« 沖縄の旅(8:休息日) | トップページ | 沖縄の旅(9:姉孫連れて美ら海水族館) »

2008年9月12日 (金)

近所ぶらぶら

郵便局に行ったついでに近所をぶらぶら歩いた。

我が家は京浜急行の最寄駅まで7~8分。

駅のすぐ近くで長い間、ジミに商売していた本屋さんがなくなっていた。

ここに越してきたのは、オーストラリアの駐在から帰国した翌年の78年。

ちょうど30年前。そのとき既にこの本屋さんはあった。

閉店する旨を伝える丁寧な挨拶文が掲示してあった。

『当地で親子2代にわたり60年間商売を続けてきました。この度、店主療養のため

店を閉じることを決めました。長い間ごひいきにしていただきまして、心よりお礼を

申し上げます』 

そうか、そんなに長い間商売を続けてきていたんだと思い、店主のおばさんの顔を

思い出しながら挨拶文を読ませてもらった。

遅咲きなのかブーゲンビリアがまだこの時期咲いていた。このお宅のサルスベリは

我が家と違い多くの花がついていた。

Kinjyo1 Kinjyo2

我が家の近くに瀟洒な大きな家が建っているのに気が付いた。

Rimg02191 Rimg02171

東京湾を埋め立て、この街が造成されはじめたのは35年くらい前。

戸建て住宅と我が家が住むテラスハウスがほぼ同時期に造られた。

90%以上の戸建て住宅は既に建て替えをしている。

ブログでも何度か書いたが、連棟式のため建て替えが容易でないテラスハウスは

まったく建て替えができていない。(下の写真左はテラスハウスの表側、右は裏側)

今年4回行ったテラスハウスの勉強会で、居住者の意見をまとめることの難しさを

痛感したが、どこかで必ず建て替えに踏み切らないとダメだと思っている。

Rimg02101 Rimg02401

下はテラスハウスの裏の海沿いの遊歩道。右は街の中を通る遊歩道。

どちらもこの住宅街の特徴的な散歩道。

Rimg02411 Rimg02441

品川まで1時間。現役時代は通勤時間の長さに苦労したが、定年退職した今は

住むには快適な場所である。

« 沖縄の旅(8:休息日) | トップページ | 沖縄の旅(9:姉孫連れて美ら海水族館) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近所ぶらぶら:

« 沖縄の旅(8:休息日) | トップページ | 沖縄の旅(9:姉孫連れて美ら海水族館) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト