« 熱海にて(2) | トップページ | カンボジャの記憶 »

2009年2月17日 (火)

怒り心頭!

しどろもどろの「醜態」を世界中にさらした中川が辞意を表明したというニュース、

まったくどうなっているのかとテレビの前で怒りがまたまた噴き出した。

とんでもない人間に国ならびに非常事態を任していたのかと思うと、心底憤りを覚える。

予算と関連法案が衆院通過後に辞任すると言ったが、即刻辞めさせるべきだ。

    ※与野党からの『辞任すべし』コールで夕方自ら辞めた。これも二転三転、発言にも

    明らかにごまかしがある。

最初の辞任ニュースを聞いたとき、したたか極まりない財務省の役人たちが、辞めると

言った大臣の言うことを聞くはずがないし、中川も仕事ができるはずがないと思った。

追い込まれることはわかっていたのに、すぐクビにしなかった麻生がまたまた「醜態」を

さらした。決断できず、またもや、ぶれぶれ。

中川のあの「醜態」は酒以外考えられない。

飲酒の欲求すら抑えられない男に未曽有の経済危機を任せてきたのかと考えただけで

怒り心頭。

それとともに、今朝予定されていた衆議院予算委員会と参議院財政金融委員会は

中川が病院に行き欠席したため流会になったと聞き、これも頭にきた。

這ってでも仕事に行け! サラリーマンですら少々のことでは休めないし、休まない。

風邪ごときで病院なんて行くな!

激務、疲労は当たり前。厳しい状況を乗り越えなければならない立場にいるのだから。

午後のニュースではたしか入院すると言っていた。逃亡した安倍を思い出す。

泥酔し世界に「醜態」をさらし、挙句の果ては入院逃避!

クビ切り、失業、疾病、自殺・・・、国民はどれだけ厳しい状況におかれていることか。

ここまで政治が地に堕ちた時代はないのではなかろうか。

この国の行く末はどうなるのかと国民の大半が心を痛めている。

とにかく選挙で、我々ひとりひとりがどうあるべきかを票で訴えていく以外道はない。

« 熱海にて(2) | トップページ | カンボジャの記憶 »

コメント

まったくどうしようもないですね!
ひょっとこ太郎にデン助中川!
隣にいたのは日銀の、、、。
酒の匂いがしてたでしょうに。
番記者も同罪ですな!

コメントありがとうございます。
もうホントに愛想が完全につきました。
最近はひょっとこ太郎の顔を見るだけで
腹が立つので、相当重症です。

デン助中川はそもそも次の選挙はヤバイと
言われていたので、致命傷になったことと思います。

自民党の敗北だけでなく、どうしようもない議員が
在庫一掃されることを心底願っています。
久間だとか赤城だとかも含め。
もう選挙民がタダではすまさないこと、信じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒り心頭!:

« 熱海にて(2) | トップページ | カンボジャの記憶 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト