« 孫娘発表会 | トップページ | ニュージーランドの旅(7:ロトルア①) »

2007年12月19日 (水)

福岡飲酒運転3児死亡事故

昨年8月に起きた福岡飲酒運転3児死亡事故についてはブログでも何度か

書いた。

この事故を機に飲酒運転撲滅に向けて社会が大きく動いた。

今朝の新聞各紙が、事故を起こした男に対する処分について、これまで

検察が求めてきた懲役25年の危険運転致死傷罪の適用を福岡地裁が

福岡地検に見直すよう命じたと報じている。

裁判所は危険運転致死傷罪の適用が困難で、業務上過失致死傷罪と道交法

違反の併合罪適用(併合しても最高刑は7年6月)が適当と判断したとのこと。

飲酒・ひき逃げ・証拠隠滅をはかった23歳の男に対し、社会がこぞって厳罰を

求めた事犯であった。

悪質な事故を起こした者に対し厳罰を科すことを目的に設けられた危険運転

致死傷罪の適用要件が厳しく適用のハードルが高いことはマスコミでもたびたび

取り上げられてきた。

ただ、これほど悪質な福岡の事故の加害者に対し、もし危険運転致死傷罪が

適用されないとすれば、時代の流れ、正義のありよう、社会常識、社会秩序の

維持の重要性に思いを馳せない、ただただ六法全書の上だけの判断であると

断じる。

参加している交通事故問題を考えるサイトでも下記のような書き込みがあった。

 ※ 人間が人間を裁く。感情論ではダメな事は良く解っています。

   でも、当たり前の常識的な意識の無い人が、人を裁く。そのほうがよっぽど

   危険です。

 ※ この事故が、危険運転に値しないのなら、何が危険運転なのでしょう。

   飲酒・ひき逃げ・証拠隠滅。こんなに重なっているのに・・・・。

 ※ 危険運転致死傷罪の不備を証明、露呈をすることになりました。

   3人の幼い命の犠牲を無駄にしないためにも、この事件を契機に危険運転

   致死傷罪の適用要件の見直しを訴え、危険運転致死傷罪の大幅な改正が

   一刻も早く望まれます。

« 孫娘発表会 | トップページ | ニュージーランドの旅(7:ロトルア①) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福岡飲酒運転3児死亡事故:

« 孫娘発表会 | トップページ | ニュージーランドの旅(7:ロトルア①) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト