« 我が家の正月恒例 | トップページ | 娘たちの来訪 »

2009年1月 5日 (月)

「冨嶽三十六景」

葛飾北斎の代表作として有名な「冨嶽三十六景」を熱海のMOA美術館展示して

いるということで、お正月らしい催しなので観に行った。 

MOAには何度も行ったことがある。海の見えるすばらしい場所にある美術館。

マンションにMOAの役員をやっている方がいて、今回は招待チケットをいただいた。

MOA美術館の創立者は岡田茂吉さん。紹介サイトによれば、『美術品は決して独占

すべきものではなく、一人でも多くの人に見せ、娯(たの)しませ、人間の品性を向上

させる事こそ、文化の発展に大いに寄与するとの信念のもと、戦後、東洋美術の

優品の蒐集につとめた』

「冨嶽三十六景」もすべて岡田茂吉さんの所蔵作品。

MOAはMokichi Okada Associationの頭文字をとったもの。

Rimg0445 Rimg0449 

「冨嶽三十六景」には、江戸、相州(神奈川)、駿州(静岡)、甲州から望む富士山が

版画で描かれている。

題名の通り36図が出版されたが、非常に好評であったため、後から10図が追加され

最終的に46図のシリーズになったとのこと。

中でも左の”凱風快晴”、右の”神奈川沖浪裏”は特に有名。

01 03 

好天でもあり、ロビーから見える海は最高だった。

初島、それにこの日は伊豆大島がきれいに見えた。

Rimg0455 Rimg0465 

ロビーフロアーの下にあるムアの彫刻が置いてある広場から見る海も大好き。

階段の途中から海を望むと、ちょうど額縁の中にある海を見ている感じに建物が

設計されている。

Rimg0462_2 Rimg0463 

途中、娘から『パパが出張なので明日からそちらに行ってもいい?』とメールが入り、

『どうぞ、どうぞ』と返事。思いがけず孫たちに会える、うれしい!

« 我が家の正月恒例 | トップページ | 娘たちの来訪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「冨嶽三十六景」:

« 我が家の正月恒例 | トップページ | 娘たちの来訪 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト