« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月30日 (火)

今年も熱海で年越し

28日日曜日夜、カミサンと熱海に来た。

熱海のマンションに住んで13年目。このところずっと熱海での越年が年末年始の

パターンになってきた。

管理人の奥さん手作りのお正月の飾り付けができていて、新年を迎える準備が

整っていた。

Rimg0396 Rimg0398  

管理人さんに不在時の熱海新聞の取り置きをお願いしていて、今回も約1ヶ月分

目を通した。

以下、目についた記事を興味を持った順に紹介。

(1) 財政危機に対応するため行財政改革プランが見直され、新庁舎建設が大幅に

   延期された。およそ50年前に建設された現庁舎は老朽化が著しく進み、

   加えて低い耐震性能が問題視されてきた。しかし後期高齢者負担金の増、

   ふたつの中学校の耐震工事ほかの費用負担を優先し、新庁舎の建設は

   10年後をメドに延期されることが決まった。

   新庁舎が建設されるまでは分庁舎で対応するとのこと。

   分庁舎計画では市内の大型スーパーマーケットの2フロアーを借り、市役所の

   基幹部門を移すことが計画されている。熱海市の財政はイエローカードが

   出かねない状況にある。新庁舎建設延期ならびに分庁舎で凌ぐ案は歓迎すべき

   英断である。

   厳しい財政状況の中、本年度退職する36人の職員に払われる退職金総額は

   約8億8千万円。平均支払額は2,438万円とのこと。

   思った以上の額で大企業の中間管理職とほぼ同額。退職金はもちろんすべて

   税金でまかなわれる。釈然としないものを感じる。

(2) 応援している民主党・市民クラブ議員団提案の「期末手当を含む議員報酬の
 
   8%削減」が議会で僅差で否決された。『市の財政は危機的状況にある。

   市民には上下水道料金引き上げなどの負担をお願いしなければならず、

   市職員には8%の賃金カットも認めてもらっている。議員報酬も8%カットして

   市の財政再建に貢献していこう』との趣旨の提案であった。

   否決されたことは、大変残念である。

(3) 暗いニュースばかりではない。不景気で遠方への旅行が敬遠される中、

   熱海への観光客は今年は大変好調であった。各種文化イベントの主催会場

   として使われる起雲閣の入館者は昨年同期に比べ1.5倍。

   大型クルーズ船「にっぽん丸」がこの1年間で3回熱海港に寄港したことも
  
   うれしいニュースである。

   また、これからは熱海は花でにぎわう。1月17日からリニューワルされつつある

   熱海梅園で早咲きの梅、それにこちらも早咲きのあたみ桜が楽しめるのも

   まもなく。

2008年12月27日 (土)

忘年会続きの一週間

今週は忘年会が続いた。

月曜日夜は下北沢にあるフランチャイズパソコン教室キュリオステーション本部の

近くのレストランを借り切って行なわれたイヤーエンドパーティに今年も石川社長に

誘っていただき参加した。

このところ毎年参加しているが、そのたびに新しい人たちと知り合う。

今回同じテーブルについた人はデザイン会社の若い社長とプロデューサー、それに

前回のパーティで出会ったノリのいい女性と彼女の女友だち。

この女友だちのボーイフレンド( ニュージャージーに住むアメリカ人)との恋物語で

ひとしきり盛り上がった。

K・Senseというデザイン会社のふたりはパソコンの面白いテキストを制作している。

勉強したいと思う人がきっと多いだろうと思われるテーマ。(テーマは企業秘密)

この会社は恵比寿に事務所があって、デザイン以外ブライダル関連、ファッション、

映像と幅広く手掛けている。

水曜日夜は娘のダンナの招待で、娘家族行きつけの横浜天王町にある和食処

”とがし”で、ふぐ料理をご馳走になった。

1年間孫たちの面倒をみたお礼ということだったが、こちらが愉しませてもらったのに。

このお店は娘夫婦と一緒に何度も来たことがあり、マスター、奥さんもよく知っている。

この夜はマスターが腕によりをかけ、ふぐ2匹をさばいてくれて、ふぐ刺しからはじまり

酢の物、ふぐちり、最後はふぐ雑炊、こんなフルコースのふぐ料理を食べたのはいつ

以来だろう。

Cimg0073 Cimg0074

Cimg0088 Cimg0091

食事がすんだあと、姉孫のミサキとカミサンはお互い書いてきたお手紙交換。

そう言えば、先日ミサキが我が家に来たとき、ミサキから誘われ、ふたりで別れて

書いていた。

そのあと、カミサンからミサキへ折りたたみ式お絵かきセットのクリスマスプレゼント。

         Cimg0080    Cimg0086

金曜日は品川で元会社の仲間と忘年会。

数か月に一度ニフティ前社長のWさんを中心に集まりワイワイやっているグループ。

共通項は海外事業担当、中でもオーストラリア中心の仲間。

この日はタイから駆けつけたMさん含め6人が集まった。

全員現役。いつまでたってもリタイア組はボクだけ。

いつものことながら、海外仲間の昔話、消息、近況で盛り上がった。

みんな現役のためか、シニアの話題の定番である健康、株、旅行などの話は

ほとんど出なかった。

6時半からはじまり、あっと言う間に9時のお開き。

帰り道、電車がずっと一緒のKくんがいつもの通り最近の会社の状況をいろいろ

話してくれた。

これで今年の忘年会はすべて終わった。

2008年12月25日 (木)

娘たちの来訪

娘が結婚して6年。

名義を替えていない旧姓のままの信用金庫の口座が残っていることがずっと気に

なっていた。

名義変更するには信用金庫が開いている平日に、しかも本人が行かないとダメ。

平日は姉孫のミサキの幼稚園があるためムリ。幼稚園が冬休みに入ったのでやろう

ということになり、月曜日娘がふたりの子供を連れてやってきた。

知り合いのいた3支店に分けて口座を持っていて、それぞれで手続きをする必要が

あり、時間がかかることが予想された。

ボクがアッシーとなり、娘と妹孫のユナを乗せて横須賀市内の3支店を回った。

その間ミサキはカミサンが大きなスーパーの中にある子供の遊び場に連れて行った。

ミサキは何度か行ったことがある遊び場だが、今回久しぶり。

成長したため、遊び方がずっと変ってきたと、付き合ったカミサンが話していた。

   0171   019_3

0201 021 

翌日火曜日午前中は孫たちとまったり。

『どこかにお昼を食べに行こうか』と言うと、ミサキは即、『まわるお寿司!』

娘の家では回転すしにはほとんど行かないらしい。近くの店まで歩いて行き、

ミサキは回ってくるネタに興味しんしん。

そのあと我が家の裏の海岸で、念願の年賀状用写真撮影会。

絶好の天気でラッキーだった。

途中パパからケータイにメールが届き、『もう一晩泊まってきて、明日夜の福ふぐ

忘年会までに帰ってくればいいよ』。全員、『やったー!』

夜、撮った写真で年賀状をつくり、例年以上の早い出来上がりで、ホッとした。

               

2008年12月21日 (日)

年の暮れ

今日21日は冬至。

今年もあと10日で終わり。

早い、時間の経つのがとにかく早い。1日、1週間、1ヶ月、そして1年。

金曜日の朝カミサンが、『2、3日熱海に行ってくる』と言って、出かけた。

彼女が熱海に行くのはおそらく半年ぶりくらいだろう。

JR横須賀駅まで車で送り、帰りにスーパに寄って食べたかったタラ鍋用の食材を

買った。タラ、ホタテ、タコ入りつみれ、春菊、ブナシメジ、ウドン。

家にあったハクサイ、マイタケ、春雨を入れて具たくさんの鍋ができた。

テレビで鍋に入れるタラを身くずれさせないようにするやり方を説明していたので

メモを取っておいた。

先ず3切れにして全体に塩をちょっとかけ、15~20分間冷蔵庫へ入れ、そのあと

鍋に1分間くらい入れさっと引き上げるという簡単なやり方。その通りやったら

たしかに身がしっかりしたまま食べられた。

ダシの素とコンブを入れ、いい味が出た。

昨日は朝10時、近くのデパートの開店に合わせ、カミサンから聞いていたマグロの

解体即売に行ってきた。月曜日来る娘宅と我が家の正月用に大トロひと柵と大きな

カマを買った。業者が来て月1回やっている催しだそうで、年末特売で格安で買えた。

Rimg0358_2 Rimg0361

午後は小春びよりの好天気。

裏の海は波がなく穏やかで、2階のRimg0362

ダイニングからきれいに見えた。

好天に誘われ、テニス仲間のSさんから

いただいたウコンの根を洗いスライスし、

天日干しする作業をやった。

たくさんあり、近所の人ふたりにもらって

もらった。

乾いたらミキサーにかけてウコンの粉末をつくる予定。

Rimg0367 Rimg0371

ウコンが肝臓に良いことはよく知られているが、それ以外に胃潰瘍、十二指腸潰瘍、

血液の浄化、血管や脳細胞の老化防止、疲労回復にも効果があるそうだ。

たくさんの根のついた株をもらったので、根を植えて新しい株をつくろうと思っている。

2008年12月19日 (金)

価格比較サイト

不景気を反映して、「価格比較サイト」が絶好調とのこと。

クリスマス・お正月と出費が重なる年末年始、限られた予算で賢く買いたいという

消費者が増えているため販売価格が一目で比べられる「価格比較サイト」の利用者は

主婦や中高年男性を中心に増えてきており、取扱い商品も家電やオーディオといった

定番から、女性向けにベビー用品や化粧品などへ広がっている。

中でも、2年前ブログに書いた”価格.com”は過去最大の伸び幅を記録。

”価格.com”はパソコン、カメラ、家電、ゲーム、ファッションなど30ジャンル、約2800

万点の価格を比較できる。

11月は前年同月と比べ利用者は4割増え、1564万人が利用。

特にいまの時期、クリスマスプレゼントにブランド品を安く買うという人も多いそうだ。

”価格.com”以外では、登録ショップが3万店を超え、カテゴリ一覧で簡単に検索でき、

商品の説明が詳しく載っていることから初心者にもわかりやすいと好評のECナビ”も

アクセス数を伸ばしてきている。

利用者の多くを主婦が占める価格比較サイト”ベストプライス”はベビー・キッズ用品に

力を入れている。他にも化粧品、スイーツ、コミックなど女性が好きなジャンルを選り

すぐっていて、リピートが多いのも特徴とのこと。

これだけ品揃え豊富な「価格比較サイト」があれば、店頭に行くことなく品選びが十分

できそうである。興味のある方は一度サイトをのぞいてみては。

2008年12月16日 (火)

motteco(モッテコ)本に掲載(3)

1年前に旅行したニュージーランド紀行を書いたブログをネット書店motteco

掲載してもらったことは、11月21日のブログに書いた。

28回にわたり書いたブログを5回シリーズにまとめていただき、完結編である

VOL5がネット書店mottecoに掲載された。

http://motteco.com/item_book.php?CAT=10&ITEM=11

さまざまな装丁を施していただき、効果的なエフェクトが加えられ、すばらしい

出来栄えに仕上がっている。大感激! 加えて本にもしていただいたとのこと。

フランチャイズパソコン教室キュリオステーションならびにmotteco本事業のオーナー

である石川社長には大変なお手数をおかけし、しかもボランティアでやっていただき、

恐縮の極みである。

motteco本をシニアが自らの経験を発信する手段としてPRする上で、当旅行記を

是非とも活用していただきたい。

自らの情報を発信することを望むシニアは少なくないはずである。

2008年12月15日 (月)

「篤姫」が終わった

NHK大河ドラマ「篤姫」が終わった。

1年間楽しめた。年間通して大河ドラマを観たのはいつ以来だろう。

平均視聴率は5月ころから25%前後に上がり、11月末には29.2%を記録した

そうである。

最初は大丈夫だろうかと思った篤姫役の宮崎あおい、回を追うごとにはまり役に

なってきた。

連れ合いとなる徳川家定との夫婦愛、幼なじみ小松帯刀との淡い想い、それに

凛とした篤姫の所作、これらが多くの女性に支持され、結果視聴率を上げたようだ。

カミサンは観はじめて間もなく、宮尾登美子原作の「天璋院篤姫」を買ってきて読み

はじめた。原作とドラマはだいぶ違うと言いながら読んでいた。

原作に忠実にドラマが作られていたとしたら、これだけ人気が出たかどうかわからない。

人気が出たのは「篤姫」の脚本家である田渕久美子さん(49)の功績が大きかった

ことは間違いない。

田渕さんについては朝日新聞がTVダイアリーという囲み記事で4回にわたりドラマが

書かれた裏話を連載していた。その一部を紹介。

  『篤姫全50話のドラマをお受けしてから3年という時が流れました。その間に私の

  身の上にもさまざまな変化がありました。まず、この間に再婚し、2人の子どもとの

  3人の暮らしから、夫のいる新しい家族をつくることができました。しかし、ドラマの

  書きが半分を過ぎたころでしょうか。夫を病が襲いました。末期のガンでした。

  苦しい中、それでも仕事を続ける夫に逆に励まされながら、私も「篤姫」を書き続け

  ました。そしてついに最終話を書き終えたその2ヶ月後、夫は帰らぬ人となりました。

  「篤姫」はそんな中で生まれた作品です。私が「愛」に、登場人物たちの「生きざま」

  に、そして「家族」にこだわった、その作品が、多くの方たちに愛されたこと、それは

  なによりの救いです』

今後の田渕久美子さんの活躍に期待したい。

2008年12月14日 (日)

クリスマス発表会

娘から姉孫ミサキの幼稚園の  Rimg0329

クリスマス発表会に誘われ娘宅に  

出かけた。

娘宅は玄関に手作りリースが飾って

あり、部屋の中はクリスマスツリーと

クリスマス一色の装い。

ミサキはカゼ気味で幼稚園を早退

していた。

翌朝は元気になり、出かける前パパに髪を結んでもらっていた。

Rimg0332 Rimg0347

幼稚園に行ったのは今回が初めて。クリスマス会は10時に開演。

賛美歌 きよしこの夜からはじまり、聖書、お祈りに続き、キリスト生誕劇「降誕」を

年少から年長組みんなで演じた。相当練習したのだろう、みんな上手。

4歳が中心のミサキの年少組と上のクラスの間には当然のことながらかなり差がある。

体調が完全でないため幼稚園の勧めもあり、ミサキは早退することになった。

発表会を見たら横須賀に帰る予定に  Rimg0336

していたが、パパが夜は鍋をつくるので

ということでもう1泊することにした。

酢ガキ、アジの刺身、ハタハタを

入れた鍋をつくってくれて、みんなで

美味しくいただいた。

翌朝ミサキは完全に復調。

去年のクリスマスにサンタさんからもらった自転車に乗るので見てと言われ、近くの

公園へ。妹孫のユナは途中でぐっすり寝てしまった。

Rimg0346 Rimg0340

2008年12月10日 (水)

岩波新書『金融権力』

大阪産業大学教授 本山美彦さんの書いた『金融権力』~グローバル経済とリスク

ビジネス~(岩波新書)を読んだ。

『多くの著作で米国型グローバル経済の病理を批判し続けてきた本山さんが日本の

金融政策に警鐘を鳴らす』との紹介にひかれて読んだ本だった。

思ったとおり興味を引く内容であった。

1冊の本を要約するのは難しい。以下ポイントを紹介。

投資銀行は、富裕層の「会員制クラブ」であるファンドからお金を募り、金融工学を

駆使して投資に回す「ハイリスク・ハイリターン」を売り物にする。

現代の金融ゲームにおける「ハイリスク・ハイリターン」という言葉には、高尚さの

カケラもなく、危険な相手に高利で金を貸し、さらにそのリスクを様々な方法で他者に

転嫁して、「ハイリターン」だけを当然の報酬として確保する。

サブプライムとは、信用度の低い相手に住宅ローン会社が高利で金を貸し付けた

ものであり、要は高利貸し。この債権がABS(資産担保証券)として投資銀行に

売られ、投資銀行は大量のABSを組み合わせて新たな証券を作り、ヘッジファンド

などに売った。これが「仕組み債」である。この「仕組み債」が今度は返済の優先順位

ごとに区分されたCDO(債務担保証券)といわれる金融商品となる。

これらにムーディーズやS&Pといった有力格付け会社が格付けをし、トリプルAを

与えモノラインといわれた金融保証会社も「信用」に一役買った。これで本来ある

リスクは完全に隠され、世界にばらまかれた。

これらのシステムの闇がサブプライム問題で一気に露呈した。

ほかの金融機関と異なり取引内容の秘匿が可能なファンド、大企業の経営を左右

する格付け会社、日本の天下りの比でない壮大なアメリカの金融権力機構・・・

まさにこれら『金融権力』が紹介されている。

1回読んだだけではついていけない部分が多くあったが、新しい知識を与えてくれた

本であった。

2008年12月 8日 (月)

息子の仲間の来訪

日曜日息子の高校の3年13組の仲間たちが来てくれた。

息子が亡くなって今年で13年。毎年夏に来てくれるのだが今年はこの時期になった。

13年もたったのに寄ってくれるのはとてもうれしい。

6人の予定だったが仕事で2人だめになり、男友だち2人、女友だち2人が来てくれた。

みんな今年37歳、会社・家庭いずれでも中心的存在。

カミサンはみんなよく知った息子の仲間なので

毎年リキ入れて料理を用意する。Rimg0320_2

土曜日娘が子供たちを連れて 

4ヶ月ぶりに横浜から駆けつけてくれ、

準備を手伝ってくれた。

来るとすぐ姉孫のミサキが

『ママと一緒につくったクッキー』と

言いながらひとつ分けてくれた。

お花にお酒、おつまみ、デザート、自作の手料理などを持ってみんなが来たのは

1時半。早速料理を並べて乾杯。

アレンジをしてくれたYちゃん(ちゃんの歳ではないが)とはミクシィ仲間。

『寒くなってきたから女房がモツ鍋どうと言ってるけど』と連絡したら『モツ鍋最高!』

と返事があり、一品はモツ鍋に決定。

Rimg0322 Rimg0326 

Mちゃんは3歳の男の子を保育園に預け虎ノ門の会社に通っている。4月には

ふたり目が出来るそう。ふたり目が出来ても働くと言っていた。

Mくんは病院勤務が4年目。その前はJICAの青年海外協力隊でパキスタンに数年

行っていてパキスタン語は今でも堪能。

Aくんは経理課長に昇格していた。      Rimg0325_3 

課長の名刺を息子の仏前に置いてくれた。

今回もお互いをサカナにワイワイやった。

ミサキもおとなしく参加できるようになった。

以前は夜中までにぎやかにやったが、

もうみんなわきまえる歳になり6時半には

お開きとなった。

Yちゃんが帰るとすぐミクシィに「タック邸訪問」との書き込みをしてくれた。

以下その一部。

『本日、モツ鍋を期待し嬉々としてお邪魔すると、本番のモツ前にご馳走が出てくる

出てくる。わ~い。美味しい~♡なんて食べていたら、本番前にお腹一杯…

結局、モツは1杯しか食べられなかった。 え~ん。明日も食べに行きたいくらいです。

あのダシで雑炊とか…あ~ん。

2008年12月 6日 (土)

ホームページ閲覧モニター

10月27日のブログで松山に行ったことを書き、そのとき地元で障害者や高齢者など

情報弱者にITを広める活動を精力的にされている女性のTさんに4年ぶりに会った

ことを書いた。

その折に、障害者や高齢者にITを広める活動に関連した調査のモニターになって

欲しいとの依頼を受けた。その後メールのやりとりを何度かやり、カミサンがモニター

になり、ボクがモニターの作業を報告するレポーターになることになった。

Tさんは愛媛県とNPOの協働事業に応募し、県の委託事業を受託した。

テーマは『愛媛県のホームページをチェックし、情報弱者に対しどこまで情報バリア

フリーに配慮しホームページがつくられているか、アクセシビリティ・レベルをチェック

すること』が課題の調査事業である。

チェックポイントは概ねTさんから指定されていて、基本的にはそれに沿ってモニター

であるカミサンが愛媛県のホームページを見て、モニターがどのようなアクションを取り

結果がどうであったかをレポートにまとめて報告する作業であった。

カミサンはシニアの立場でモニターとなり、Tさんは松山で目の不自由な方などの

障害者モニターを中心に作業を行い、レポートをまとめている。

Tさんの指定した調査項目は14項目。これ以外にも気がついたことがあれば報告

レポートにまとめるよう要請された。

思った以上に時間がかかった。

モニターであるカミサンのそばでガイドし、ホームページをチェックするのに2時間半

くらい、レポートを作成するのに4時間近くかかった。

自治体のホームページをじっくり見たのは初めてである。

さまざまな視点からチェックすることにより、いろいろな問題意識が持て新しい経験が

できた。

2008年12月 5日 (金)

昔の会社の仲間との忘年会

昨夜、横浜で会社のOB仲間6人で忘年会をやった。

このグループとの飲み会は今年2回目。

みんなリタイアしていて、今回も5時スタート。

アレンジ役のSさんの話では、みんなそれぞれ忙しく、6人全員がOKだった日は

ほとんどなく、昨日はその中でやっと決まった日だったとのこと。

定番の会社の話、共通で知っている仲間の近況からはじまり、シニアの男が集まれば

定番の政治・経済中心の世評話、それに株、旅行・・・

健康問題、病気の話はほとんど出なかった。みんな元気で何より。

それぞれ自分流”定年バンザイ”を愉しんでいる。

会社にいたときは与えられた目標・課題に向かって百人一様であったが、今は百人

百様。

神奈川フィル合唱団で100数10人の合唱団のリーダーをし、12月だけで3回の

公演予定のあるUさん。ゴルフと年間通して野菜つくりを楽しんでいるAさんほか

みんなそれぞれやりたいことを活き活きやっている。

その中で今回もダントツに多方面で活躍しているのはHさん。

1週間のスケジュールを聞いてみんなでビックリ。ブログに書くからとメモを取った。

日曜日は成城にある著名な庭園でボランティアガイド説明員。月曜日は太極拳。

火曜日 陶芸、水曜日 囲碁(4段とのこと)、木曜日 ソバ打ち、金曜日 市民大学で

経済学関係の本の輪講講座、土曜日は地元の老人会で囲碁指導。

それに料理が得意で蕎麦懐石に凝っているとのこと。

いやはや見事である。元気なはずだ。

裁判員制度も話題になった。6人誰も候補になっていなかった。

終わって場所を変えお茶を飲み、お開きになったのは9時半。

なんと4時間半、ワイワイ盛り上がっていたことになる。

2008年12月 3日 (水)

小春びより

師走に入ったものの、このところ小春びよりの気持ちのいい日が続いている。

庭も秋色が深まり、冬模様に。カミサンが霜よけの覆いをつけはじめた。

ミカンが何年かぶりに実をつけた。

週末久しぶりに娘たちが来るのを   Rimg0190

忘れていて、実を採ってしまったら

カミサンにしかられた。

姉孫のミサキが来たときミカン狩りを

させてやりたいと言ってたのを

忘れていた。

小菊にさざんか、晩秋を感じる。

Rimg0191 Rimg0316

先日、シイタケの菌が埋め込んである

コナラの原木を買ってきた(写真真ん中)     Rimg02071

30ヶ所くらいに埋め込まれていて、

本当は自分で菌を埋めるところから

はじめたかったのだが、シイタケが

出てくるまでに数年かかるということで

楽をして、菌が埋め込まれた原木を

買ってきた。シイタケは同じところから

何度か出てくるそうで楽しみである。   Rimg0317_2

カミサンが植えたイチゴも実を

つけていた。

それにブログに何度か書いた

ジャカランダ(白いふたつの鉢)も

だいぶ大きくなってきた。

テニスコートに行ったら周りの木々が

紅葉していて、とてもきれいだった。        081204_1148361_4

小春びよりはそんなに長くは続かない

ことだろう。

三寒四温を繰り返しながら、だんだん

冬に向かっていくこの時期、暖かい

陽気をしっかり愉しみたい。

2008年12月 1日 (月)

犯罪被害者週間全国大会

週末、ハートバンドと呼ばれる犯罪被害者団体ネットワークが主催する全国大会に

参加した。

最近、犯罪被害者が話題に取り上げられる機会が増えてきた。

法制度、支援制度も変わってきた。その主なものは、①刑事裁判に参加し、意見を

述べることができるようになった ②被害者に対する経済的支援が拡充されてきた

③精神的・身体的被害の回復への取り組みが強化されてきたことなど。

対象となる犯罪は、殺人事件等凶悪犯罪、いじめ・暴行、交通事犯など。

犯罪被害者団体は全国にたくさんある。その大半が自助団体である。

ハートバンドは、ゆるやかな形で自助団体をネットワークにした組織。

土曜日に事前の分科会と懇親会があり、日曜日が本番だった。

ボクは土曜日の午後、別の予定があったため、分科会の後半から参加した。

場所は後楽園グランドホテル。

分科会が終わったあと懇親会が行われた。

交通事故関連の団体の人たちの中には顔見知りの人が多数いた。その中の多くは

3~5年ぶりに会う人たちだった。遠くは青森や宮崎からの参加。

皆さんそれぞれ大変な時期を乗り越え、今もいろいろ抱えている中での参加だった

ことであろうが、集まってワイワイやればそんなことは吹っ飛び、みんなで楽しい

時間が共有できた。

翌日の会場もホテルの近くなので、みなさんと一緒にホテルに泊まった。

そのため、みんなでリラックスし出かけた2次会も大いに盛り上がった。

翌日の会場は文京区シビックセンター。立派な施設だった。

午前中は、映画「衝動殺人 息子よ」の上映。

実在の人をモデルにしたノンフィクション映画で、30年くらい前に作られた作品。

木下恵介監督、若山富三郎・高峰秀子主演で、吉永小百合や加藤剛など豪華

キャストのすばらしい映画だった。息子を殺された父親の悲しみと、同様の境遇の

人々と共に、被害者遺族を保護する法律を作る運動を進める姿を描く。

昭和53年「中央公論」に掲載された同名のノンフィクションを映画化したもので、

今回の会合の趣旨にぴったりの作品だった。何度も何度も涙が出た。

午後一番の基調講演の講演者は、ブログで何度も書いたことがある2年前川口で

保育園児4人が亡くなり、20人近くが負傷した交通事故遺族の福地禎明さん。

聴いていた人たちの心を打つすばらしい話だった。

そのあと、被害者からのメッセージということで3人の方々が話された。

暴行殺人事件、死亡交通事故、超重度後遺障害交通事故。いずれも沈痛悲惨な

お話であった。

後半は内閣府犯罪被害者等施策推進室長の話、それに被害者の司法参加という

テーマで、知り合いの弁護士の渡辺博さんがお話しになった。

そのあと、ギターの弾き語り、最後に犠牲者を悼んで。

久しぶりに会った人たちと再会を約し、会場を後にした。

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト