« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

初夏のアメリカの旅(2:カールスバッド②)

小林くんの車で空港からそのままホテルへ。

ヒルトンの提携ホテルで、空港からは10分くらいだった。

小林くんのお宅はホテルから何と車で5分の距離。

カールスバッドは5万人くらいの街で、どこもとてもきれい。

11月に行ったニュージランドもそうであったが、カルフォルニアでも当然種類は

違うが、ちょうど初夏の花があちこちに咲いていて、旅行中ずっと楽しめた。

夫婦の大好きなジャカランダ(写真上2枚)がそこらじゅうに咲いていて感激の連続。

それに真っ赤なブーゲンビリア(下左)、スターチス(下右)、バラ、ベゴニア・・・

Rimg0356    Rimg0327

Rimg0157 Rimg0070

ホテルはオープンしてまだ2週間とのこと。周囲は建て増しの工事中で殺風景な景色。

部屋はリビング、ダイニング、フル装備のキッチン、それにベッドルーム。

ベッドのそばに、カーテンも何も遮るものがなくバスタブがあるのには驚いた。

ラスベガスでも同じだったのでアメリカのホテルの常識なのか。

Rimg0419_2 Rimg0050_2

部屋で無線LANが使えると聞いていたが、設備が未完のため使えず。

そのため持参したポータブルパソコンは使用できず。

隣の部屋がロビーでそこのパソコンを借りた。日本語のメールは読めても日本語

入力ができない。

これも小林くんに助けてもらい、Windowsの言語オプションを使って日本語入力が

出来ることを知った。これでこれからどこに旅行しても大丈夫。

チェックインしたあとシャワーを浴び、小林くんにスーパーマーケットに連れて行って

もらい、とりあえずの食料は手に入った。

そのあと早速あちこち車で連れていって   Rimg0044_2

もらった。

右の海岸は眼下に太平洋を臨む

すばらしい眺望の海岸。

遠方に見える半島の先端の方に

かつてライシャワーさんも住んで

いたそうだ。

夜は持参した小さな電気釜で、スーパーで買ってきたカルフォルニア米を炊いて

美味しく食べた。

ボクは米がないとダメ。そのため去年のニュージーランド旅行の前に娘が海外に

持っていける電気釜をプレゼントしてくれた。

ベランダで食事しながら見た夕日は        Rimg0046

最高だった。

小林くんから、『早く時差を解消するため

今夜はできるだけ遅くまで起きていた方が

いい』と言われたが、長かった一日の疲れと

眠気に負けて、10時前には寝てしまった。

2008年5月30日 (金)

初夏のアメリカの旅(1:カールスバッド①)

昨夕、12日間のアメリカ旅行から帰ってきた。

今回の旅でも新しい発見、驚き、出会い、感激・感動がたくさんあった。

まさに、”This is America!”を感じる場面も何度もあった。  

時間をかけてゆっくり書いていきたい。

最初の目的地は、カルフォルニアのサンディエゴから北50キロのところにある

カールスバッドという街。

カールスバッドには昔会社で一緒に仕事をした小林くんのファミリーが住んでいる。

今回小林くんには6日間毎日付き合ってもらい、ホントにお世話になった。

小林くんは今はコンサルタントとして活躍している。

優れた技術の種を持つアメリカのベンチャー企業と次の次のビジネスの種を探して

いる日本の大手企業(コンサル先)とを橋渡しして、言葉や出張者の面倒から

契約交渉、ビジネスの切り回しまで一切を纏め両者をつないでいく仕事をやっている。

以前から話を聞いていた案件が最近やっと第一段階の契約に至り、これから更に

提携・共同開発・出資・買収・日本企業の自主運営の可能性の追求が始まりそうで

ある。

日本側は大手の光学機器メーカーと計測機器メーカー。4~5年かけてまとめ上げた

仕事とのことであるが、これまでの仕事は折り返し点ぐらいのようである。

小林くんはボクより10歳下。奥さんのキャサリン、3人の娘さんとカールスバッドの

すばらしい住宅地に住んでいる。

25年くらい前に会社を休職し、自費でミシガン大学へMBA留学した。

復職後ボクのところで2年間くらい一緒に海外ビジネスをやり、その後米国の現地

法人に出向し、現地でキャサリンと結婚。現地法人の解散に際して現地に残る決意を

して退職。

日本の大手企業資本のサンディエゴのホテルで現地責任者として、米国側との運営を

7年間行い、生の米国ビジネスの経験を得て、傾いたホテルを7年かけて建て直した。

その後、ベンチャーキャピタルの経験を重ねて独立し、日米間のビジネスを顧客の

ために代行して開発するコンサルタントをやっている。

これまでのアメリカでの活動業績が評価され、数年前にアメリカの市民権を取得した。

同じ職場だったのはたった2年間程度、しかも85年ころのことで、もう20年以上前。

そんな小林くんに今回徹底的に付き合ってもらい、夫婦ともども大感激した。

旅行の方は、18日の夕方成田を発ち、同日朝ロスアンジェルスに到着した。

午後ロスアンジェルスでカールスバッド行きの30人乗りの小さな飛行機に乗り換えた。

乗り込む前、厳しいセキュリティチェックのため長蛇の列。靴を脱いでのチェック、今や

アメリカでは常識とは言え、辟易とした。

Rimg0014 Rimg0423_2

45分くらい乗り、カールバッドの街を見ながら飛行機は、まるで田舎の電車の駅の

ようなカールスバッド空港に到着した。

Rimg0013 Rimg0015

小林くんの出迎えを受け、10日間のカールスバッド→ラスベガスの旅がはじまった。

2008年5月17日 (土)

しばらくブログ休みます

明日18日から29日までアメリカに旅行するため、しばらくブログは休みます。

行先はサンディエゴとラスベガス。

サンディエゴには、ブログに何度か書いたことがある元会社で一緒に仕事した

小林くんのファミリーが住んでいて、この10年くらいずっと一度遊びにくるようにと

誘われていて、やっとその気になった。

去年の夏、小林ファミリーは家族全員で熱海に訪ねてきてくれた。

その時も招待を受け、今度こそ我々が訪ねる番。

奥さんのキャサリン、それに3人の娘さん、みんなで楽しみに待ってくれているよう。

小林くんが車でメキシコほかあちこち連れて行ってくれるそうで大変楽しみ。

ボクは10日間ずっとサンディエゴにいたかったが、カミサンがどうしてもラスベガスに

行きたいと言い、結局サンディエゴとラスベガス半分半分ということで押し切られた。

今回は貯めていたJALのマイレージを使って夫婦往復タダで行ける。

また、ホテルはサンディエゴ、ラスベガスいずれもメンバーになっているヒルトンの

施設に泊まるため、出費の少ない旅が楽しめそうだ。

何にするかいろいろ悩んだ小林ファミリーのお土産も用意できたし、準備は完了。

帰国後、ゆっくり報告します。

2008年5月15日 (木)

元会社の仲間との飲み会

昨日横浜で元会社の仲間6人が集まって飲み会をやった。

定年して間もなく4年。

ボクは定年するにあたり、会社を辞めたら会社の仲間との関係・交流は終わりにし、

新しい仲間との交流、それに既に付き合いのある会社外の人たちとの交流を深め

たいと思った。

そのため、最後に所属した関係会社のOB会の入会は誘われたが断った。

そんな中、誘われたら出かけていく元会社の仲間のグループが数グループある。

昨夜はそのうちのひとつで、歳かっこうはほぼ同じの6人。全員リタイアしている。

うち2人とはオーストラリアに駐在したころだから、30数年前に職場が同じだった。

5時スタート。横浜駅近くの入った店には驚いた。

5時にはもう結構席が埋まっていて、その多くが明らかに我々と同類の背広とは

無縁のリタイア族。

席に座るなり、すぐ盛り上がった。

何と言っても話題の中心は、昔の話と共通に知っている仲間の話。

それに、もちろんそれぞれの近況。

この歳の仲間が6人集まれば、経験的に言ってだいたい2人くらいは入院したとか

手術したとかの話になる。昨夜は病気の話はほとんど出なかった。

それぞれが自分のペースで定年生活を愉しんでいる

一番ショックだったのは、6月の株主総会で発表になる新しい会長・社長人事を

ボクひとりだけが知らなかったこと。

『会社の人間と接触してないからだ』と言ったら、『そんなの新聞に出てたよ』

新しく社長になる人は知っている。思わず、『えー、彼が!』とびっくり。

何と言っても盛り上がった話題は、映画監督 山本晋也そっくりばなし。

Hさんはますます山本晋也に似てきた。

みんなで『監督、監督』と呼んで、さんざんこの話でも盛り上がった。

因みに左が本物、右が偽物。

Shinya   Photo

それにしても、Hさんの毎日にはみんな驚いた。

ソバ打ち、園芸、囲碁指導、市民大学2講座受講(輪講、社会学)、それに週2回

奥さんに代わり食事をつくっているそうだ。

『これだけやってるんだったらネタいっぱいあるからブログ書いたら』と勧めた。

食事のあとお茶を飲みに行き、8時すぎに散会。

3時間以上、盛り上がりぱなしだった。

2008年5月14日 (水)

映画「最高の人生の見つけ方」

新聞の紹介を読んで、ぜひ観たいと思っていた映画であった。

紹介のキャッチフレーズは、『大金持ちの実業家と実直な自動車整備工・・・ 病室が

同じふたりのたったひとつの共通点は・・・ 余命6ヶ月』

主役のふたりがアカデミー賞俳優であることにも惹かれた。

原題は”The BUCKET LIST”。

棺桶に入る前にしておきたい”夢”を書いたリストとの意。

そのまま日本語にするわけにはいかなくて、きっと色々候補タイトルを考えた結果、

「最高の人生の見つけ方」にしたのだろう。

内容については、新聞の紹介を一部借用。

   主人公のエドワードは大成功した実業家。もうひとりの主人公カーターは学究に

   なりたかったが、生活のために自動車整備の仕事について長い。

   エドワードは行儀の悪い俗物で、カーターは物静かな教養人。

   まったく違う人生を歩んできたふたりが、癌に侵されて同じ病室に入る。

   カーターの枕もとにはいつも妻のバージニアがいるが、エドワードの枕もとには

   世界最高のコーヒーをいれる器具と、忠実な秘書のみ。

   あるとき、エドワードはカーターの書いたメモを見る。それがBUCKET LIST。

   「荘厳な景色を見る」などといったカーターの夢に、エドワードは「世界一の美女と

   キスする」などと書き加え、早速、スカイダイビングに挑戦する。

   エドワード主導による夢の実行が次々に実現する過程で、ふたりの人生観が

   くっきり見えるあたりが、このドラマのポイント。

   観客は、ふたりを見比べつつ、己が人生を振り返ることになる。

新聞の締めくくりは、『これは何よりもシニア世代にお薦めしたい一遍だ』

着想がいかにもアメリカ人らしい、楽しめる映画だった。

たしかに、新聞の評どおり、いろんなことを感じながら観た映画でもあった。

2008年5月13日 (火)

熱海市への提案

夕方熱海から帰ってきた。

応援している民主党の橋本市議のことはブログに何度か書いたことがある。

橋本さんに仲介していただき、今朝11時から、市役所の産業振興課のS課長と3人で

意見交換をする機会を持った。

S課長は4月の組織機構の改編に伴い、某省から市に赴任してきた新任の課長。

国の機関から熱海市への出向は初めてとのこと。

今回の組織機構改編の狙いのひとつは、「新施策」への取り組み。

「新施策」のひとつは、産業振興を図っていくこと。

そのために従来の「観光文化部」を「観光経済部」に改め、同部内に「産業振興課」が

新設された。Sさんは産業振興課の初代課長。

昨年の年頭所感で、齊藤市長は、「新しい産業興し」 「新しい雇用創出」 「民間活力の

活用」について言及された。

産業振興課の新設を市のホームページで知り、いよいよ具体的に動き出したと感じた。

そのため、以前から考えていた提案を説明し、意見交換することを目的に、今朝

おふたりとお会いした。

提案は、『熱海の特性(温泉、風光明媚、気候温暖、首都圏へのアクセス)を活かした

新しい産業の誘致』

ポイントは、

  ※ 金をかけないで大がかりな仕掛けなしで、これまで熱海に縁のなかった新しい

    事業セクターを呼び込む。

  ※ しかもその対象は、主に若い人たちが関わっている事業。

  ※ それが引き金となり熱海に若い人たちが移り住み、人口増と街の活性化を期待

  ※ 同時に当該事業セクター誘致により、熱海に新しいイメージを創出。

具体的な誘致候補は、『小規模ITベンチャー、ゲームソフト開発会社』

1時間近く、さまざまな視点で各人が意見を言い、議論は盛り上がった。

その意味で、意見交換の場を持ったことは意義があったのではないかと思う。

  

2008年5月11日 (日)

マンション理事会

2ヶ月に一度開催されるマンションの理事会に出席するため、昨夜遅く熱海に来た。

来るのが億劫だったが、この数日間肌寒く、来てみると温泉のありがたさがわかる。

今回の理事会もメインテーマは地デジ対策。

マンション全体でCATV契約をしている熱海テレビがこの地域を所轄している。

あらためて熱海テレビに地デジ対応予定を確認したが明確な回答がない。

そのため、熱海テレビとの契約を解除し、自前でUHFとBS・CSアンテナを設置する

ことを理事会して決めた。

90戸弱の居住者にアンケートを送り、理事会案への賛否を問うこととした。

最終的には今秋開催する年次総会に諮り、GOを決定することになる。

我が家でも昨年買った液晶テレビの画像が悪く、早く何とかしなければとずっと

思っていた。まだしばらく先にはなるが、自前アンテナ設置で問題は解決する。

前回の理事会で対応を決めたISDNダイアルアップ回線からADSLへの移行、

ならびにロビーに無線LANを設置し、居住者が持参したパソコンをロビーで使える

ようにする件については、移行を頼んだ業者の不手際で未だ作業が完了していない。

明後日の火曜日横須賀に帰る予定で、それまでに作業が完了するよう、業者に

連絡することとした。

2008年5月 9日 (金)

新しいケータイ

数日前ケータイを新しくした。

ソフトバンクからソフトバンクへの機種変更で、しかもメール・電話の基本機能だけの

ケータイであるため、2年間使えば機種料金は無料になる勘定。

契約内容も変更ないため、通信料もほとんど変わらない。

今回が3台目のケータイ。今や毎日の生活にはなくてはならない存在。

2台目は2年間くらい使った。液晶がダメになってきたので、このままにしておくと全体が

使えなくなり、アドレスブックがなくなってしまっては大変と思い、機種変更してきた。

慣れ親しんだケータイだったので、本当は変えたくなかった。

変えたくない理由は、変えればまた新しいことを覚えなければならない、それがイヤだ。

パソコンもまったく同じ。VISTAのパソコンなんて買いたくもない。

『今までのケータイが東芝だから、このまま東芝にしたら新しいことを覚えなくていい

だろうから東芝にしたい』と言ったら店の女性は『今はメーカー関係なく、ソフトバンクの

ケータイはどれも操作は同じ』とのこと。

当然そうあるべきだ。メーカーにより操作方法が変わるなんて、そもそもおかしい。

とはいえ、当然2年前の機種とはボタン、操作方法がかなり違うため戸惑う。

「これは今までこうだったのだが、どうすればいいのだろう」ということがかなりある。

さりとて、取扱説明書はできる限り読みたくなく。

ということで見つけた方法は、わからない部分を取説の索引で引き、その箇所だけを

読むことにした。

メールの改行、コピー、添付ファイル・・・からはじまり、ケータイからパソコンへのデータ

の取り込み、データ管理・・・

我が家はカミサンもソフトバンク。

ふたりともホワイトプラン。カミサンと長電話することはないが、ふたりでかける電話は

タダ。メールも電話番号で送れば写真を送ってもタダのようだ。free

ソフトバンクに限らず、携帯電話事業者は自分たちの加入者同士の通話料を無料に

しはじめた。

いつも思うのは、電話番号のどこかに、例えばソフトバンクだとSを入れてくれれば、

S付きの相手には通話料を気にすることなくかけられるのだが。

2008年5月 8日 (木)

漢字クイズ(2)

4泊5日の孫旋風が過ぎ去り、もとのふたり生活に戻った。

娘からケータイにメールが届き、『帰る車の中でミサキが10回くらい、楽しかったね、

また遊びに行こうねを連発してました。相当横須賀にはまったみたいなので、また

大荷物持って出かけて行きますね』

我々が横浜の娘宅に行ってもこんなには喜ばない。いつもの生活パターンから離れ、

環境が変わり、いろいろ非日常的なことができたため楽しかったのだろう。

さて、どうでしたか、先日の漢字クイズ(1)は?

(1)に次いで今回は(2)

「4kaku_kanji.xls」をダウンロード

中学2~3年向けとはいえ、結構タフ。

2008年5月 6日 (火)

娘たちの来訪(3)

3月15日のブログ、『思わぬ出会いでジャカランダという木のことについて書いた。

ジャカランダは熱帯、亜熱帯に咲く世界3大花木のひとつ。藤紫色の花がとっても

美しく、我々夫婦が大好きな木。

神奈川歯科大のキャンパスで、ジャカランダに詳しいW先生に偶然出会い、種子を

いただき、ゴールデンウイーク頃に植えればいいことなど、ジャカランダについて

色々教わった。

数日前、W先生からお手紙をいただき、良い種が採れたのでと、新たに6つの種を

送って下さった。種付けする前日からぬるま湯に一晩つけておくと、より発芽しやすく

なるとの新しい情報も書いてあった。

昨日朝、ミサキも手伝ってくれて植え付けをした。

Rimg0533 Rimg0532

13個の種を6つの鉢に植えた。

W先生の話では発芽率は3割弱。10数打数だと3安打くらいかとのこと。

植えたあとちょっと深く植えすぎたかなと気になった。

うまくいけば数週間で芽が出るとのこと。大変楽しみ。coldsweats01

先生に良い報告ができればよいが。

花が咲くのは7年後くらいとのこと。

Rimg0529Rimg0541

ミサキはしばらくしたら飽きてきて『もう終わり』と言い娘がやっていた庭の野菜採りを

はじめた。

カミサンが植えているのはミツバ、セリ、ルッコラ。採った野菜は夜の食卓にのぼった

Rimg0535 Rimg0539

昼前、我々もよく知っている娘の高校時代の友だちのIちゃんがふたりの女の子と

ミニチュアダックスを連れて遊びに来てくれた。

妹孫のユナとミニチュアダックスのチョコを置いて、彼らはみんなでファミレスに。

ファミレスから帰ってきて、全員で近くの公園に行った。

ミサキはチョコを散歩させることができ、最高にハピーだった。full

Rimg0547 Rimg0548

Rimg0552 Rimg0555_2 

2008年5月 5日 (月)

娘たちの来訪(2)

折角のゴールデンウイーク、事前予報が完全に外れ、さえない天気が続いている。

毎日が連休のボクはいいが、GWを心待ちにしていた人たちにはちょっと気の毒。

妹孫のユナをカミサンに預け、娘とミサキ3人でちょっと離れた公園に行った。

自転車のふたり乗りは初めて。ママにしがみつけてミサキはうれしそう。

横浜・横須賀有料道路のインターチェンジがこの公園のそばまで延伸されることに

なっていて、工事が最終段階に入っているようである。

このインターチェンジが出来れば、現在50分近くかかっている娘宅まで、30分

ちょっとで行けるはず。

Rimg0521 Rimg0519 

GWのため、我が家のように子供家族が

ジイジ・バアバの家に遊びに来て、     Rimg0510 

ジイジが公園に連れてきて遊んでいる

家族が目についた。

中でも赤い帽子のこのジイジは最高

だった。

一緒に走り回って遊んで、3人の

女の子の孫たちから大人気。

かごめかごめの唄を一緒に歌いながら、遊びのリード役を務めていた。

娘と同じ年頃のお母さんが声を

かけてくれた。                  Rimg0515 

昔ピアノを一緒に習っていた友だち

だった。

3人の子供たちを連れて里帰り中。

こちらもジイジが一緒でバギーに乗せた

一番下の子のミルクやり担当。

お昼はカジュアルイタリアンレストランに

行った。

ペットも持ち込み可で、赤ちゃんは気にすることなく連れて行けるお店。

ミサキはピザパイが気に入ったようである。

以前に比べ食べる量がぐっと増えた。幼稚園でもお弁当を完食してくるそうだ。

Rimg0475 Rimg0485 

2008年5月 4日 (日)

娘たちの来訪(1)

娘から『パパが2泊3日で仕事。ミサキも幼稚園がお休みなので横須賀に行きたい』と

連絡があった。

「幼稚園は休ませない」が娘の主義のようで、なかなか横須賀には来られなくなった。

前回来たのがたしか秋、半年振りだ。妹孫のユナはもちろん初めて。

娘たちは4日間の予定で、金曜日の夕方来た。

金曜日は一日中片付けと買い出しで終わった。

以前娘が来たとき『この家ハウスダスト大丈夫?』と聞かれ、今回は赤ちゃんが一緒

なのでリキ入れて片付けと掃除をした。

だが、時間切れで、5時に娘たちが来たときはまだ片付けの真っ最中。

仕方ないので広げた荷物はとりあえず空いた部屋に片づけた。

一夜漬けじゃとてもダメ。とにかくどこかで徹底的にやらないと。punch

片付けが嫌いな上、この家に住んで一度も引っ越ししてないため30年来の荷物が

たまっている。

とりあえず、不要な背広、ネクタイ、名刺すべて捨てた。もっと早くやればよかった。

一週間は片付けと掃除に専念する覚悟で手をつけないと、とても山は崩せない。

今回を機に、今度こそゼッタイにやるsign03 dash

ユナは1ヶ月が過ぎ、起きている時間が増えた。眼もおおよそ見えるようだ。

ミサキは愛おしいのだろう、ときどき頬ずりして、『大丈夫? お姉ちゃんがいるから

大丈夫だよ』heart04 

と言いつつも、まだ3歳半。ママを独占したくて、ときどき『ミサキも一緒に抱っこして』

Rimg0496 Rimg0498

Rimg0473 Rimg0490

2008年5月 1日 (木)

熱海にて

明日娘が初めて赤ちゃんを横須賀に連れてくるということで夕方熱海から帰ってきた。

いつものことではあるが、まったり過ごした熱海の3日間だった。

マンションの部屋は1階のためRimg0469外の

景色が見えない。             

ただベランダの前は庭で緑が楽しめる。

鮮やかな新緑とちょうどサツキの時期。

ウグイスがいい声で鳴いていた。

奥に見えるフェンスの上を猿が歩くのを

数度目撃したことがある。

ロビーには端午の節句の飾り付けが            Rimg0468

してあった。

マンションの管理人の奥さんが

お雛様、クリスマスなどにすばらしい

飾り付けをしてくださる。

外出はスーパーへの買い物くらいしか

しなかった。

ただ、昨日夕方は海岸沿いの公園に           Rimg0459

フジを見に行こうと出かけた。

夕暮れであったためイマイチ。

どこかで食事して帰ろうとブラブラ歩き

以前に数度行ったことのある清水町の

おさかな料理「さいとう」へ。

お任せできる板さんの店という感じで、

ふたりとも満足。

特に今が旬の桜えびのかき揚げは美味しかった。

Rimg0462 Rimg0464

Rimg0465 Rimg0463

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »