« 息子の仲間の来訪 | トップページ | クリスマス発表会 »

2008年12月10日 (水)

岩波新書『金融権力』

大阪産業大学教授 本山美彦さんの書いた『金融権力』~グローバル経済とリスク

ビジネス~(岩波新書)を読んだ。

『多くの著作で米国型グローバル経済の病理を批判し続けてきた本山さんが日本の

金融政策に警鐘を鳴らす』との紹介にひかれて読んだ本だった。

思ったとおり興味を引く内容であった。

1冊の本を要約するのは難しい。以下ポイントを紹介。

投資銀行は、富裕層の「会員制クラブ」であるファンドからお金を募り、金融工学を

駆使して投資に回す「ハイリスク・ハイリターン」を売り物にする。

現代の金融ゲームにおける「ハイリスク・ハイリターン」という言葉には、高尚さの

カケラもなく、危険な相手に高利で金を貸し、さらにそのリスクを様々な方法で他者に

転嫁して、「ハイリターン」だけを当然の報酬として確保する。

サブプライムとは、信用度の低い相手に住宅ローン会社が高利で金を貸し付けた

ものであり、要は高利貸し。この債権がABS(資産担保証券)として投資銀行に

売られ、投資銀行は大量のABSを組み合わせて新たな証券を作り、ヘッジファンド

などに売った。これが「仕組み債」である。この「仕組み債」が今度は返済の優先順位

ごとに区分されたCDO(債務担保証券)といわれる金融商品となる。

これらにムーディーズやS&Pといった有力格付け会社が格付けをし、トリプルAを

与えモノラインといわれた金融保証会社も「信用」に一役買った。これで本来ある

リスクは完全に隠され、世界にばらまかれた。

これらのシステムの闇がサブプライム問題で一気に露呈した。

ほかの金融機関と異なり取引内容の秘匿が可能なファンド、大企業の経営を左右

する格付け会社、日本の天下りの比でない壮大なアメリカの金融権力機構・・・

まさにこれら『金融権力』が紹介されている。

1回読んだだけではついていけない部分が多くあったが、新しい知識を与えてくれた

本であった。

« 息子の仲間の来訪 | トップページ | クリスマス発表会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩波新書『金融権力』:

« 息子の仲間の来訪 | トップページ | クリスマス発表会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト