« 久々の訪問 | トップページ | 結婚記念日 »

2008年6月 7日 (土)

初夏のアメリカの旅(5:メキシコへ①)

小林くんから一度アメリカに来てはと誘われるたびに繰り返し言われたのは、

『来たら、メキシコ人の知り合いがいるのでメキシコに行こう』だった。

アメリカに着いて3日目、そのメキシコに

行くことになった。Rimg0175

朝8時半、小林くんがホテルに迎えに

来てくれた。

車でサンディエゴまで行き、メキシコの

ボーダーへ。

右の写真のフェンスの向こうはメキシコ。

下右の回転式の扉を抜け、ゲートを

通りすぎれば、その先はメキシコ。戻ってくるにはパスポートがないと再入国できない。

Rimg0176 Rimg0180

地下道を抜けて外に出れば、さぁメキシコだ。街の雰囲気がまったく違った。

Rimg0181 Rimg0182

小林くんの後ろについてしばらく歩くと1台の車が停まっていて、中に男性がいた。

小林くんの仕事の仲間で公認会計士のノリエガさんだった。

ノリエガさんには一日お付き合いいただき、ホントにお世話になった。

しばらく国境の街、ティファナを走って、早めのランチをとるため、ノリエガさんは

地元の人たちが行くレストランへ連れて行ってくれた。

   Rimg0188   Rimg0198  

下の写真の上左は、トルティーヤやピタパンをサルサにつけて食べる前菜、右は

オムレツ。下左はカクタス(サボテン)、それに右の写真はノリエガさん。

Rimg0191_2 Rimg0192

Rimg0197 Rimg0195

食事のあとはハイウエイを時速120キロくらいでどんどん南に向けて走った。

途中オリーブを売っている露天に停まっただけで、一路目的地へ。

もうここまで来ると英語の表示はほとんどなくなり、みんなスペイン語。

Rimg0206 Rimg0209

目的地がどんなところなのかわからないまま1時間以上走り、ノリエガさんが我々を

案内したかった場所に着いた。

ノリエガさんはしばらくこの場所に行ったことがなかったそうで、前週末片道150キロ

くらいの道を下見に行ってくれたと聞き、大感激。

この目的地、Blow Holeについては、次回の「メキシコへ②」で紹介。

« 久々の訪問 | トップページ | 結婚記念日 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のアメリカの旅(5:メキシコへ①):

« 久々の訪問 | トップページ | 結婚記念日 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト