« セミナー「アジアの成長力・日本の企業力」 | トップページ | 家の修理諸々 »

2008年7月27日 (日)

高校野球決勝戦

夏の高校野球南神奈川大会の決勝戦を横浜スタジアムに観に行った。

今年は第90回記念大会のため、神奈川は南と北のふたつに分かれている。

昨日決勝戦が行われたのは南大会で、伝統校の横浜高校と甲子園初出場を目指す

横浜創学館が対戦した。

夏の高校野球は大好きで、現役時代、神奈川大会決勝戦は何度か会社を休んで

観に行った。決勝戦の勝者と敗者は天地の差。何度も目の前でドラマを見た。

高校野球はどうしても判官びいきになる。

その意味から今年の決勝戦は格好の組み合わせだった。

両校とも第1シードであったが、横浜は伝統校、一方横浜創学館は今年創立50周年

だそうだが、野球ではその名はあまり知られていない。

そのため、応援するのはもちろん横浜創学館。

試合開始は12時。40分前に球場に着いたが、既に内野席の前の方はいっぱい。

横浜創学館は3塁側。ベイスターズの

試合はいつも1塁側で観るのでRimg0387

横浜スタジアムの3塁側でゲームを

観ることは、まずない。

いつもの風景と違う。         

試合開始前に食事をすることにした。

朝自分で握ってきた梅干し、オカカ、

塩シャケのおにぎりを食べた。

試合は12時ぴったりにはじまった。

1回表、横浜はスクイズで1点先制。

横浜創学館先発の控投手がふんばり4回を投げ切り、3点は取られたものの1対3と

まずまずの戦い。

Rimg0390 Rimg0392 

前評判の良かった横浜の土屋投手は、さすがマウンドさばきが落ち着いていた。

左打者を並べた横浜は打撃にも破壊力があった。

回を追うごとに、総合力に優る横浜が終始優勢に試合を進め、結局8対2の大差で

甲子園行きを決めた。

試合終了後、横浜は甲子園で対戦する相手を決めるくじを引いて、対戦相手は

浦和学院に決まった。全国大会参加全校が集まり対戦相手を決めるこれまでの

抽選会に比べ、このやり方は合理的でいい。

創立50周年の記念の年、横浜創学館は涙をのんだ。

試合が終わり、3塁側で横浜創学館を応援した観客から健闘をたたえる大きな拍手

とともに、横浜創学館の夏は終わった。

« セミナー「アジアの成長力・日本の企業力」 | トップページ | 家の修理諸々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校野球決勝戦:

« セミナー「アジアの成長力・日本の企業力」 | トップページ | 家の修理諸々 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト