。人口4万人の

熱海では結構大きな事件である。

火事現場を見たあと、昔よく愛犬チェリーを連れて散歩した道を歩いていると、途中

日曜日しか開いていない坪内逍遥の旧家双柿舎がオープンしているのを見つけ、

久しぶりに見学した。坪内逍遥は早稲田大学創立の功労者であったことから、別荘は

早稲田大学に寄贈された。双柿舎は庭園に植えられた2本の柿の木から命名された。

Rimg0596 Rimg0599 

双柿舎のあと町中を流れる糸川沿いに

植えられた早咲きの熱海桜を見に行った。  Rimg0605 

満開は過ぎ、散りはじめている感じだった。

早咲きでは伊豆の河津の河津桜が有名で

ある。熱海桜はまだ知る人ぞ知るのレベル。

いつの日にか河津桜を凌ぐ日が来ることを

熱海ファンとしては願っている。

糸川のあと海岸まで歩き、帰りスーパーに

寄り、買い物をして帰った。

この日の万歩計の数字は8千歩超。

« SITAの思い出(3) | トップページ | SITAの思い出(4) »

コメント

おじゃまします!
熱海の火事は放火だったんですか、、驚きです!!
よく犯人が見つかりましたねえ。
マンションから近かったから恐かったでしょうねえ。

TAKさんはよく歩いているようですね。
こちらはお医者さんにもう一度行って追加のお薬をもらってきました。月曜日までお腹の具合が悪くって、、それに寒いんですよ。
歩くのをちょっとサボっています。昨日も2000歩でした(^-^;

放火した女は出火後、行方をくらましていたが、翌朝警察に
出頭してきたとのこと。2軒となりの中華料理店も2階が燃え
休業状態で気の毒。
夜中の12時ころの出火でマンションの人たちも大変だったよう。
特にすぐそばが印刷屋さんなので引火しやすいものが色々あり
みんな心配したそう。

歩いているだけでなく、毎日ジムで運動してるよ。
その後体調はどうなんだろう。
こちらは気密性の高いマンションなので寒さはずっと違い、
ストーブもコタツもなしで大丈夫。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海にて(1):

« SITAの思い出(3) | トップページ | SITAの思い出(4) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト