« 娘たちの来訪 | トップページ | 10日ぶりの横須賀 »

2009年1月10日 (土)

熱海から横浜へ

6日火曜日、娘と一緒に孫ふたりを連れて横浜の娘宅に移動した。

娘だけで電車に乗せて帰すのは忍びがたく、年賀状ほか横須賀の家も気になるし、

それに7日のお昼に横浜駅で人に会う約束にしていたため、しばらく残るというカミサン

をおいて、横浜の娘宅に行くことにした。

一晩横浜に泊まり、翌朝待ち合わせ場所の横浜駅そばのホテルに出かけた。

初めて会う方で、日野市の市議会議員のSさん。

12月1日のブログにハートバンドと呼ばれる犯罪被害者団体ネットワークが主催する

全国大会に参加したことを書いた。

Sさんはハートバンドの事務局長。ボクの知っている人づてにSさんに連絡が入り、

年末Sさんから電話をいただいた。

お互いの紹介からはじまった。Sさんは41歳。33年前お父さんを交通事故で亡くされ

お母さんが遺された3人の子供たちを育て、Sさんは、あしなが育英会の奨学金で

大学に行くことができたとのこと。日野市の市会議員歴は15年。

自らの体験をもとに「命」をテーマに、”あしながさんの愛を政治に”をモットーに掲げ、

無所属議員として立候補し、初当選以来地道に活動を続けられている。

活動のひとつがハートバンドへの関わりである。

11時に会い、食事をしながら延々と2時過ぎまで話していた。

すばらしい方だった。とてもいい時間が共有できた。

心が洗われる話、共感を覚える話がたくさんあった。

ハートバンドに参加している全国の団体は19とのこと。団体間の「ゆるやかな連携」

という言葉が何度も出てきた。仲間を増やすこと、つながる強さを求めていくことの

重要性を熱っぽく話された。

市議会で何度も否決されたのち、地方自治体としては初めて、5年前に日野市で

被害者支援条例が制定されたそうである。今年度は基本計画作りを進めていて、

市役所の7部署が連携した組織も出来てきたとのこと。

その上で、今年取り組むテーマは「自殺」と「貧困」。

年明けに日比谷の派遣村にも行ってきたと言われていた。

『施策を一層推進していく上で今年は大変重要な年であり、また市議選が行なわれる

年でもあり、今までと同じレベルでハートバンドに関われるかどうか心配である。

そのため一緒に進めてもらえる人材が必要で、ぜひ力になって欲しい』との依頼を

受けた。現状の問題点を率直に話され、その上でごり押しされることのないSさんの

人柄に惹かれたこと、それにSさんがやろうとされていることを成就していただくため

にはお手伝いが必要であることを考え、Sさんの依頼をお受けすることにした。

31日と1日に全国の19団体が集まり、1泊の合宿で今年の活動方針について

議論する会合に誘われ、参加することにした。

お引き受けした以上、無理のない範囲で出来る支援をさせていただこうと思っている。

« 娘たちの来訪 | トップページ | 10日ぶりの横須賀 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海から横浜へ:

« 娘たちの来訪 | トップページ | 10日ぶりの横須賀 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト