« Mくんを偲ぶ会 | トップページ | 株主総会 »

2008年6月22日 (日)

初夏のアメリカの旅(10:ラスベガス②)

ラスベガス2日目。

翌日のグランドキャニオン ツアーの申し込みをした以外は、夕方までホテルの部屋で

ゴロゴロしていた。

小雨のぱらつく中、夕方ホテルの前  Rimg0446_2

から出るバスに乗ってラスベガスの

中心街に出かけた。

3連休のためか道路はスゴイ渋滞。

親切な人が、眺めがいいからと言って

2階建バスの一番前の席を譲って

くれた。

多くの観光客が高いユーロをいかしてヨーロッパから来ている人たちとのことだった。

たしかに街で英語以外の言葉を聞く機会が多かった。

バスを降りてフラミンゴというホテルに入った。どこのホテルもカジノの入口はスロット

マシンがざーっと並んでいた。

Rimg0451 Rimg0458

まずブッフェで腹ごしらえ。ひとり13ドル。

カニの足が山盛り、肉はお好み。これで13ドル、感激!

This is Americaという感じがした。

Rimg0467 Rimg0474

カニの足はもういいというくらいRimg0470

食べた。

カルビも美味しかった。

昼と夜は料理が違うらしい。

これで商売になるのかと思ったが

カジノで稼いでいるのであろう。

腹いっぱい食べたあとはカジノへ。Rimg0476

ルーレットでチップをどっさり積んで

勝負をしていたので、しばらく見ていた。

ブラックジャックは1回のミニマム

掛け金が$15、$25、$100。

それぞれでテーブルが違った。

$100テーブルはお客の数も      Rimg0479_2       

少なく真剣勝負という感じ。

一番気楽に出来そうな$15

テーブルに座った。

カミサンがジャケットを着て

行かないとダメと言ったがまったく

カジュアルで大丈夫だった。

チップが増えたり減ったりを繰り返し、40分くらい遊び、元手$150が$250になった

ところで止めた。

ブラックジャック(エースカードと絵カード)が3回出たし、十分に楽しんだ。

ブラブラ1時間くらいかけて歩いて   Rimg0499

ホテルに戻ったら12時半だった。

24時間、365日、まったく眠らない街

ラスベガスの一端を垣間見た夜だった。

 ※カメラが手ぶれして夜の街はうまく

  撮れない。

« Mくんを偲ぶ会 | トップページ | 株主総会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のアメリカの旅(10:ラスベガス②):

« Mくんを偲ぶ会 | トップページ | 株主総会 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト