« 結婚記念日 | トップページ | NPO年次総会 »

2008年6月 9日 (月)

初夏のアメリカの旅(6:メキシコへ②)

ノリエガさんが片道150キロくらいかけて我々を連れて行きたかった場所は、

英語でBlow Hole(吹き出す穴)と呼ばれる海辺の場所だった。

上から見るだけでは何も見えないが、打ちつける波が岩窟と思われる岩の穴部に

入り、どうもそこが細くなった洞穴のようで、その洞穴に押し込められた大量の水が

ものすごい勢いで空中高く吹き上がる、という感じであった。

Rimg0217 Rimg0221_2 

この豪快な自然の営みに魅せられ、去りがたく、しばらく眺めていた。

帰り道、エンセナーダという街で停まり、ぶらぶら歩いた。

行く時にも気になった大きなメキシコの国旗を、遠くから近くから何度も何度も見た。

   Rimg0279  Rimg0201 

高さ103M、大きさ縦28M

横50M、重さ250Kg。     Rimg0264 

とにかくスゴイ!

この国旗が風にはためく姿は

まさに絵になる。

エンセナーダのこの国旗はメキシコ

シティ、ティファナに次いでメキシコで

3番目に大きな国旗とのこと。

何度も何度も『旗、旗』と言ってたらカミサンから『いいかげんにして』とたしなめられた。

エンセナーダの街をぶらぶら歩いた。

Rimg0256 Rimg0259 

Rimg0254 Rimg0265

ぶらぶらしたあと、少し休んでお茶をすることとした。

カミサンだけは、気に入ったテキーラベースのマルガリータを楽しんでいた。

右は、トルティーヤをディップして食べるアボカドをベースにしたワカモレ。

Rimg0275 Rimg0277 

エンセナーダをあとにし、30分くらいで国境の街ティファナへ戻ってきた。

Rimg0284 Rimg0285 

ティファナは雑然とした感じで、東南アジアの街に似た雰囲気があった。

帰国したあと、最近我が家の近くに越してきて、ダンナさんが米軍基地に勤める

メキシコ人女性にティファナに行ったと話したら、ティファナは治安の悪い街だと

顔を曇らせていた。Rimg0288

ボーダーでパスポートを見せチェックを 

受け、サンディゴに戻ってきたら

ホッとする感じだった。

小林くんに送ってもらいホテルに

帰ってきたら9時。

小林くんのまさにアミーゴつながりの

ノリエガさんにお世話になり、一般の観光ではとても味わえない大変貴重な経験が

できた一日であった。

« 結婚記念日 | トップページ | NPO年次総会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のアメリカの旅(6:メキシコへ②):

« 結婚記念日 | トップページ | NPO年次総会 »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト