« 初夏のアメリカの旅(3:カールスバッド③) | トップページ | 娘たちの来訪 »

2008年6月 3日 (火)

住居建替えプラン(その4)

2月23日のブログで住居建替えプランのことを書いた。

その中で、近所3軒の方たちと4人で去年後半から話し合いを続けてきたこと、それに

集合住宅の建替え支援を行っているNPOに参画してもらい、『テラスハウスの将来を

考える勉強会』を開催したことを書いた

その後この勉強会は毎月開催し、アメリカ旅行から帰ってきたあと第4回目を行った。

最終回である第4回目はこれまで3回の勉強会で議論してきた3つの選択肢を踏まえ

自由に議論する意見交換形式とした。

意見交換するにあたり、第3回勉強会が終わったあとアンケート用紙を全戸89戸に

配布し、①3回行った勉強会の印象 ②3つの選択肢を中心に今後どう考えるか

③ 「テラスハウスの将来を考える会」をつくることへの賛否を聞いた。

アンケートはアメリカ旅行の前に回収し、世話人4人で議論した。

回収したアンケートの集計をもとに、先週金曜日に開催した第4回勉強会で参加者

全員で意見交換を行った。

残念ながら当日の参加者は27名と少なかった。

ただ、アンケートでは(回収率63%)、約9割の方が「勉強会は時宜を得たよい企画で

あった」と回答され、ほぼ同数の方が「将来については今から考えなければならない」

および「将来を考える会をつくることは必要である」と回答された。

次のステップとして、89戸を構成する7つのブロックそれぞれから管理者を出して

連絡会をつくることが了承された。

所期の目的は一応達成できたものの、勉強会に参加した人が6割程度であった現状を

考えれば、意見が集約できる状況にはまだまだ程遠い。

多くの方々が、『現状特に問題ないのだから将来のことは考えたくない』との気持ちで

あることは明らかである。また、世帯主の高齢化が進んでいて、子供世帯は別に居を

かまえている家が多い。

今回の勉強会は将来を考えるきっかけにはなったものの、実際の行動に結びつける

ことは依然として容易ではない。

当テラスハウスは庭つき一戸建てではあるものの、建て替えを考えた場合は集合

住宅である。

建物の老朽化と住人の高齢化が同時に進む中、建て替えに苦慮する集合住宅は

日本全国ますます増えていくことであろう。

« 初夏のアメリカの旅(3:カールスバッド③) | トップページ | 娘たちの来訪 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 住居建替えプラン(その4):

« 初夏のアメリカの旅(3:カールスバッド③) | トップページ | 娘たちの来訪 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト