« 民主党国政報告会 | トップページ | 株主総会 -すばらしい会社- »

2008年6月27日 (金)

熱海市議会定例会傍聴

水曜日、熱海市議会6月定例会の一般質問を傍聴した。

この日は応援している民主党・市民クラブの4人の議員が質問に立った。

先ず、最初は山田治雄議員。山田さんの議員歴は大変長く、33年。

お歳は80歳。全く年齢を感じさせない。Rimg0095

お元気であるばかりでなく、見識の  

深さ・幅、特に弱者への目配りには 

驚くばかり。

理にかなった質問、説得力のある

語りかけ、話しぶり・・・

何をとっても、さすがと思わせる

雰囲気が醸し出されていて、地方議員の範たる方である。

この日も幅広い視野から質問された。

①熱海の財政事情と行財政改革プランについて、②後期高齢者医療制度の廃止は

国民の声、③熱海市の水道事業は本当に大丈夫か、④熱海花博の検証結果に

ついて、⑤熱海の教育行政について。

毎回のことであるが、市の幹部の答弁にはイライラする場面が多かった。

続いて質問に立った金森和道議員は、

昨年4月の市議選で当選した新人議員。Rimg0098 

金森さんの誠実で真面目な人となりは

昨年の選挙の応援を通しよくわかっている。

県営水道の断水問題、小中学校・保育園・

幼稚園の耐震補強問題、旅館・ホテルの

倒産に伴う市内業者への対応など身近な

市民の問題を中心に質問した。

教育施設の耐震補強については、齊藤市長より、『耐震化計画の前倒し、ならびに

それに伴う行財政改革プランの見直しを行いたい』との意見表明があった。

15分間の休憩に入り、いつものように民主党控室にお邪魔し雑談した。

毎回聞く山田さんの話は面白い。

最後に質問に立ったのは民主党のリーダー的存在である橋本一実議員。

先ず、市内の医療体制について突っ込んだ質問。

市の予算40億円を拠出し、前市長時代に建てた国際医療福祉大学熱海病院には

いろいろ問題があることを知った。この40億円を使ったために、現在熱海市は苦しい

財政状況を強いられている。

次に後期高齢者医療制度に対し、市当局の対応について、様々な観点から質問

ならびに指摘をした。Rimg0100

最後に退職職員の外郭団体への

天下りについて、市の対応の実態を

質した。

壇上からの質問に対し市の幹部

から納得できる回答が得られず、

席からあらためて鋭く再質問した。

民主党議員の質問と指摘を聞いていて、議員が市民と市当局の間に立ち、市民の

目線で、市当局に対応を迫っていることがあらためてよくわかった。

この市民の目線に立ったスタンス、それとあわせて、行政当局との緊張関係の維持、

まさにこれこそが地方議員に求められる姿勢だと思う。

« 民主党国政報告会 | トップページ | 株主総会 -すばらしい会社- »

コメント

こいつ、ろくなもんじゃありませんよ。
http://www.murayama-kenzo.com/
昔から983系が好きで好きで。
いまもあちらの世界を泳ぎまくっている。
最近、熱海の彼にとっての、目の上のたんこぶが取れてきたので、
今やりたいように熱海を牛耳っている。チンピラ議員。
彼と仲がいいのは、みな利益分配共同体。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱海市議会定例会傍聴:

« 民主党国政報告会 | トップページ | 株主総会 -すばらしい会社- »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト