« 大学の仲間と信州へ | トップページ | 英検試験 »

2008年10月18日 (土)

オーストラリア帰国送別会

信州旅行の帰り、原宿で途中下車した。

昔からの知り合いの富士通オーストラリアの仲間、ロジャー・マイルスの送別会をやる

ので参加しないかとのメールが5日ほど前に届いた。

ロジャーが東京の富士通で働いていることは知らなかった。

ロジャーに初めて会ったのは85年くらいだから、20年以上前。横須賀の我が家にも

2度来たことがある。

もう既に東京に来て2年とのこと。日本にいることを知っていたら我が家に呼んだのに

と思いながら、『ロジャーの送別会だったら、ぜひ参加したい』とメールに返信した。

送別会の場所は原宿駅から歩いて

2分のところにある、元富士通の  Rimg0108 

部長をやっていた女性のⅠさんの

運営するパソコン教室。

Ⅰさんが原宿でパソコン教室のある

カルチャーカフェをはじめたという

話は聞いていた。一度お邪魔したいと

思っていたので、好都合だった。

6時ころからばらばら集まりはじめ、ロジャーを含めて8人が揃った。

ボク以外は全員現役。

8人の共通項は海外事業担当。    Rimg0113 

うち6人がオーストラリア駐在経験者。

ロジャーに会ったのは10数年ぶり。

他の人たちに会うのも本当に久しぶり。

ロジャーは本来もっと長く東京に駐在

する予定だったそうだが、体調を崩した

ため、帰国することになったとのこと。

英語・日本語チャンポンで昔話が出るわ、出るわ。

仕事の話はほとんど出ず、特に盛り上がったのは昔の職場の仲間の話。

ボクがシドニーに駐在したのは74年から3年間。帰国してからも数10回出張した。

自分でも不思議なくらい当時の職場の仲間の名前がどんどん出てきた。

中でも大盛り上がりしたのは、アン・ハリスのこと。

アンは我々のいた部署の女性職員だった。当時は20歳過ぎ。

可愛くて性格がよく、我々のアイドルだった。

最近シドニーでは、年2回、昔の会社の連中が集まってOB会をやっているそうだ。

それに合わせてシドニーに行き、1度ぜひOB会に参加したい。

4年前、定年退職するとき思ったことは、40年間働いてきたのだから、もう働かない、

それと会社の連中との交流は最小限にとどめ、新しい仲間との交流をはじめたい、

このふたつだった。最後の職場となった会社のOB会も何度も勧められたが、結局

入らずじまいだった。

しかし、ロジャーの送別会を機に、かつての職場の仲間との交流の心地よさを

あらためて感じた。

送別会をアレンジしてくれたMくんの提案で『来年はじめ昔の仲間で是非集まろう』

ということになった。多くの懐かしい仲間に会えるのが楽しみになってきた。

6時にはじまった送別会、誰も『終わろう、帰ろう』と言うことなく、結局10時前に

お開きになった。

« 大学の仲間と信州へ | トップページ | 英検試験 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーストラリア帰国送別会:

« 大学の仲間と信州へ | トップページ | 英検試験 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト