« 初夏のアメリカの旅(11:ラスベガス③) | トップページ | 息子の仲間の来訪 »

2008年7月 5日 (土)

主治医になってもらえそう

3週間くらい前に引いた風邪が治らない。特に咳が止まらない。

年に数度風邪を引くが、歳のせいか最近は毎回長引く。

ただ、会社に行かなくていいため、現役時代と違い急いで治そうとする意識がうすれて

きている。調子が悪かったら寝てればいいや、と安易に考えてしまう。

そのため、風邪を引いても最近は医者に行かなくなった。

娘がふたりの孫を連れてきそうということで、カミサンから『病院に行ってきて』と

せかされ、4月にオープンした家から5分くらいのところにある新しいクリニックに

行ってきた。

この病院「いまにしクリニックはカミサンが開院前に内覧会に行き、良い先生で良い

クリニックだと気に入り自分のブログでも紹介していた。

今西先生は地域に根ざした家庭医を

目指し開業されたとのこと。Rimg0192

『消化器外科医としての豊富な

診療経験と新しいアンチエイジングの

経験を生かした予防医療でお役に

立ちたい』とクリニックのサイトに

書かれている。

東大医学部大学院で医学博士号を

取得されたこと、それにハーバード大学のコース終了証も診察室に掲示してあった。

患者の話をゆっくり聞いて、わかりやすい説明をしてくださる診察姿勢も気に入った。

カミサンが言う通り、我が家の近くに良い病院ができたと思い、先生に『主治医として

お願いできれば』と話したら、快諾してくださった。

2ヶ月に1度、市立病院に糖尿病の定期検診に行っているが、今度の検診時に話し、

紹介状を書いてもらい、今後は、いまにしクリニックで定期検診をしてもらうことにした。

カミサンがずっと言っている『物忘れが気になるので、一度脳ドックの検診を受けたら』

についても先生に話したら、『紹介しますよ』と言われた。

今後何かあったときには駆け込み寺になっていただけそうである。

主治医、それに10年以上のお付き合いのある弁護士のO先生、3年近くお付き合い

している税理士のF先生、これで大抵のことがあっても相談できる方たちが揃った。

« 初夏のアメリカの旅(11:ラスベガス③) | トップページ | 息子の仲間の来訪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主治医になってもらえそう:

« 初夏のアメリカの旅(11:ラスベガス③) | トップページ | 息子の仲間の来訪 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト