« 伊豆へ(松崎 その1) | トップページ | 伊豆へ(2日目~3日目) »

2007年10月26日 (金)

伊豆へ(松崎 その2)

松崎で生まれ江戸後期、漆喰鏝(こて)071025zushi_035

絵師として活躍した入江長八の作品を

観るため長八美術館へ。

ちょうど「全国漆喰鏝絵コンクール

作品展」をやっていた。

カミサンは以前から入江長八に

興味を持っていて今回色々教わった。            071025zushi_036                

漆喰鏝絵制作のプロセスの説明が

してあった。

右のような絵をひとつのこてで

作り上げるとのこと。

驚きである。

入江長八の多くの作品が飾ってあった。

いずれもすばらしい。

071025zushi_039 071025zushi_040

開催中の「全国漆喰鏝絵コンクール

作品展」の最優秀作品(左)、優秀  071025zushi_037

作品(右)。

かつては漆喰鏝絵をやるのは

左官職の人に限られていたそう

だが、最近は一般の人が増えて

きたとのこと。

長八美術館のあとは松崎の

特徴であるなまこ壁の町並みを見て回った。

071025zushi_051 071025zushi_044

071025zushi_045 071025zushi_047

上の右下の写真にあるぼんぼりが街のあちこちに飾ってあった。

それぞれに俳句が書いてあり横に「俳句の町」実現化事業と書かれている。

きっと町おこしの一環で松崎を「俳句の町」にしようとしているのではと

思った。

人口8千人、辺鄙な場所に位置する松崎ではあるが、最近ちょこちょこ

マスメディアに取り上げられる。

「俳句の町」のぼんぼりを見て、平素からの町の努力を感じた。

松崎を2時間少々見て回った後、今夜の宿の天城高原に向けて出発。

以外に遠く、伊豆の西から東へ75キロの道のりだった。

山の中を走っていたとき、2ヶ所で鹿に出会った。

東急ハーベストクラブ天城高原に着いたら6時過ぎていて真っ暗。

カーナビはホントにありがたい。一昔前だと、暗い中地図を見ながら

右往左往したものだが。

予約していた食事は6時半からだと思っていたら、6時からだった。

慌ててレストランへ。

今夜だけは少々贅沢にということでフルコースをいただいた。

071025zushi_053 071025zushi_057

071025zushi_058 071025zushi_061

紅葉には早かったが天気がよく、松崎は期待していたとおりステキな街で、大変

満足した1日だった。

« 伊豆へ(松崎 その1) | トップページ | 伊豆へ(2日目~3日目) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆へ(松崎 その2):

« 伊豆へ(松崎 その1) | トップページ | 伊豆へ(2日目~3日目) »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト