« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月29日 (火)

漢字クイズ(1)

急に思い立って昨夜熱海に来た。

今週横須賀で何も予定がなく、食べるものもなくなり、それではということで夜電車に

乗って来た。3日間いる予定。

電車からカミサンに『熱海に行ってるところ』とメールしたら、別に示し合わせたわけ

ではないが、『わたしもこれから行くことにした』と返事があった。

横浜の娘宅に1週間いて、赤ちゃんの世話、家事手伝いに疲れたようである。

    ~~~~~   ~~~~~   ~~~~~   ~~~~~ 

大学の寮の仲間の集まりのことは何度かブログに書いた。

活発とは言えないが連絡はメーリングリストでやりとりしている。メンバーは39名。

うち2人はタイとアメリカに住んでいる。

夫婦で退職後アメリカに移り住んだTくんはシカゴに住み、地元の日本人学校で

日本の子供たちと現地の子供たちに日本語を教えている。

しばらく前になるが、Tくんが生徒たちに作った漢字クイズをメーリングリストで送って

きてくれた。

曰く、『頭の体操ですから、なるべく辞書は使わずに解いてみてください。答えが

見つかったときの快感は大脳にいい刺激を与えると思います』

送られてきた問題は3問。対象は中学2~3年生。

全問解くには結構苦労した。angry

プリントアウトしてトイレに持っていって考えたり、電車で考えたり、カミサンに助けて

もらったりしながら、やっとなんとか全問クリアした。happy01

Tくんがメールに書いていた。『できたー!、と思ったらそれが正解。ジクソーパズル

みたいなもの』

ボクがやってみて、3問の中で一番易しかったかなと思うものを、まずはじめに。

「3X3_kanji.xls」をダウンロード

チャレンジしてみてはいかが。

2008年4月27日 (日)

野毛大道芸

カミサンが娘宅から帰ってこない。

娘はミサキと赤ちゃんの世話、それに炊事ほか家事全般で毎日てんてこ舞い。

その上、夜中数度の授乳のため寝不足でバテ気味。

当然母親がそばにいれば、心強いし助けてもらえる。

そのため、しばらくボクのひとり暮らしは仕方ないと思っている。

とはいえ食事つくりは少々飽きてきたし、そもそも手持ちレシピが完全に底を打った。

そんな中、今日は午後、この時期恒例の

横浜 野毛に大道芸を見に行った。             Noge2_2 

子供のころから大道芸は大好き。

特に大道芸人にとって憧れの

野毛の大道芸は、ボクにとっても

大変魅力がある。scissors

2年前比べ人がずっと多かった。

スゴイ人垣で見えないパフォーマンスばかり。                 
路上に15分座って待って見たのが

このマジックショー。

ハッピィ吉沢と言うマジシャ
Noge1ン。

野毛の常連だけあって、さすが

うまかった!

大道芸の定番はジャグリング、

パントマイム、ガマの油売り、コマ曲芸

など。さすが野毛。これら以外に

プログラムに書かれたジャンルはたくさん。

ただ、着いたら2時半過ぎていて、人がいっぱいだったため、残念ながらほとんど

見ることができなかった。

野毛に来ている』とカミサンと娘にメールしたら『だったらうちに来たら』と娘から

返事があり、ミサキと赤ちゃんに会えるし、食事もつくらなくていいので、即行くと返事。

娘とミサキがバス停まで迎えに来てくれた。

赤ちゃんのユナはちょうど1ヶ月。ミルクを飲ませすぎと医者から言われるくらい

体重が増えているそうだ。

    20080424101331_2       Misaki_2 

久しぶりに美味しい食事を食べた。

『泊まっていったら』と言われたが1ヶ月以上行ってないテニスに明日朝は行きたくて

ひとりで横須賀に帰ってきた。

2008年4月26日 (土)

町内会年次総会

4月末~5月にかけては企業の株主総会、NPO・諸団体の年次総会の時期である。

今日午後、町内会の年次総会に出席した。

現役時代はほとんど出たことがなく、町内の役もカミサンに任せぱなしだった。

横須賀のこの家に住んで、ちょうど30年。

西武不動産が東京湾の一角を埋め立て、最初にこの街を造ったのは35年前。

我が家のブロックは13戸からなり、昨年4月から1年間、町内会のブロック委員を

やったため町内会の存在を身近に感じるようになった。

特にこの1年、ブログでも何度か書いた家の建て替え問題に関わってきたことから

町内会の規約や建築協定にかなり知識ができたことに加え、多くの方々と知り合いに

なった。

総会では、冒頭、町内会全体の状況説明があった。

全世帯数はちょうど500、そのうち米軍横須賀基地に勤務するアメリカ人世帯が

55とのことで、1割以上が外人世帯である。

型どおり、19年度の事業報告、収支決算報告、次いで役員選出、20年度の事業

計画と収支予算計画が説明・議論され、いずれも承認された。

若くはない役員の皆さんが頑張って下さっている。

環境・自主防災・安全・福祉・文化・スポーツ・国際友好、それぞれの部会が地道な

活動を続け、地域がしっかり守られ、快適な環境が維持されていることをあらためて

認識した。

海に面したこの地区は、昨年、都市景観協議会から「景観協議会賞」を受賞した。

また昨年は、1800mにわたる護岸遊歩道も完成した。

35年経った街並みはしっかりと成熟してきている。

総会が終わったあと、近くをブラブラ散歩した。

公園ではフジが見ごろで、ツツジも満開まじかである。

Rimg0416 Rimg0418 

曇天ではあったが、海を眺めながらの護岸遊歩道歩きは気持ちよかった。

Rimg0422 Rimg0424 

Rimg0427 Rimg0429 

2008年4月24日 (木)

帰省(5:大阪経由で帰宅)

月曜日の朝、弟のカミサンに倉敷駅まで送ってもらい新幹線で大阪の高槻に行った。

高槻には”シニアITアドバイザ(SITA:サイタ)”のグループがあり、地元で活発に

活動していて、以前から一度訪ねたいと思っていた。

関西地区でSITA交流会を開催した折、中心になって動いてくださった榎原さんが

当日ご都合が悪いということで、高槻のSITAグループ”SITAもみじネット”代表の

木全 富由美さんと植田 俊介さんにお会いした。

12時前、高槻駅に着いたらおふたりが改札口に出迎えに来てくださっていた。

お会いしたあと開口一番、『今日榎原がお会いできなかったのは、実は同志社大学に

合格し、今日はどうしても受けなければならない授業があり、そのため残念ながら

失礼しました』とのこと。

スゴイ! たしか榎原さんは55歳くらい。さぞかし受験勉強は大変なことであったろうし

なにより、もう一度大学で勉強しようというその熱い思いに敬服 sign03

食事に行き、いろいろお話した。

初対面とは思えない盛り上がりで2時間近くがあっという間に過ぎた。

SITA試験の出会いと挑戦、資格を取ったあとの活動、SITAもみじネット、シニアと

パソコンの関わり合い・・・

SITAもみじネットは、1年半前にSITA1級資格をもつパソコン講師が集まって発足し

”車の運転にもみじマークがあるように、パソコンもみじマークの世代に安心し楽しい

パソコンライフを提供する”ことをモットーに活動を続けている。

もみじネットのメンバーは50人いるとのこと。

SITAもみじネットでは以前より、シニアITアドバイザの認定試験会場になりたいとの

強い希望を持っていた。

実は訪問した翌々日の昨日、SITA試験の主催元である富士通ラーニングメディアの

試験官が来阪し、認定試験会場の審査試験を行い、もみじネットは見事にSITA試験

会場として認定された!bell

もみじネットのホームページには早速そのことが書かれている。

  ”SITAもみじネット本部教室がシニアITアドバイザ試験会場に認定されました”

  ”第一回 SITA説明会を5月14日(水)10:00~12:00開催決定しました”

やったー!という気持ちである。自分のことのようにうれしい。

定年退職する前、会社に何か残せたらとの思いで、最後の仕事として立ち上げた

SITAであった。

全国にSITAもみじネットのようなSITA有資格者グループが15でき、その中でもみじ

ネットのように試験会場になるグループが誕生し、退職し4年経った今なおこうして

SITAの活動が活き活きと続いていることに対し、大変な喜びを覚える。

食事のあと教室を見せていただいた。

おふたりの活き活きした様子を写真に撮らせていただいた。

Rimg0412 Rimg0415 

昨日みたら木全さんが早速ブログにトラックバックしてくださっていた。

いろんなことがあった10ヶ月ぶりの帰省であった。

2008年4月23日 (水)

帰省(4:いやー、なつかしい!)

帰省3日目の日曜日、朝一番で墓参りに行った。

弟の長男の婚約が決まり、婚約者を紹介したいということで、弟夫婦、次男、オフクロ

長男カップルみんなで、ホテルアイビースクエアでランチをした。

長男はおっとりした子で、彼女も似たタイプ、きっとほんわかした良い家庭をつくること

だろう。

彼女は出身が島根県の江津(ごうつ)。島根県の話題で盛り上がった。

島根県は生まれ育った岡山県のそばの県であるが、これまでほとんど馴染みがなく

松江ですら行ったことがない。

出雲・石見・隠岐、南北に長く続く海岸線。

9月に出雲に行く機会がありそうなので、山陰線に乗ってゆっくり旅してみたい。

午後、自転車で倉敷の街をぶらぶらした。

むかし、といっても小学生高学年~  Rimg0409

中学生のころだから50年近く前、

夏泳ぎによく行った酒津に行く  

ことにした。

倉敷には中国山地を源流にした水量

豊かな高梁川と呼ばれる川があり、

街中もいたるところに小川や用水が

流れている。小川や用水でしらさぎを見ることも珍しくない。

もちろん整備はされているものの、酒津の風景は50年前と変わってない。

全体が貯水池で、樋門と水門を使って水量が管理されている。

左上の写真は高梁川から水を取り込む樋門。右上の写真の奥に見えるのが樋門。

取り込んだ水は右上の写真に写っている大きな貯水池に溜められ、水門を通し

右下の写真の水路に流れ、この水が田んぼの用水や街中の小川に流れていく。

小学生のときは左下の写真のあたりで泳いでいたが、中学生になると左上の樋門の

あたりを中心に遊んでいた。

右下の水路にはカンナギと呼ぶうなぎの稚魚がたくさんいた。

Rimg0407  Rimg0406_2

Rimg0400_3 Rimg0403

我が家から酒津までは倉敷駅からバスで行っていた。当時、片道バス代は5円。

今でも兄弟の間で話題になるが、10円もらって行っていて、帰りにバスに乗るか、

5円でアイスキャンデーを買うか、毎回悩んでいた。歩いたらおそらく1時間以上

かかったことだろう。誘惑に負けて、アイスキャンデーを買って食べたことの方が

多かったのを覚えている。

子供のころに遊んだ場所がこのようにそのまま残っているのは大変うれしい。lovely

2008年4月22日 (火)

帰省(3:サンセットクルーズ)

有料老人ホーム、アミーユを訪ねたあと、夕方、弟のカミサンが予約してくれていた

サンセットクルーズに弟夫婦、妹夫婦、オフクロの全員で行った。

今年は瀬戸大橋が開通して20年、それを記念して地元のバス会社が企画した催し。

乗ったのは参勤交代の際に使われた

「御座船」を模してつくられた船。             Rimg0365_2

抽選だったそうで、定員の200人は

いっぱい。

5時半、倉敷の児島観光港を出港。

乗船時に配られた、えび、いか、あなご、

たこ、ままかりなど瀬戸内の幸ののった

バラ寿司はおいしかった。                    Rimg0371

あいにくの空模様で残念ながら沈む

夕日を見ることはできなかった。

ただ、「天使のはしご」と呼ばれる

雲間から差す光の帯はなかなかの

ものだった。

船は瀬戸大橋の四国側の終端、

香川県の坂出に向けて気持ちよく進んで行った。

橋の下部分には電車が通っている。

それにしても瀬戸内海には島が多い。その多くが無人島。

少々寒かったが、大好きな景色だったので1時間くらいデッキで眺めていた。

2時間のクルージングは十分に堪能した。

Rimg0384 Rimg0376

Rimg0379 Rimg0398

帰省(2:有料老人ホーム見学)

帰省2日目、弟夫婦と妹とオフクロの5人で弟宅から歩いて15分くらいのところにある

アミーユという有料老人ホームに見学に行った。

オフクロは88歳、まだ自分のことは大体できるものの、このところ老いが進んだ

感じがする。

アミーユはカミサンが、去年7月   Photo 

朝日新聞のbe on Saturdayの

フロントランナーで社長が紹介された

記事を読み、先々自分も入っていいと

思ったようで、『帰った時お母さんも

一緒に見てきたら』と勧められみんなで

見学に行った。

岡山のお医者さんが10年前に                 Photo_2

つくった施設で10年間で全国に

150ヶ所できている。

このような施設を見学したのは初めて。

じっくり話を聞き質問し、カミサンが新聞、

ネットを見て思ったように、この施設で

あれば、先々体が不自由になったとき

自分でも入所を考えてもいいと思った。

関心を引いたのは、①理念 ②費用の安さ ③介護方式 ④スタッフの質。

特に印象に残ったのは、できるだけ自宅にいた状態に近い環境で過ごせる配慮、

少人数のユニットケア、いかなる状態になろうとも介護する姿勢、外出・外泊自由・・・

高額の費用のかかる有料老人ホームの中で、入居一時金が不要で、しかも年金を

目安にしたリーゾナブルな月額費用(12万~16万円)が気に入った。

費用面での一番の工夫は初期投資を抑えるためファミレスなどで多く採り入れられて

いる方式、建物は地主に建ててもらい賃貸料を支払うやり方を採っている。

そのほか、コスト削減のため全国8ヶ所に設けた調理の拠点で半加工し、各施設に

送り届けるやり方で食費の30%を削減している。

終始ていねいに応対してくださった責任者の方にいろいろ質問した。

 ・入所者は75名。15人づつ5ユニットに分かれ介護を受ける。

 ・平均年齢は85歳(男女比 男性1対女性2)。要介護度の平均は2.2。

 ・部屋は約8畳のトイレ付き個室

 ・平均費用月額15万円(家賃7万6千円、管理費2万1千円、食費3万1千円、

  介護保険1割負担金 要介護1の場合 1万7千円)

 ・認知症、身体不自由等でも入所可能

 ・リクレーション、カルチャー講座、旅行は自由参加

 ・現在入居率100%で入居待ち状態

説明を聞いたあと、全員で印象を話した。

弟宅から歩ける距離にこのような施設があることを知り、全員『よかったねぇ』

まだ体に不自由ないオフクロは『みんなに迷惑をかけるようになったら、お世話に

なりたい』ということで、我が家の有料老人ホーム見学は終わった。

 

2008年4月20日 (日)

帰省(1:尾道へ)

木曜日から実家の倉敷に帰省している。

2世帯住宅でオフクロの面倒をみてくれている弟のカミサンから『お母さんの痴呆が

ちょっと進んだような気がする』とのメールが届いたため、母親孝行と弟夫婦、

妹夫婦の労い、それに墓参りを兼ねて、10ヶ月ぶりに倉敷に帰ってきた。

木曜日の夕方、妹夫婦が迎えに来てくれてオフクロを連れて食事に行き、夜は

妹宅に泊めてもらった。

久しぶりであったため色々話が盛り上がり、夜遅くまでワイワイ話した。

翌日金曜日は朝10時過ぎに出て車で尾道まで連れて行ってくれた。

倉敷からそんなに遠くない尾道であるが、これまで行ったことがなかった。

尾道は瀬戸内海に面した人口15万人くらいの街。

立地、たたずまい・雰囲気、文化などから落ち着いた観光地として人気のある

街である。

海を見下ろす石づくりの坂道、      Rimg0349

寺巡りの道、文学の道、散策する

には格好の場所がいろいろある。

とりわけ、尾道は林芙美子の

放浪記で一躍有名になった。

林芙美子の記念像の近くから

坂道を登っていくと尾道で最も

著名な千光寺がある。

Rimg0357 Rimg0356

展望台から見ると尾道から対岸の今治にかかる橋、しまなみ街道が見える。

すぐ目の前にはしまなみ街道の最初の島である向島が臨める。

向島には日立造船と関連ドックがあり、渡船が頻繁に行き来していた。

尾道は予想通り、ゆったりこじんまりした街という印象であった。

2008年4月17日 (木)

motteco(モッテコ)本

フランチャイズパソコン教室”キュリオステーション”の話はこれまで何度もブログに

書いた。

キュリオステーションの創業者で社長の石川さんが、忙しい中昨日午後横須賀まで

来てくださった。

去年11月~12月ニュージーランドに旅した旅行記を28回にわたりブログに書いた。

石川社長はずっと読んでくださっていて『面白いのでネット書店mottecoに掲載したい』

と言ってくださって、その打ち合わせのためにわざわざ横須賀まで来られた。

横浜 関内で、キュリオステーションとともにmottecoエージェントをやっているYさんが

同行してきた。

motteco本はWEB本としては画期的な動く・聴ける・おまけに動画まで扱える、全く

新しい形態のWEB本である。

有名人のインタビューから、個人の小説・写真集・自伝まで、掲載のジャンルは幅広く

しかも大変キレイである。

既に200冊近くがネットに掲載され、数はどんどん増えている。それとともに、当然

motteco本を出版する著者もどんどん増えている。

低予算でしかもWEB公開まで短い期間で製作できる自費出版の新しい形を提供する
ということで注目をあびている。
あわせてフリーペーパーを使って、出版された本の宣伝まで行う画期的な自費出版
システムである。

紙媒体のフリーペーパー@mottecoは首都圏のダイエー、ドンキホーテ、am pm、

ゆりかもめ全駅、都営地下鉄、横浜市営地下鉄などで60万部配布されている。

フランチャイズパソコン教室”キュリオステーション”とmotteco本の製作・出版が

石川社長の2大事業である。

motteco書店にボクのニュージーランド旅行記を掲載していただけるということは

大変うれしい。

石川社長は『これからどんどん増えていく定年退職者への”定年バンザイ”メッセージ

という位置づけにしたい。一般のmotteco本は20ページくらいだがネタ、ウリが色々

あるので50ページくらいを目標にしたい』

話を聞いただけでウキウキし、エキサイティングであった。

ブログに書かなかったネタもたくさんあるし、たくさん写真もある。

使える素材は使っていただき、motteco書店が今後一層拡大展開していくための

一助にしていただければ、望外の喜びである。

2008年4月16日 (水)

いろいろあった一日

カミサンは妹孫ユナの世話で横浜の娘宅に行ったまま帰ってこない。

ひとり生活が5日目となった。

食事つくりと洗濯、ごみ出しは大丈夫。掃除ほか、他の家事は手つかず。

ひとりなので1日中一言もしべらない日もある。

ただ、昨日はいろいろあっておしゃべりに興じた一日だった。

先ず午前中、2月23日のブログ『住居建て替えプラン(その3)』で書いた家の建て替え

勉強会の下打合せを行なった。

一緒に進めている近所のひと3人、それに支援してもらっているNPO法人”都市住宅と

まちづくり研究会”のひとたち3人で3時間近く、けんけんがくがく議論した。

7人の意気は完全に合ってきた。

次回3回目の勉強会は今月23日。

テーマは『共同でマンションに建て替える』。本命テーマである。

5月30日の最終回では、3回行った勉強会の内容を踏まえた意見交換、および

今後の進め方を議論する予定。

全体89戸、それぞれのお宅にそれぞれの事情があり、どのように意見集約できるか

まだまだまったく読み切れない。

もちろん本当に大変なのは4回の勉強会が終わったあと。

建て替え議論が終わったあと、全戸に勉強会の案内チラシをポスティングした。

夕方、年4回やっている大学の寮の仲間の集まり”惜春会”の今年2回目の飲み会に

参加するため有楽町に出かけた。

昨日は参加者が8名と少なかったが、ちょうど仕事で大阪から東京に来ていたMくん

が参加してくれた。

Oくんから、秋に開催する予定の東西合同の惜春会旅行について話があった。

税理士・公認会計士のMくんが確定申告の賢いやりかたについてミニレクチュアを

やってくれた。

Sさんから、日本の農業の厳しい現状、食料自給率、食の安全について話があった。

Sくんからは、最近何かと話題の多い紙業界、紙にまつわる話題がいろいろ出た。

最後にTさんから『間もなくMくんの一周忌なので、偲ぶ会をやりたい。奥さんと連絡を

取って次回7月の惜春会と一緒にやるか別途やるか含めて考えたい』との話があった。

Mくんの命日は6月2日。みんなで『あれからもう1年経ったのか』

今回も6時から8時半すぎまで幅広い話題で大いに盛り上がった。

2008年4月14日 (月)

ポータブルパソコン購入

2週間ほど前、近所のパソコンショップ、PCデポのチラシでポータブルパソコンの

広告を見たカミサンから『興味があるんで見に行こう』と誘われ、見に行きその場で

ASUSという台湾メーカーのポータブル

パソコンを5万円弱で買った。        Newpc2_2

OSはWindows XP。MS Officeは

入っておらず、無線LAN機能を

搭載したネット専用のポータブルパソコン。

920グラムと軽い。画面が小さいため

画面移動の煩わしさはあるものの、

これまで持ち歩いていたノートパソコンに

比べずっと持ち運びが楽。

無線LANがキャッチできるところであれば、基本的にどこでも使用可能。

最近、関東圏中心に無線LANのアクセスポイントを増やし、急速に伸びてきている

プロバイダー、イーモバイルを一緒に契約すれば、パソコンは2万7千円になる。

値段にひかれ一瞬迷ったが、現役時代と違い外出先でネットを見る必要性はないので

月々約6千円かかるイーモバイルはやめた。

持って帰って早速無線LAN接続を試みたが、どういうわけか我が家では接続できず。

セキュリティの関係のようだ。

同じ無線LAN環境の娘宅では問題なく使えた。

数ヶ月前に買ったノートパソコンも我が家の無線LANに接続するのにトラブった。

金曜日の夜、横須賀に仕事で来た息子の友だちのSくんに仕事帰り我が家に寄って

もらいみてもらった。

Sくんもちょっと苦労していたが無事無線LANにつないでくれた。

一緒に、デスクトップ・ノート・ポータブルパソコンの3台の間でファイルとプリンターを

共用できるように設定してくれて大変便利になった。

Sくんはもともと音楽をやっていて、その後コンビニの店員をやり、コンピューターは

ほとんど独学で勉強した。

以前も来て助けてもらったことがあるが、出来ないときの突っ込み、執念、それに

探究心、向上心はスゴイ。だからここまで出来るようになったんだ。

その点ボクはダメ。すぐあきらめ投げ出してしまう。知っている範囲で使えればいいと

割り切ってしまっているので進歩がない。

いまSくんは特定の会社に雇われているのでなく、技術を見込んであちこちから声が

かかり、飛び回っている。

また、仲間と一緒に会社を興し、サイトを立ち上げる準備をしている。

『撮った写真に批評・アドバイスができる人を紹介してもらえませんか』と頼まれ、

早速心当たりにメールを送った。

こういう若者は応援したい。Sくんの事業がうまく立ち上がっていくことを心から願う。

2008年4月12日 (土)

またまた娘に頼まれて

『パパが木曜日まで出張で、金曜日はミサキの入園式。ひとりじゃ心配なので来て

娘から連絡が入り、水曜日午後またふたりで横浜へ。

カミサンはいろいろ役目があるが、ボクが期待されているのは買出しとアッシーだけ。

孫妹のユナはミルクと母乳をグイグイ飲み、生まれてまだ2週間ちょっとなのに飲む

量も相当なもの。しかも飲むスピードが速い。飲んだ後はウンチブリブリshine

そのほかはぐっすり。順調に育っているようだ。顔もふっくらしてきた。

夜は姉妹並んで寝ている。手をつないだ格好になっていて微笑ましかった sleepy

Rimg0322 Rimg0314

木曜日はボクも知っている娘の

高校時代の友だちのIちゃんが   Rimg0333

赤ちゃんを見に寄ってくれた。

娘さんのHarukaちゃんは

ミサキよりひとつ上で、年中さんに

なったばかり。

ちょうどいい遊び相手だった。

金曜日はいよいよミサキの入園式。

毎日毎日、制服を着たり脱いだり、                  Rimg0341

体操着を着たり脱いだり、弁当箱を

出したり入れたり、練習は十分に

積んできた scissors

パパがお休みで、9時過ぎ3人で

出かけて行った。

1時過ぎに帰ってきて色々話してくれた。

ひまわりクラスになったこと。お友だちのメイちゃん、リュウセイくん、タイガくん、

リクくん、タイチくん、みんな一緒にひまわりクラス・・・

年少組は20人づつ5クラスあるそうで、ひまわりクラスの先生は新卒のピッカピカ。

きっと張り切ってやってくださることだろう。

3人が帰ってきたのを見届けて、   Rimg0343    

ボクはお役ご免となり、ひとりで     

横須賀に戻ってきた。

帰るとき、マンションの出口の扉に

ママ友たちの”ちびっ子サークル”

メンバー募集のチラシが貼って

あるのを見た。

ミサキは1年半このサークルでお世話になり、たくさんのお友だちができ、いろんな

ことを教わった notes

2008年4月 9日 (水)

個展『千の時を紡ぐ』

3月24日のブログで『生命(いのち)のメッセージ展』と主宰者の鈴木共子さんの

ことを書いた。

鈴木さんから個展千の時を紡ぐ』の080408_1622001

ご案内をいただき、昨日京橋の画廊に    

行ってきた。

造形作家である鈴木さんの今回の

個展のテーマは『断ち切られたいのち

たちに新たないのちを息づかせる』

ギャラリーの壁3面に短針と長針を

外した秒針だけの、ひとつひとつが

形も色も違う時計280個が展示してあった。

静かな中、280個の時計の秒針の刻む音は圧巻。

          080408_16341     080408_16491

鈴木さんのかねてからの夢である”生命のメッセージ展ミュージアム”が廃校になった

学校を提供してもらって実現するかもしれないそうで、鈴木さんは喜々として話して

くださった。ぜひとも実現して欲しい。

ギャラリーのあと、町田へ行きNPOアクティブSITAの定例会に参加した。

会員34名中、昨夜は21名が参加。

冒頭、町田の高校からNPOを勉強するため、アクティブSITAのホームページを

使わせて欲しいとのうれしい申し入れがあったと報告された。

理事会報告、ワーキンググループ活動報告の後、今後の勉強会のあり方、進め方に

ついて、先日メーリンングリストで行ったアンケートをもとに議論が行われた。

そのあと行われた昨夜の勉強会のテーマは『Dドライブの活用でパソコンを身軽に』

大変興味のあるテーマだった。

聞いた話を我が家のパソコン、それにイライラするくらい遅い娘のパソコンに是非

活かしたい。

2008年4月 8日 (火)

赤ちゃんに名前がついた!

どうしたのかなぁと思いながらも、聞きづらくやきもきしながら連絡を待っていたら、

昨夜娘からケータイにメールが届き、『ベビー誕生から2週間。赤ちゃんは

「ゆな(優菜)」と名付け、本日届けをImage079

出してきました。実咲同様よろしく

お願いします』

そうか決まったか、ミーチャンと

ユナチャンに。

『ゆなちゃん、とってもいい名前じゃない!

みーちゃんとゆなちゃん、きっと仲のよい

かわいい姉妹になるよ』と返事しておいた。

楽しみがまた増えた。shine

とにかくすくすく元気に育ってくれればいい。

2008年4月 6日 (日)

夫婦で風邪

久しぶりにひいた風邪がなかなか治らない。もう1週間以上になる。

カミサンも数日遅れでひいた。

横浜の娘宅にいて、娘や赤ちゃんにうつしては大変と思い、一昨日夜横須賀に

帰ってきた。

今度の風邪は今までにないパターン。眼にきた。

このところずっとボクの風邪は、喉にウイルスがつくところからはじまる。

喉が痛いなと思ったら、次は咳。

この5年くらいほとんどこのパターン。

今回は喉だけでなく、眼にウイルスがついたようだ。

朝起きたら、かたくなった眼ヤニが目の周りにべったりくっついていた日が数日間

続いた。

我慢できなくて昨日朝、眼科に行った。眼科に行くなんて数十年ぶりのこと。

愛想の悪い先生だったが説明が論理的で話しぶりに説得力があり、こういう医者は

ストレートに信頼できる。

血糖値がいくぶん高いと言ったら眼底検査もやってくれた。『年に1~2度は検査に

来たら』と勧められた。

もらった目薬をさし眼もよくなりつつあるし、他の症状も落ち着いてきており、今晩

ひと晩寝ればあす朝はきっと大丈夫だろう。

カミサンの方が心配。

娘宅では火曜日からパパが3日間出張で、金曜日にはミサキの入園式がある。

ボクは行っても車で買出しを手伝うくらいであまり役に立たないが、カミサンは頼りに

されていて、娘はひとりで一気にふたりの面倒をみるのは心配だと言い『お母さんは

火曜日から来て欲しい』と言われている。

明日中にそれなりに治しておかないと。

2008年4月 3日 (木)

赤ちゃん退院

今日昼前、娘と赤ちゃんが退院した。

パパが仕事のため、退院の手伝いと買出しで、昨日午後からまた娘宅に来ている。

昨日は出る前、近くの公園に桜見物に。

本数は多くないが毎年きれいな花が楽しめる。年配の女性たちがお花見をしていた。

Rimg0269_2  Rimg0272

スーパーで買出しをして車で横浜へ。

こちらもマンションのベランダから多くの桜が見え、遠くにはみなとみらいが臨める。

Rimg0274 Rimg0298

娘が退院する今朝は、お花見に行くママ友たちがミサキを一緒にお花見に連れて

行ってくれた。

出発前、11日にある幼稚園の入園式用の制服を着て、桜の木の下でみんなで

写真を撮った。男の子4人、女の子2人、制服着たらみんな立派な幼稚園児。

   Rimg0275    Rimg0279

そのあとすぐ病院へ。

看護士さんにお礼を言い、赤ちゃんを連れて帰る。

ミルクを飲んだらよく眠りむずがることもなく、今のところ娘は楽。

それにミサキがヘルプしたくて、ミルクを飲ませてくれる。

ミサキはぬいぐるみの人形で、ミルク飲ませ、おむつ交換の練習をしていたので

いよいよ腕を試すときがきた。

みんなで入れ替わり立ち代り赤ちゃんをのぞきに何度も何度もベッドへ。

Rimg0297 Rimg0302 

湯浴みはママともから借りたバスタブを炊事場のシンクに置いてできる。

カミサン、娘、ミサキ、女3人でやっていた。腰をかがめることなくでき、これは最高。

Rimg0307 Rimg0310

2008年4月 1日 (火)

新年度スタート

4月1日、春うらら、新しい年度がはじまった。

入社、入学、入園、転勤、異動・配転、定年初日・・・

桜の咲く中、さまざまなあらたな門出、出会い。

厳しい経済情勢、社会情勢の中、企業の入社式では社長から例年以上の檄が

飛んだことであろう。

我が家は11日、孫娘ミサキの幼稚園入園。

次元の低い話であるが、NHKの朝の連続テレビ小説「瞳」もあらたにはじまった。

「瞳」は東京 月島が舞台。

おもしろそうである。主演の女性も元気いっぱいでいい感じ。

これでまた半年楽しめる。

前作の「ちりとてちん」はイマイチだった。

平均視聴率が関東地区で15.9%と過去最低だったそうだ。うなずける。

プロ野球もセ・パ両リーグがはじまった。

長年応援している横浜ベイスターズ、開幕3連敗でガックリ。

あきらかに戦力不足のようだが、まだはじまったばかり。心から奮起を願う。

でないと横浜スタジアムに観戦に行く気にならなくなる。

大矢さん、よろしく!

風邪を引いたまま熱海にきて、いぜん調子が悪い。昨夜は咳で目が覚めた。

出産で入院中の娘に代わり、横浜の娘宅に泊まり込みでミサキの面倒をみている

カミサンも疲れからかダウン気味。

風邪を治すためしばらく熱海にいようと思っていたが、『パパが出張で帰ってこない

ので横浜に来て』とメールが入り、今日午後一度横須賀に戻って、明日から退院の

ヘルプと買出しでまた娘宅へ行くことになった。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »