« 初夏のアメリカの旅(2:カールスバッド②) | トップページ | 住居建替えプラン(その4) »

2008年6月 2日 (月)

初夏のアメリカの旅(3:カールスバッド③)

翌19日、朝10時、小林くんがホテルに迎えに来てくれた。

朝10時は日本の夜中の2時。時差のため、当然夜中に何度か目が覚めた。

この日は、まさにカルフォルニアを感じさせるすばらしい天気だった。

小林くんはボクのブログをずっと見てくれていて、我々夫婦が花木に興味があることを

知っていて、先ず花専門の園芸店に連れて行ってくれた。

特にこの店はベゴニアがウリのようで、右の写真のような感じでベゴニアがずらりと

植えられていて、気に入ったものを選び、掘り起こし買っていくスタイルになっている。

Rimg0066 Rimg0055 

ハンギングバスケットにつり下げられた花がいたるところにぶらさがっていて、花の

美しさにただただ感嘆。

Rimg0056 Rimg0059 

Rimg0057 Rimg0061 

出来ることなら買って帰りたいと思う鉢がいっぱいあった。

考えてみると現役時代にはこれほど花に興味がなかったような気がする。

これも気持ちに余裕ができた、”定年バンザイ”のおかげであろう。

花農園のあと、小林くんは3人の娘さんが通う学校に連れて行ってくれた。

先ず、自宅から歩いて数分の

場所にある三女のハンナちゃんの  Rimg0067 

通う小学校。

ちょうど休み時間だったようで

ハンナちゃんを見つけた小林くんが

声をかけたらフェンスのところまで

かけてきた。

学校のすぐそばの小林宅前に車を

停めてお宅の写真を撮った。

この地域はハイクラスな住宅街。その街にぴったりフィットしたすばらしいお家だった。

20年くらい前に購入し、希望する形に建て替えを重ねてきたとのこと。

街に人気が出てきたことに伴い、住宅の価値と価格は買ったときに比べ相当上がった

そうだ。

Rimg0073 Rimg0386  

小学校のあとは次女のマリコさんの通う中学校(左)、そのあと長女のナオミさんの

通う高校(右)に連れて行ってもらった。

Rimg0079 Rimg0075 

アメリカではたしか16歳から運転免許が取得できる。高校生のナオミさんも車で

通学しているとのこと。このあたりも日本との違いを感じた。

3人の娘さんの名前が出てきたので、      Rimg0384

後日小林宅を訪ねたとき撮った

写真をつけておく。

家族は3人の娘さんと奥さんの

キャサリン、それに愛犬3匹と

愛猫の大家族。

« 初夏のアメリカの旅(2:カールスバッド②) | トップページ | 住居建替えプラン(その4) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏のアメリカの旅(3:カールスバッド③):

« 初夏のアメリカの旅(2:カールスバッド②) | トップページ | 住居建替えプラン(その4) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト