« 伊藤さんのペシャワール会志望書 | トップページ | 沖縄の旅(2:那覇②) »

2008年8月30日 (土)

沖縄の旅(1:那覇①)

昨日からカミサンと沖縄に来ている。

1ヶ月くらい前に娘のダンナから、『夏休みを取って沖縄に行くことにしたが、一緒に

行かないか』と誘われた。

夏の終わりに行けば安いし、人が少ないのでということでこの時期に決めたようだ。

娘一家は先に出発した。彼らとは明後日の月曜日に那覇で合流し、一緒に北部の

本部(モトブ)今帰仁(ナキジン)に行き、近くのホテルに別々に1週間滞在する予定。

沖縄はたしか6度目。仕事で2度来て、プライベートでは今回が4度目。

前回来たのは2年前、石垣島と竹富島。

羽田12時発、那覇に着いたのは2時半。

飛行機はボーイング747-400。定員は600人近い。とにかく大きい。

後ろの方の座席だった。通路の先を見たら前方座席はずーっと先。だが、この時期

お客はガラガラ。ついつい、燃料費がもったいないなあと思った。

12時発で2時間半のフライトだから、ひょっとしたら軽食くらいは出るのではと思ったが

やっぱりサービスは飲み物だけ。客室乗務員に冗談で、『来週、稚内から沖縄にまた

行くんだけど、そのときは軽食出るかな?』と聞いたら、笑いながら『申し訳ありません

どんな長いフライトも今はサービスはお飲物だけです』

那覇空港に着いた。さすが沖縄、ムーっとしたじっとりした暑さ。出たときの横須賀と

違い抜けるような青空。

空港内はまだまだ夏色ムンムン。

ただ、夏休みはあと2日で終わり。旅を楽しんだ子供づれが多かった。

3泊するホテルは娘のダンナお勧めのホテルリブレガーデンホテル

ホテルまではモノレールで行くことにした。

これまで沖縄には交通機関はバスしかなかった。5年前にできたモノレールの

ゆいレールが沖縄にある唯一の鉄路。

電車がないために沖縄の人はいくぶん時間を気にしない傾向があり、”沖縄時間”は

そのためであるとよく言われる。

Rimg0017 Rimg0022

3日間乗り放題のお得なチケットを買った(1400円)。

約20分でホテルのある、おもろまち駅に着いた。

リブレガーデンホテルは新しくきれいなビジネスホテル。

Rimg0021 Rimg0018

荷物を解き、LANケーブルでパソコンをつないだら、すぐつながった。

しばらくまったりして、モノレールに乗って食事に出かけた。

つづきは、那覇②で。

« 伊藤さんのペシャワール会志望書 | トップページ | 沖縄の旅(2:那覇②) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の旅(1:那覇①):

« 伊藤さんのペシャワール会志望書 | トップページ | 沖縄の旅(2:那覇②) »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト